スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 06日

道頓堀暮色の騒々しい賑わい

e0022047_22373541.jpg

e0022047_22374306.jpg

e0022047_22375301.jpg

2007年にOLYMPUS E-510を買ったときに
本体内手振れ防止の性能を確かめるために
夜の街道頓堀に撮影に来た記憶がある
手持ちで1/30が簡単に出来るのには
感嘆の声を上げた

今回はFisheye 8mm Proの機能を試すために
道頓堀に出かけてみた
8年ぶりの夜の道頓堀は
まるで異国のような変貌を遂げていた
アジア系外人が沢山居て
観光立国になったことを喜んで
良いのか・・・・悪いのか

海外の大阪旅行のパンフレットには
通天閣と大阪城とグリコマークとスカイビルが
写真入で紹介されているらしい
大阪のランドマークになったようだ
グリコのネオンの前では
何人もの観光客がこのポーズをまねて
記念写真を撮っていた

先日の大阪城と言い
沢山の中国人が金を落としてくれているようだ
ありがたや、ありがたや







[PR]

by captain_spoc | 2015-07-06 22:52 | 街撮り | Comments(4)
Commented by jh3rdg at 2015-07-07 08:41
魚眼ならではの世界ですね 素晴らしい!
Commented by captain_spoc at 2015-07-07 21:37
> jh3rdgさん
魚眼は楽しいですね
宮さんが嵌ったのがよく分かります

Commented by shkphappy at 2015-07-16 13:03 x
中学校の修学旅行はお決まりの京阪神というか
大阪&奈良
奈良は猿沢の池と鹿 大阪は一枚目の景色で
半世紀前の風情が印象に残っている
そして難波?の修学旅行のホテルの朝食の一つ
とろろ昆布に大きなヤカンからお湯を入れて
澄まし汁をつくった記憶が強烈
Commented by captain_spoc at 2015-07-16 23:09
> shkphappyさん
今でも難波近辺に修学旅行相手の旅館が何軒か残っています
ホテルではなくて旅館形式です
今では修学旅行よりも外人さん相手に繁盛しているのではないでしょうか
変わらぬミナミの風情です



<< カメラマン潰すにゃ刃物は要らぬ      Fisheyeでマクロ撮影も斬新かな >>