スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 12日

久しぶりに映画を見ました

e0022047_00335680.jpg

エンド・オブ・ホワイトハウスのシリーズとは知らずに
映画館に入りました
内心おもろいんかいな?と思いながら
見終わりましたら結構面白くてハラハラさせられました

内容はアメリカ大統領がインド系の武器商人から
拉致されてネットで公開処刑にされるのを
大統領のSPボディーガードが助け出すと言う
アクションものでした

先日オバマ大統領が広島の
平和公園へ来たのをニュースで見ていましたので
大統領が英国首相の国葬に出席すると言う映画の設定が
妙に生々しく見ることができました
大西洋はエアフォースワンで飛来するのだが
広島に来た時のニュースの時に
予備も含めて2機が常時行動を共にするらしいです

そこからヘリコプターで移動しますが
これも2機同時に飛んでどちらに乗っているのかをカムフラージュする
映画では2機のヘリコプターが護衛に一緒に飛んでいたが
広島の場合オスプレーが2機護衛していました

最後にリムジンの大統領専用車ですが
これも移動の時は2台で行動を共にして
どちらに乗っているかをカムフラージュしたそうです
この専用車がまるで戦車の様で
ガラスが12cmでロケット弾にも耐え得るそうです
ドアの厚さが20cmでまるで銀行の金庫のドア並みです

映画では忠実にその様子がSPの主人公とともに
描かれていました
一寸情けないのが日本の首相も
英国の国葬に招かれていたのですが
アメリカ大統領は信号操作で
ノンストップで会場入りしたのに
日本の首相の車は一般車と同等の扱いで
交通規制の渋滞に巻き込まれると言う
信じられない展開でした

当然このSPの活躍でアメリカ大統領は
生還するのですが
後に残らないスカッとしたアクションで
時間つぶしには丁度良いようです

[PR]

by captain_spoc | 2016-06-12 00:55 | 日常 | Comments(0)


<< 新しくGalleryのホームペ...      写真展で刺激を受ける >>