スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 05日

乙女チックトーンでコスモスを撮影してみましょう

e0022047_055574.jpg

一昨日アップいたしましたコスモスの花
パステルカラーのような
コメントを頂いたように日本画のような
そんな柔らかい表現の撮影方法です

そのヒントになったのが今日のショット
2009年に兵庫県氷上郡のカタクリの里へ
カタクリの花を撮影に行った時の経験からです
今までは被写体より背景が暗い場所を選んで
背景処理に黒い背景にして背景処理をしていました

しかし現地では背景が明るいところになり
撮影して裏の液晶を見ると
良い雰囲気の写真に撮れていました
それからいろいろ試行錯誤を経て
容易に撮影できる方法を考えましたので
皆さんで今年のコスモスに試してみましょう

経験者の方はすぐお判りでしょうけど
ハイキーの写真なので読み飛ばしてください

まず写す花の選択ですが
ピーカン照りの好天の日に撮影します
こんな日には花を写しても
美しく表現するのが難しいです
そこで写す花だけを日陰にし背景には日が当たっていること
傘を差しかけるか私は被っていたキャップで影を作りました

すると背景の方が被写体より明るくなりますので
普通に写せば被写体の花は黒っぽいシルエットになります
これを露出補正でクロマイシロップの要領で
大幅にプラスに持ち上げます
それで被写体の花は普通に撮れて
背景は露出オーバー気味の
パステルのような明るい背景になります

簡単な設定を書きます
撮影モード Aモード(絞り優先)
絞りは解放 Fの数字をできるだけ小さくします
シャッター速度は自動で決まりますので機械任せにします
露出補正 +2 撮影して裏の液晶で確認しながら決めてください
この数字を+大きくすると白っぽくなり
小さくすると色が濃くなります
isoは好天ですので200~100で撮影

レンズは80mm位かそれ以上の望遠レンズを使います
なるべく花に近づくと背景がぼけて単色になります
花から離れると背景の花がうっすら写ります
これも面白い雰囲気になります
背景に日の当たるむき出しの土の部分を選ぶと
金屏風の襖絵のような効果が得られます

これからコスモスのシーズン
乙女チックトーンも含めて
いろいろな撮影方法で楽しんでください






[PR]

by captain_spoc | 2015-10-05 22:10 | | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 万博のコスモスはもう見頃です      華やかさが際立つダリアを写す >>