2016年 02月 13日

このレンズの解像度を見てくれ

e0022047_22580125.jpg

e0022047_22581183.jpg

e0022047_23020847.jpg

センスやへちまは要らない
とにかく道具や
格好から入るスポックにはいつもこの言葉
このレンズの解像度にはホンマに驚かされる

こちらへ飛んでくるモモイロペリカン
フォーカスは連続フォーカスのC-AF
絞りは解放ではssが上がりすぎるので
1段絞ってf3.5

こちらへ向かってくる動きもんが
フォーカスは一番きつい
その上単写のS-AFの方がフォーカスは固い
C-AFはS-AFに比べて動く分だけ甘いショットが出てくる

その条件の悪いのにこの解像度は
proの称号が付いた40-150mmのレンズの
高性能ぶりが窺える
3枚目のショットは1枚目の顔の部分の
等倍切り出しである

5軸手ぶれ補正機能と相まって
切れっ切れのシャープさである







[PR]

by captain_spoc | 2016-02-13 23:17 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by m-k7538itami at 2016-02-14 00:43
素晴らしいっの一言です!
勿論腕が大事ですが、道具が良くなければ腕が引き立たないと言う事ですね♪

神戸動物王国、此処は結構照明が暗くて↓の鳥のパフォーマンスの時は
私もも当然撮りましたがブレブレで一枚たりとも撮れませんでした・・・・

↓のワオキツネザルもとてもクリアに撮れてて凄いですね
このお猿さん顔は怖いけど人懐こくてひょうきんものですね
Commented by captain_spoc at 2016-02-14 23:53
> m-k7538itamiさん
ありがとうございます
スポーツでもカメラでもすぐに道具に凝ってしまいます
確かに室内での動き物は難しいですね
私も悪戦苦闘でした

ワオキツネザルのショットは私も気に入っているんです
とてもクリアに撮れました



<< 春を告げる神戸南京町の春節祭      難解訓読み漢字のおさらい >>