スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 12日

年とともに治りの時間が長くなる

e0022047_23111778.jpg
保津峡の落下事故から10日以上経ちました
一番酷い箇所が左脚脛辺りの打撲
擦り傷はかさぶたが出来て治りましたが
打撲のところで皮下出血をして
足首が青くなり腫れています

今日の治療では紫のあざは
段々と足先に移ってきて
上のほうは黄色から緑色になりました
足先のほうに出血が移り
青紫になっています

それに左足首を捻挫したようで
くるぶしの周りが抑えると痛みます
こんなところは事故直後はなんとも無かったのに
日が経つに連れて痛くなり
治りも時間が掛かります

もう2週間卓球もテニスもしていません
約束の無い日は家でじっとして
ごろごろしています

まあ奇跡的に軽症で済んだのですが
打ち身、擦り傷なかなかに時間が掛かりました

[PR]

by captain_spoc | 2014-09-12 23:19 | 日常 | Comments(6)
Commented by taropapa43 at 2014-09-13 18:10
若い時は打ち身は青く変色しその後治癒しますが
齢を取ると蒼から黄色に変わりその後治癒しますが時間が掛ります

運の強い人ですね
その運を大切に・・・・・・・・・・・・・
Commented by jh3rdg at 2014-09-13 22:02
ちょっと長引いていますねえ
気長にいきましょうねえ
Commented by captain_spoc at 2014-09-13 23:43
☆taropapaさんこんばんは^^
紫に内出血した箇所が段々足先へ降りて行きます
紫から緑、黄色と変色していきます
見た目ほどには酷くないのですが
色はえげつないほど紫になります
悪運は強いほうかな・・・
今までもなんかももう死ぬと言う場面に遭遇して生き延びてまいりました
Commented by captain_spoc at 2014-09-13 23:45
☆jh3dgさんこんばんは^^
なかなか治りません
人によると一月くらいかかると言っています
気長に治しますよ
Commented by m-k7538itami at 2014-09-16 23:31
ご無沙汰していました!

打ち身ってこんな風に色が変化して↓の方に降りて行くのですね~
この程度で本当に良かったですね!

私の打った向う脛は半年になりますが未だ色が黒ずんでいます
やはり色が変化して広がってゆきました
痛さや腫れからすると病院へ行きませんでしたが、もしかして
骨にヒビでも入っていたかもです・・・・
何時も行く整骨は3時間以上かかる病院なのでツイツイ行かず
じまいでした~

↑のパンツとブレザー
カジュアルで軽そうでカッコいいですね!
Commented by captain_spoc at 2014-09-17 00:56
☆クニさんこんばんは^^
今色あざは足先のほうへ移動しています
ただ痛みはくるぶし辺りが捻挫のように腫れて痛いです
時間が掛かると医者も言ってますので気長に治療いたします

カジュアルジャケットあまり着る機会が無いまま
秋に入ってしまいました
名前
URL
削除用パスワード


<< 高校からの友情は半世紀を越える      ドリフト走行で車は横にも走ります >>