スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 04日

JRホテル屋久島の食事は大変おいしい

e0022047_23091491.jpg

屋久島では魚が新鮮でおいしい
こちらでは養殖物は入荷しないので
現地で取れたものが市場に出る
シケが続くと入荷がなく
寿司屋も開店休業だそうだ

今回のJR屋久島ホテルの夕食は
毎回島の自然とともにもう一つの楽しみ
初日の夕食「尾之間会席」をご紹介しよう

最初はビールやソフトドリンクで乾杯
我々カメラマンの乾杯は左手で行うのがマナー?
右手は各人カメラを構えて
乾杯~とグラスを合わせて
バシャバシャと連写のシャッターを切る

その横は前菜のアオリイカのカルパッチョ
他計三品の小鉢
次に大きい写真の造りの屋久島トビウオ
これをワサビ酢味噌で頂く
刺身醤油と違ってあっさりした味で
新鮮なトビウオにマッチ
これは参った第1号

右に移って揚げ物はトビウオのさつま揚げ
その横が地魚の湯葉巻き蒸し
このほかにサラダが付いて
次に左下のホタテとパプリカの
カレー風味フラン銀餡ソース
どんな風に調理しているのか想像もつかない

メインは右大型写真の黒毛和牛のステーキ
泡仕立ての和風ソース
これがめちゃくちゃ美味しかった
これが参った2号です

ご飯は大分県産ひとめぼれ
トビウオの揚げつみれ汁
最後のデザートはからかん団子と芋羊羹

ここの総料理長吉岡さんは
凝った料理を出す
客を参ったと言わすのが趣味の様だ
でもやはり参ったと言わざるを得ない旨さでした




[PR]

by captain_spoc | 2015-11-04 23:38 | グルメ | Comments(0)


<< 逆算の人生設計で赤いスポーツカ...      Facebookプロフィール用写真 >>