スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 30日

フーテンのryoもついに定住か?

e0022047_21222111.jpg

e0022047_21223621.jpg

屋久島に住んでいる私の甥っ子ryoは
我が親族の間でもかなり風変わりな男だ
屋久島に移住するまでには世界中を
あちこちアルバイトをしながら
サーフィン三昧の生活

その生活ぶりはは以前人生の優等生ではないけれど
詳しく書きましたが
昨年結婚して今年5月にベイビーが生まれました
それで今まで住んでいた山小屋のような
高床式古代住居ではお嫁さんが不満を出し
新居を作ることになりました

結婚してすぐに新しい家の建設にかかり
我々が訪問した時は基礎部分だけが完成していました
1500坪のジャングルを購入して
来る日も来る日も木々を切り倒し
抜根に精力を使ってやっとここまで開墾できました

周りに大きな石で石垣を積み上げ
軽トラで土を運び込み
祖父からのプレゼントの100万円で
ユンボを買って整地してここまで来ました
見えている建物は機材置き場のための倉庫で
独りで丸太を切って組み立てたそうです
手前の平地に本家を建てるつもり

ここまで一人の力で営々と作業して
家屋も自分で建てるそうで
来年の5月くらいには完成だそうです
今回は丸太の小屋ではなくて
柱は工場で組み立て式に加工してもらうので
かなり文明開化の様式になりそうです

オーシャンビューの土地で
我々が泊まったホテルからは
中段左のようにジャングルの中に
機材小屋が見えます
庭には岩で露天風呂も作りたいと言っていました

子供も生まれ家も作れば
もう屋久島に定住してふらふら世界に出かけないでしょう
ただ嫁さんには時々だけどサーフィンだけは
外国でさせてもらうよう許可をもらったそうです
基礎の石積みから整地
骨組みから建築まで
全部独力で仕上げるセルフビルダー精神は
やっぱり親族の中では変わっている男です

現代に生きる者たちが忘れ去った
生きる力というものを彼は備えているようです
金こそ生活の基本と思う我々と
暮らしていけるだけでエエと思うめっちゃ貧乏な彼と
どちらが幸せなんだろう?




[PR]

by captain_spoc | 2015-10-30 21:54 | 日常 | Comments(4)
Commented by taropapa43 at 2015-10-31 07:25
色々な柵に縛られず自分の思う通りの生活をする精神力と行動力に感服しています
凄いね
Commented by jh3rdg at 2015-10-31 11:19
最初にRyo君に会ったときから「我が親族の間でもかなり風変わりな・・・」ではなく
やっぱり あんたの親戚やと 思いました(^^)
Commented by captain_spoc at 2015-10-31 21:39
> taropapa43さん
柵に縛っていたのは以前の我が家の犬
彼はとても縛り付けるのは無理なようです
まっ何時までそんな生活ができるか楽しみです

Commented by captain_spoc at 2015-10-31 21:40
> jh3rdgさん
見た目は親戚に見えるかわかりませんが
やることは大きく違っています
似とるとは思われへん



<< 東が曽爾なら西は砥峰      屋久島は何処にカメラを向けても... >>