スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 01日

神のお告げが頭の中で見えます

e0022047_22360156.jpg

e0022047_22361214.jpg

e0022047_22362536.jpg

e0022047_22363572.jpg

最近無差別通り魔事件が多い
天から誰でもいいから人を刺せ、刺せと聞こえる
だから誰でもいいから殺したかったと供述している
とんでもないはた迷惑だ
判断能力が欠如している状態なので
罪に問えない
・・・って有りかよ

私の場合そんな恐ろしいことではない
突然にイメージが湧いて絵が頭に浮かびます
街の中で誰でもいいからぶらして撮れ、撮れ・・・と
そんなイメージが消えないうちに
梅田に出て撮影を始めた

イメージの絵は頭にあるのですが
設定や撮り方まではお告げが無い
シャッター速度や歩きながら撮影やらと
トライ・アンド・エラーを繰り返しながら
梅田を歩き回った

撮影に出かけるときは
どんな作品にしようかイメージを浮かべて出かけます
然し今回はイメージが有ってそれを具現化するために
とりあえず撮影に出かけました
なかなかイメージどおりには行きません

私は良く流し撮りをいたします
そんな時良く皆さんからどこか一点止まっていれば
良いんですよねと尋ねられます
えーそうなん?
そんなこと誰が決めたん?

被写体がきっちり止まって背景が流れる
綺麗な流し撮り
被写体がぶれる迫力の流し撮り
撮る人観る人の感性のままでエエンちゃうん?

今回は神のお告げ(洒落でこう表現しています・ただのイメージのことです)
のまま仕上げてみよう






[PR]

by captain_spoc | 2015-07-01 23:02 | スナップ | Comments(2)
Commented by bakabon165 at 2017-02-27 23:00 x
艦長の写真は常に神様の大きなお告げによってイメージが湧き、かつ導かれて幅の広いユニークな作品が次々と出来上がるのですね。でも神様は気まぐれなものですから一言で終わり知りたい細かな事まで私には啓示してくれませんのでいつも悩んでおります。艦長はカメラマンとして作品創りに日夜悩んでいることでしょうね。
Commented by captain_spoc at 2017-02-27 23:11
> bakabon165さん
神のお告げとは例えばの話で実際は頭に浮かぶイメージの事です
こんな風に撮ろうと言うイメージは浮かぶのですが
どのような方法で撮るかはその場その場で違ってきます
イメージ通りに撮れないときは苦労します


<< ブラシて何ぼのカラー編      写真展は無事終了いたしました >>