スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 18日

思いは通じるこの作品

外は雨ですよ
e0022047_22094172.jpg
これが今回佳作入選した作品です
難波の地下街に飾ってある印象派の作品の
レプリカの数々
ギュスターヴ・カイユボットの作品「パリの街角 雨」
実物大のレプリカの前で
現代の青年が仕事のメモをとっている

額装を窓に見立てて
窓の外の300年も前のパリジャンとパリジェンヌから
時空を超えて雨が降っていますよと話しかけられている
そんな面白さを狙った作品でした

この作品には私なりの思いが込められて居ます
そして写真を愛し趣味とする人たちに
何か示唆するものがあるように思います
是非参考にしてください

e0022047_22322678.jpg
まずこの作品を撮影したのがこのTG-620
オリンパスのコンテストの賞品でもらったカード型コンデジです
全国版の写真雑誌のコンテストでも
初心者部門などのハンデのない一般投稿部門
全国の腕に覚えのあるやつが応募してくる
トップ・オブ・トップの厳しい土俵
柔道なら無差別級の試合

センスとシャッターチャンスと機材の機能と
そんな総合力の勝負の場で
コンパクトデジカメで撮影したものが入選
普段から不便を楽しんで撮影すると言う
写真は機材や機能だけではない
そんな私の思いが実を結びました
ヤッターという喝采を上げました

次に皆さんに申し上げたいのは
この作品は何回も落選している作品なんですと言うこと
昨年の3月に撮影して即応募しましたが落選
好きな作品で諦めきれずに又応募
今月号で4回目で入選にこぎつけたのです

写真のコンテストはスポーツのタイムや距離などの様に
数値で勝ち負けが決まるわけではありません
落選した月に他に良い作品が多ければ私の作品は落選します
又審査の先生が変われば好みも変わります
今回の藤田一咲先生と波長が合ったのかもしれません
しつこい奴やと根負けしたのかも知れません

自分の作品に惚れたのならそれを信じて突き進むのです
e0022047_22564150.jpg
落選の連続と言えばこの作品「蜜の味」
5年も前はまだ雑誌に応募など敷居が高くて
地方コンテストに応募していた時期でした
茨木や尼崎などの市展に応募して全部落選
大好きな作品だったので後日雑誌に応募
全国誌のコンテストで栗林 慧プロに見出されて入選でした

いわゆるクリケンと呼ばれる昆虫写真の
日本の第一人者の写真家
だから自分の好きな作品は諦めては駄目です

写真は機材じゃない
落選しても諦めずに信じること
以上がこの作品に込められたメッセージです


[PR]

by captain_spoc | 2014-07-18 23:07 | 日常 | Comments(6)
Commented by m-k7538itami at 2014-07-20 01:24
おめでとうございます

諦めない気持ち大切なのですね
直ぐ諦める私です・・・・

難波の地下鉄のレプリカ実物大なので現代の青年とマッチして素敵ですね
「蜜の味」も迫力あるお写真で良いですね~
周りで市展に陶器や写真を応募してことごとく落選してる人が多くて
審査員の好みによるものかと噂しています
Commented by captain_spoc at 2014-07-20 22:30
☆クニさんこんばんは^^
市展等の審査の先生はどうしても自分の好みの作品に偏るのは
仕方の無いこと
一度違うコンテストに出されてはいかがでしょうか
日本でも一流の先生も年度で審査の仕事が変わると
作品の傾向が変わりますから・・・
Commented by at 2014-07-21 23:02 x
おめでとうございます~ 
入選するって、とても励みになり嬉しいことですね!
何でも挑戦し、あきらめない艦長さんは
エネルギッシュで、私も孫守卒業したら
がんばろうって、いつもそんな気持ちが湧いてきます

入選された写真、とてもいいなあと思いました
ハチも目が宝石のようにきれいで毛並みも感触が伝わります
飛ぶ虫さんはじっくり見せてもらえないし触れないので

名画の中の昔のカップル、その前に現代の青年、
それを撮るレンズのこちらの艦長さん
それを見るパソコンの前に私・・
なんだか楽しいですね^-^
Commented by captain_spoc at 2014-07-22 23:34
☆Kさんありがとうございます^^
本当に趣味の写真で楽しみで続けていますが
やはり入選などの評価をいただくととても嬉しく励みになります
蜂の写真は小指の爪ほどの小ささの虫なんですけど
写真に撮らないと分からないことがよく分かります
こんな綺麗な目をしてるなんて撮影の時には分かりませんでした

確かに300年前の絵画の前で現代の青年が立っているのを
私がデジカメで写して帰りそれをKさんがお家でパソコンで見る
時間と空間を超越した面白い関係が成り立つわけで不思議な関係ですネ
Commented by happykota at 2014-07-23 21:43 x
こんばんわ

入選おめでとうございます。
掲載誌見てきました、さすがですね。
思いを表現すると言うことにデジ一もコンデジもないですね。
モノクロでの表現もアドバイスされていましたが、
確かにモノクロも面白い表現になるかもしれませんね。
Commented by captain_spoc at 2014-07-23 22:46
☆happykotaさんこんばんは^^
どうもありがとうございます
雑誌見に行かれたのですか
確かにモノクロについて書かれていましたが
それも一つの方法だと思います
そこまで頭が回りませんでした
次の機会があれば挑戦してみたいです


<< コンデジにも克服できない欠点が...      本日発売デジタルカメラマガジン... >>