スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 26日

過去の名場面を振り返ると・・・(2)

e0022047_23144201.jpg
Takeoff

撮影は2007年とあるので
もう7年も前の作品です
若いときにフィルムで撮影していた時期があり
ブランクを経て数十年ぶりに
安いデジカメを買いました

その頃はテニスに夢中だったのですが
レンズキットで10万円を切る製品が出たと言うことで
OLYMPUSのE-300を買いました
デジタルで撮影とかズームレンズの普及とか
フォーカスがオートになったとか
昔の機械を知るものにとっては
画期的な変化でした

デジタルになって良いことは現像が自分でできると言うことでした
白黒フィルムの時代は自分で現像して
自分で焼付けまでしていましたが
カラーフィルムの時代はメーカーのラボに任せきりになりました
デジカメになってデジタルデータを
自分なりに加工現像ができると言う楽しみが戻ってきました

この写真は露出補正も知らないまま
(昔はそんな機能は有りませんでした)
薄暮の時間に撮影すると
真昼間のように明るく撮影されました

イメージと異なるために画像処理でアンダーにして
青を強めに現像いたしました
ジェット噴射が赤く燃えて
薄暮の離陸の雰囲気になりました

データを書きます
撮影 2007年6月12日 19時13分
絞り優先 F6.3 iso800
WB auto
焦点距離 320mm(35mm換算)
トリミングをしています

このときに露出補正の重要性を勉強いたしました
コマ毎にisoやWBや補正を変えることが出来る
デジタルは本当に便利になりました

特に露出補正は作品を作るうえで大変重要で
補正の設定はどのメーカーも
右手人差し指で変えられる位置にあると思います
と言うことは何時も補正を考えながら撮影することが肝要で
ブラインドでも替えられるように訓練すべきだと思います

昨日の黄金の世界から今日は蒼の世界になりました




[PR]

by captain_spoc | 2014-09-26 23:49 | スナップ | Comments(0)


<< 雲一つ無い運動会日和      過去の名場面を振り返ると・・・(1) >>