スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 09日

飛びもんこそわが命

決めショット
e0022047_22000401.jpg


鉄板ショット
e0022047_22002176.jpg


自爆ショット
e0022047_22010470.jpg


ずっこけショット
e0022047_22012412.jpg
奈良の名阪スポーツランドに
モトクロスを撮影に行きました
今月は近畿大会決勝と
全日本大会決勝があります

撮影に行く写友4名と
FBのチャットで打ち合わせ
スケールは全日本が大きいけれど
駐車場や撮影ポイントの混み具合が不明のため
規模の小さい近畿大会に行くことになりました

2名は全く初めての経験で
もう一人も経験あるも今回にリベンジを期しての参加
私も2回目なので何か新しいイメージで
期待してまいりました

流し撮りのデータを記します
Sモードでss1/30、iso100、絞り自動
ND4フィルターを装着して手振れ補正をoffに
連写モードでC-AFの連続フォーカス
これで被写体をファインダーに捕捉できれば
誰でも綺麗な流し撮りができます
この4枚はトリミング、レタッチはありません

同行の写友もss1/30が不安か
1/50位から始めますが
慣れてくると歩留まりも上がり
どんどんssを遅くしていきます
当然ssが遅いほど背景の流れが綺麗に上がります

帰りのお茶をした反省会のときに
それぞれが鉄板、決め、自爆、ずっこけの
4枚を上げようと言うことになり
私も4枚選びました

鉄板ショットは硬く記録写真程度で
最低1枚の保険ショット
決めショットは本日一番のショット
自爆ショットとは思いつきのネーミングですが
他人には認めてもらえなくても
自分流に好きなショット
ずっこけは文字通り

鉄板ショットはこれを選びましたが
この程度は何時でも撮れると言うもの
と言うことは他人も撮れる
ありきたりの流し撮り

決めショットをこれにしたのは
この被写体の体勢が珍しい
ライダーにとってはミスジャンプであると言うことでした
カメラマンにとっては面白い体勢ですが
着地のときに後方へ落車する恐れがあり
着地後のスロットを上げるタイミングが一瞬遅くなり
時間ロスが出やすい

また自爆ショットには
流し撮り露光間ズーミングを行う
綺麗に止まった流し撮りじゃなくて
被写体もぶれているようなショット
それで迫力を増してみたい

流し撮りで綺麗に撮れるようになると
ASKA効果でもっと刺激が欲しくなる
そんな流し撮りの横の流れに
縦の流れを加味して見ました
ずっこけも同じようなショットで
どちらがどっちでもいいんですけど
アングルが良いのを自爆に選びました

国際A級ライセンスのレースは
排気量も大きく技術も確かなので
ジャンプする迫力も半端じゃありませんでした
近畿大会と言えどIAの決勝は
デッドヒートでとても面白かったです







[PR]

by captain_spoc | 2014-09-09 22:40 | スナップ | Comments(4)
Commented by taropapa43 at 2014-09-10 08:46
オートバイ乗りたいねえ
若い時に乗れなかった事やその他色々かなえられなかった事が多く今それが噴出してます
噴出しても対応のしようが無さそうですがね・・・・・・・・・・
Commented by m-k7538itami at 2014-09-11 00:17
う~ん、カッコいいですね~
どのショットも素敵です!
Commented by captain_spoc at 2014-09-11 00:25
☆taropapaさんこんばんは^^
人間いつかは死ぬので生きているうちに
色々やっておかなければ後悔しまっせ
Commented by captain_spoc at 2014-09-11 00:26
☆クニさんこんばんは^^
ありがとうございます^^
動くものや飛んでいるものを見るとつい写したくなるんです


<< ドリフト走行で車は横にも走ります      某ジャズの大御所が熱演 >>