2015年 07月 24日

大言壮語したけど道は険しい

e0022047_23422505.jpg

飛んでいるトンボの複眼を撮りたいと
以前のブログに書きました
大言壮語の部類に入るようで
なかなかに難しい

腕が悪いのか機材の能力不足なのか
分からないので兎に角何回も撮ってみる
今回は前回よりも悪い
頭が微妙にピンが外れてる
これでは複眼どころではない

然し被写体のトンボのどの位置にピンを合わすかは
飛んでいるのでゆっくり合わせられない
当然機械任せになってしまう

この秋に300mm f4.0 PROが発売される
単焦点だが1絞り明るい
これだと被写体にもっと寄れるので
可能性は大きくなる
兎に角被写体のトンボを
画角一杯にまで寄りたい

然し秋の発売まで待つと
トンボが居なくなる恐れがある
ギンヤンマは10月一杯位までは命を繋ぐので
ぎりぎりのタイミング
それまでは150mmで頑張ってトライしてみよう







[PR]

by captain_spoc | 2015-07-24 23:54 | トンボ飛翔special | Comments(2)
Commented by taropapa43 at 2015-07-25 08:40
上手く撮れないのは機械のせいでしょう
悩まず撮り続けることです
Commented by captain_spoc at 2015-07-25 22:58
> taropapa43さん
いやあ実際のところそんなことが可能なのかどうか?
まだ飛んでいるトンボの写真で複眼が見えるショットを
見たことがありません
実現したら世界初かも...?
んなこたあ無いよね



<< 夏ばて以来そろりとスポーツ界へ...      世の中には猫の好きな人と嫌いな... >>