スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 27日

E-M1で小さい被写体の動きモンは難しい

e0022047_22443837.jpg

以前にも書きましたが
E-M1は小さい動きモンの捕捉が弱い
確かにフォーカスは早いのだが
喰い付きが悪くなかなかピンがこない

大型の陸上のランナーだとか
鳥もサギのような大型の鳥は
C-AFで追従できる
然し小鳥(ツバメ)とかトンボは難しい

そこでこのショットはマニュアルでピン合わせをした
もう何年もマニュアルで動きモンを撮った事がない
ケースによってはこんな場面も出てくるだろう
まあE-5の一眼レフを使えば簡単だが...

先日私のブログの読者から
最近のE-M1の写真の精細さが増し
以前の写真に比べてクリアになったと言われた
撮影者の私は日ごろ感じていることだが
ブログの読者にもその違いが分かるのかと
嬉しくなりました





[PR]

by captain_spoc | 2015-05-27 22:56 | トンボ飛翔special | Comments(0)


<< 免許証の高齢者講習を受けました      宝塚から三田の山間部は自然が一杯 >>