スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 10日

昆陽池での何もない当たり前の日常の出来事

e0022047_23491298.jpg

e0022047_23492082.jpg

e0022047_23493021.jpg

トップはチュウサギかダイサギ悩むところですが
いつも地上でチュウサギがよく見られるので
おそらくチュウサギだと思います
上空を何週も回っていました

ミラーレスのE-M1だとこんなショットはお得意です
露出補正を利かせたとおりにファインダーで見ることができますので
一眼レフのように経験値から補正値を予想して決めるのではなくて
正しく決めることができます
撮影するのと同じショットがファインダーに見ることができますので
便利です

スローシャッターの流し撮りを連写で撮影すると
背景が流れて被写体が止まって流し撮りのまま
ファインダーに見えますので驚きです
一眼レフでは光学で目で見ていますので
背景が線状に流れるファインダーなんて
見たことがありませんが
ミラーレスだと当たり前に見られます

2枚目はカラスに追いかけられるオオタカです
距離があるのでとても難しいショットですが
デジタルテレコンで近くに寄せて写しました
でもここらあたりが限界です
早く300mmのレンズが発売されることを待っています

猛禽類のオオタカがカラスに追いかけ回されるのは
不思議に思うかもしれませんが
この一羽と言う狙いを付けた時は
沢山カラスが居ても一頭だけ捕まえますので
さすがにと言う感じです

3枚目はオナガガモのオス
これも距離が遠くて迫力なしです
一応昆陽池の管理人を勝手に名乗っていますので
時々は見回りに行かなくてはなりません
時々はシャッターチャンスに恵まれる良い場所です








[PR]

by captain_spoc | 2015-12-10 00:12 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 写真展が残すところあと3日にな...      EXPOCITYのNIFREL... >>