スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 24日

歴史的遺物を守る整備士の気概

e0022047_23181861.jpg
e0022047_23183469.jpg
京都水族館の隣に
梅小路蒸気機関車館があり
古い蒸気機関車を保存している
そこには毎日丁寧に宝物を磨き上げるように
整備士が清掃していた

蒸気機関車はまるで頑固親父のように
静かに威厳を持ってそこに陳列されていた

それは構造美と言うより機能美のはずだが
昔から歌に唄われたように
「なんだ坂 こんな坂」と
あえぎながら急勾配の坂道を登って行った
あの勇士がイメージにあるので
機能美と言うよりまるで生き物のように
懐かしく思い出される

そして活躍した遠い日のことを懐かしみながら
静かに余生を送っているようだ
今の時代は新幹線のように電気で軽やかにスマートに
みずすましの様に走っているのだが
蒸気機関車の煙を吐きながら走っていく
無骨な姿を思い出し感傷的にならざるをえない

一枚目は横位置で撮影したが
余分な部分が写りこむために
縦位置にトリミングした

二枚目はお願いして撮影させてもらった
清掃道具を入れたビニールの買い物袋を
手に提げていらっしゃったが
一寸横へ置いてもらって撮影いたしました
一枚目も足元にビニール袋が写っていたが
これは画像処理で消しました

機関車も整備士の方も晴れ姿に
不要なものは消えてもらいました

[PR]

by captain_spoc | 2014-07-24 23:33 | スナップ | Comments(4)
Commented by taropapa43 at 2014-07-25 18:27
色々な場所に行ってますねえ
Commented by captain_spoc at 2014-07-26 00:25
☆taropapaさんこんばんは^^
水族館の隣の敷地ですから・・・
Commented by happykota at 2014-07-27 19:54 x
こんばんわ

老整備士さん、愛着があるんでしょうね。
いとおしく、語りかけるように整備されていましたね。
「ご苦労さん、 まだまだ元気で頑張ってなっ・・・」
Commented by captain_spoc at 2014-07-27 23:17
☆happykotaさんこんばんは^^
それはそれは丁寧に磨き上げていましたよね
機関車もがんこ親父のイメージがありますが
この老整備士さんもかなり頑固一徹の風貌でした


<< 訳の分からん現代アートNost...      夏休みで祝祭日の水族館は親子連... >>