スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 17日

何年経ってもこの作業は苦手

e0022047_23553542.jpg

何年たってもボタン付けは上手くならない
経験の数が少ないのだから仕方がないが
自分でやるようになってもう何年も経つのに・・・・

ダウンコートのボタンと冬物のシャツの
ボタンが外れた
シャツのボタンは落ちてしまったので
袖口についている二つのボタンから一つを流用して
前のボタン付けをした

コートのボタンは落とすと揃わないので
すぐにポケットにしまって持って帰った
いつも失敗するのは決まって
最後の糸を結んで止める作業

母やカミさんのを見ていると結んだ輪っかの状態で
指で抑えながら糸を引くと
結び目が糸の根元まで滑っていく
・・・はずが私がするといつも上の離れた所に結び目ができる
これができると結び目は根元までは絶対滑っていかない

いろいろ試行錯誤で輪っかの中に
針を入れて根元に持って行って
針で滑らせながら根元まで持って行けた

針通し用のグッズや
布用の糊など用具は一応揃えております


[PR]

by captain_spoc | 2015-12-17 00:08 | D.I.Y | Comments(4)
Commented by taropapa43 at 2015-12-17 10:36
中々器用ですね
私ボタン付けはまだ未経験です
今度トライしてみます
Commented by m-k7538itami at 2015-12-17 13:24
ご自分でボタン付けをするとは素晴らしいですね
亡くなった主人は箸より重いものを持ったことが無い人だったので
尊敬します
よく言えば九州男児と言いますが、私がやり過ぎたのかもしれませんが・・・

洋裁を長くやっていた私でもボタン付けは嫌いかもです
少し浮き気味に、そして3回ほどクルクルと巻くと掛けやすいですね
Commented by captain_spoc at 2015-12-17 23:31
> taropapa43さん
これがなかなかに厄介で奥が深いです
色々先人のノウハウを聞きましたので
またアップします
Commented by captain_spoc at 2015-12-17 23:37
> m-k7538itamiさん
私も九州男児ですが必要に駆られるとやるもんです
そうその浮き気味にしてのノウハウをかかりつけの整形の看護師さんに教わりました
カミさん着物のお針子のプロで百貨店や呉服店の下請けやってたのに
目が悪いとか細かいことでけへん言うて私がするようになりました


<< 白い羽衣纏った天女舞い降りる      人間ウォッチングは面白い >>