スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 13日

新車は数々のテクノロジーに溢れています

e0022047_21272849.jpg

新しい車には新しい技術が詰め込まれています
ドアミラーの写真の右端に黄色い光が見えます
これは後ろの光景を写しているのではなく
ミラー内部で点灯している光が見えるのです

ブラインドスポットモニタリングと言って
後ろから近づく車があるとき点灯いたします
写真の場合ミラーの中にトラックが見えますが
実は私のすぐ右後ろに別の車両が近づいている
その警報ランプです
まったくのミラーの死角になっています

この表示ランプと合わせて右へ曲がろうと
そちら側へ方向指示器を出すと警告点滅いたします

安全装置はこれだけではありません
車線をはみ出すとランブル音を発します
高速道路のカーブで車線をはみ出すと
ゴーと言う嫌な警報音が路面とタイヤで発生されますが
これをランブル音と言います
ロードスターも車線をはみ出すと
自分でこの音を発生させて注意を喚起してくれます

バックで見通しの悪い駐車場から出ようとするとき
レーダーが近づく車を検知してくれるのもありがたい
ナビもいろいろな先進技術が装備されて
覚えるのに一苦労

アイドリングストップが装備されているのには驚いた
信号待ちで止まると燃費削減のため
エンジンが止まります
スポーツカーにそんな機能が要るんかいと思うが
世の中の流れは確実にそちらへ向いているので
私も省エネに貢献していると言える

沢山のセンサーを散りばめて
車は自動運転目指して進化しているのを実感する

[PR]

by captain_spoc | 2015-11-13 21:59 | My car life  | Comments(2)
Commented by shkphappy at 2015-11-14 08:16 x
ブラインドスポットモニタリングは有難いですね!!
私は左側車線で横付けしてはしっている車に
一番気を使います
私のミラーでは完全に死角ですから

屋久島にも再度おいでになったようで…
凄いです!
Commented by captain_spoc at 2015-11-14 23:51
> shkphappyさん
直進しているときはこれが警告出そうが出すまいが関係ないのですが
左に車線を変えようと思っているときに左のドアミラーを見ますので
この警告は大変安全に重要な働きをしてくれます

屋久島 世界遺産 素晴らしいところです
また行くつもりです



<< E-MIが故障でメーカーへ強制...      北新地の雅しゅとうとうの手毬ハ... >>