スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 14日

ヒタキの目はまん丸ちっちで可愛いです

e0022047_21282089.jpg



e0022047_21283202.jpg


e0022047_21284236.jpg


上2枚はジョウビタキのメス
3枚目はルリビタキのオスの若と思われます
どちらも目が丸くって可愛い小鳥です
特に一枚目は1024pixにクリックで大きくなります

見ていただければそのクリアさが分かっていただけると思います
毛の一本一本まで忠実に写し取られています
これはE-M1の150mm F2.8で撮影いたしました
カメラ裏の液晶で見たとき
その美しさに鳥肌が立ちました

今まではE-5に70-300mmで撮影いたしました
焦点距離は長いので300mmのほうが
より精細に写ると思っていましたが
そん色ないどころかそれ以上の結果が出ています

レンズ選びのときに一番気にするのが焦点距離
当然拡大率の大きいレンズが有利です
明るさは犠牲になりますが
大きく写るのは魅力です

ZUIKO DIGITAL 70-300mmは
鳥撮りには便利ですし
マクロとしても使えるので
ほぼ私の標準レンズ的に
何時も装着して撮影に出かけていました

今回150mm f2.8を買うに当って悩みました
ちょっと中途半端でこれでエエンかいなと・・・
でも買って使ってその明るさゆえのメリットを実感して
本当に買って良かったとしみじみ思います
切れのよさとクリアさは
今まで実感したことの無い素晴らしさで
本当に撮影が楽しいと思えるレンズでした

isoが200で1/5000という速度を出すのには驚きました
これは300mmではiso400や800が必要と思われる範囲です
これで望遠は焦点距離だけが問題ではないと分かりました
明るさが一絞り明るいと言うことは1/2400が1/5000になるのです
当分このレンズで遊んで慣れてみようと思います



[PR]

by captain_spoc | 2015-02-14 21:51 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by kogarasumaru6 at 2015-02-15 06:45
私、この1月、焦点距離を稼ぎたく、35-350を処分して150-600に・・・
しかし、F5-6.3とはいうものの、あけて撮ると、やはり画像に不満が残るものですから、絞ってF8~で撮っています。
そうなると、曇天ではやはりISOを上げないとシャッタースピードは稼げない・・・(-_-;)
白色の単焦点600mmを使えば焦点距離も稼げるし、明るく切れもいいですけど、レンズ単体でも私の車(中古)が二台も買えるお値段で、私にはエベレストの頂上に咲く花の如し^^;
晴天日を選んで撮るか、質が落ちるがISOを上げて撮る・・・どちらかの選択を余儀なくされ候。
せやけど、そんなに都合良く対象物が現れてくれるとは限らないので、当然にISO上げ撮りが多いです。
でも、買い換えて良かったと(^-^)/
Commented by captain_spoc at 2015-02-15 22:28
☆kogarasumaruさんこんばんは
みんなが誰でも通る道
どうしても焦点距離の魅力にとり付かれます
周りで長いレンズを持つ人が居れば私も欲しいと思います
OLYMPUSはボディーに手振れ防止がついているのでレンズは比較的安いです
70-300mmは35mm換算600mmですから
このレンズは良く使い込みました
なんら不足は無いですし重宝しています
今度の明るいレンズは距離が短いですが
そのクリアさにこれもほれ込みました
距離と明るさ相反する問題は何時も頭を悩ませます
kogarasumaruさんも600mmをじっくり使い込んでください
納得するまで使い込んで元を取りましょう



<< 葉牡丹は野菜ではなくて園芸種      恐るべしノニジュースの効能 >>