2015年 03月 25日

E-M1の拡大AF機能は老人には便利

e0022047_20023397.jpg

e0022047_20024944.jpg

今年初見のルリタテハ
とんでもない美しくない場所に止まった
然し記録なので取りあえず写す
そのときに拡大AF機能を使うととても便利だ

蝶を発見して撮影しだしたのが2枚目のショット
150mmなのでこれ以上は近づけない
そこで拡大AF機能のボタンを押すと
緑の枠が現れる
これは3倍7倍10倍と選べる

もう一度拡大ボタンを押すと
ファインダー内部が1枚目のように拡大表示される
これを見ながらフォーカスを思いの所へ持って行き
しっかりフォーカスをあわせたのが
1枚目のショット(ファインダー内の画角)
然し撮影される画角は2枚目のショット

これで昆虫の目にピントを持っていくのが容易になった
カタクリもシベにピンが来るように調整
ピントあわせが本当に楽になった
動きもんは今まで通り機械任せになります






[PR]

by captain_spoc | 2015-03-25 20:13 | 昆虫 | Comments(0)


<< ひょうきん者のヤマガラは山の人気者      あの広い万博公園の中に2輪だけ... >>