スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 17日

我がフィールドなら白兵戦で挑める

e0022047_21590335.jpg


e0022047_21592185.jpg


e0022047_21593823.jpg

先日のコミミズクの撮影に参戦して
バズーカ相手には勝負にならないことを痛感した
初認の鳥だったので出向いたが
同じスタートラインに立っての勝負は
どう転んでも勝ち目は無い

野鳥撮影でも色々と工夫一つで
楽しい撮影が出来る
コミミズク撮影では望遠の限界で撮影したが
出来上がったショットも不満足で
眠たい写真ばかり
もう一つ消化不良の感を否めない

そこで我がフィールドで鴨を撮ろうと
先日来日参しているが
こちらとてなかなかすんなりとは行かない
E-M1の12-40mm f2.8で撮影しているが
微妙にピンが背景に引っ張られて
広角なのにわずか後ピンになっている

飛んでいる鴨を広角で撮るなんて出来るの?
と思われるだろうが
此処の鴨は頭上をかすめるように飛んでいく
蠅叩きがあればぺたんと鴨の頭を叩ける
それほど間近を飛んでくれる

後は鴨の習性を観察して
通り道に立てばいいわけだ
今までピンが背景に引っ張られるので
今日はマニュアルにして
焦点距離を1mに固定した


e0022047_22053676.jpg

もう一つE-M1の便利なところは
矢印のフォーカスリングを手前ボディー側にスライドして引っ張ると
オートからマニュアルに変えることができる
ワンタッチでオート・マニュアルの切り替えが出来るのだ

データはAモードで露出補正-0.3
iso400で高速シャッターを狙う
被写界震度を深くするために
開放f2.8をf5.6まで絞り込む
ズーム焦点距離は12mmだ
これで1mより先はほぼピントが合う計算

トップのショットは多分カメラ前1m位を飛んだ
今日のところは満足のいくショットになった
後はシャッターチャンスに恵まれて
かもの頭を間近で撮ってみたい










[PR]

by captain_spoc | 2015-01-17 22:35 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< カスミ皇子は元気です      体育館レッスンが始まりました >>