2015年 11月 30日

今回のファームアップの目玉深度合成を試しました

e0022047_21513288.jpg

今回のFirmware Updateの目玉に
深度合成とフォーカスブラケットが出来るとうたっていた
小さな昆虫をマクロ撮影すると
大抵の場合被写界深度が浅くて
ピントが合う範囲が大変狭くなる

そこでメーカーは今回フォーカスブラケットを可能にして
ピントをずらしながら最大999枚まで撮影して
ピントの合った部分だけ合成して
被写体の隅々までフォーカスを合す機能を盛り込んだ
合成は外部の専用ソフトで行う

しかし今回のファームアップには
深度合成の機能も盛り込まれた
その合成もカメラ内部でやってしまおうというもの
ただし深度合成は8枚程度の撮影
そのフォーカスの合った部分だけカメラ内で合成して
各ショットの最後に合成したショットを保存してくれる

作例は大きさ3~4cmのモデル
下の段が第一枚目を撮影
通常は一枚もんだとこんなショットになる
昆虫になると眼にフォーカスを合すので
後ろの方はアウトフォーカスになる

合成されたショットを見ると(上段)
手前から奥まできっちりフォーカスがあっている
これは使い応えがありそう
来年の夏の昆虫撮影が楽しみだ




[PR]

by captain_spoc | 2015-11-30 22:06 | others(機材) | Comments(0)


<< ライブハウスALWAYSは興奮...      大阪北のイルミ怒涛の3連発 >>