2015年 11月 21日

久しぶりに音のシャワーを浴びてきました

e0022047_20313092.jpg

写友のMさんの猫写真の個展を見に行きました
会場が音響珈琲「長楽庵」とありましたので
きっといい音が聞けると期待していきました
私のCD「GRADIATOR」のサウンドトラック盤を
持って行き聞き大満足でした

シンフォニーオーケストラに
電子音も入れての重低音から超高域まで
家の安モンのミニコンポでは聞くことのできない
柔らかい余裕のある音を大音量で聞いて
鳥肌が立ちました
まさに音の波動のシャワーを浴びたようでした

システムは贅をつくしたよだれが出そうなほど
高級品ばかり
上段左はメインのアンプで真空管制御
中段右がターンテーブルのTechnicsのダイレクトドライブモーター
私もこれと同じものを持っていましたが
沢山のLPを処分した時に一緒にほかしました

そう私も若い時はオーディオにも凝っていました
珈琲はストレートのキリマンをチョイス...美味しかった
他6種類の豆から選ぶものでカップも凝っています
サイフォンで一杯ずつ淹れていただいた

実は珈琲も若い時変に拘っていました
珈琲もカップも水も淹れ方(ペーパーフィルター)も
でも長い年月の流れに趣味や嗜好も変化して
今ではカメラがマイブームになってしまいました
だからここのマスターも私と同類項のように思えて
ちょっと羨ましい気がしました
男のロマンをそのまま持ち続けていらっしゃる
そんな羨ましい気持ち

そやそや本題の写真も見せていただきましたよ
特にお気に入りが記念写真の前の一点
写真にテキストで詩のような作者の気持ちを書き込んだもの
作者のお人柄がその短文に良く表現されて
とても気に入りました
フォト俳句とか写真と文はジャンルとしてありますが
俳句ではないこんなスタイルも面白いと思いました






[PR]

by captain_spoc | 2015-11-21 21:11 | グルメ | Comments(0)


<< 難病デュプイトラン拘縮って知っ...      今日は一日スポーツデー >>