スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 12日

物撮り(ぶつどり)もやれば奥が深いです

e0022047_23011649.jpg

物撮りは商業写真でカタログやメニューなどで
使われる写真のことですが
ブログネタとしてランチの写真や
このショットのようにお茶したときの写真を
撮る機会があるので
出来ればおいしそうに撮ることが必要だ

私なりの経験から美味しそうに撮れるポイントがあるので
まとめてみた

露出はオーバー目に明るく撮る
暗い写真は美味しそうに見えない

スタジオではライティングは
思い通りに出来るが
お店で撮影するときは
逆光を選ぶ

ただし逆光でも影は強く作らない
白い紙があれば
レフ版の変わりに立てかけるなど
お店のライトも利用して
薄い影に仕上げる

ボケを利用して
背景に雰囲気の分かるボケを入れると
申し分なし
このショットの場合
後ろのコーヒーカップや
店の外の景色をぼかして入れる

カメラ位置を低くして
立体感が出るように位置取りをする

皿や容器は全部入れるのではなくて
画角からはみ出るように
アングルかトリミングで調整する
ケーキの皿が下の部分と
右の部分が切れている状態・・・これです

ホワイトバランスは
白い皿に色が付かない程度に選択
autoを外して試してみるのも一方法
白い皿が目印で調整してください

レンズはマクロ又は望遠で開放にすると
綺麗に後ろがぼけてくれます
普通のレンズでも
最短まで寄れるだけ寄って見てください
絞りは開放が被写界深度が浅くて
ボケが綺麗に入ります

私は物撮りはあまりしないので
女性の方が綺麗に撮られています
私はカメラ大学のプロに教わりました


[PR]

by captain_spoc | 2015-03-12 23:26 | テーブルフォト | Comments(2)
Commented by FantasyArt2 at 2015-03-12 23:55
確かに、物撮りは、奥が深いですよね。
ショートケーキの物撮り。。。さては、デートですね?(笑)
Commented by captain_spoc at 2015-03-13 22:55
☆fantasiaさんこんばんは
デートって分かります?
って言うか私はスィーツは目がないので
独りでお茶するときでもケーキセットを頼みます
それもイチゴショートと決めています
アイスクリームならバニラ
どちらも王道なんです
頼んで間違いないものという位置づけなんです



<< 私のお気に入りのエナガを梅林で撮影      忘れてはならない夏がある >>