スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 25日

ボタンとリボンでバッテンボー♪

e0022047_21051703.jpg

e0022047_21052969.jpg

何時もの公園の隣の市の敷地の中に
こんもりした木立があるが
そこで数羽の猛禽類がよく舞っている
そこに巣があって親と巣立ち雛の様だが遠くて良く分からない

それが飛翔訓練なのか隣の公園の方に飛んできて
盛んにホバしたり高いところに止まったりする
友人にも問い合わせしたがチョウゲンボウらしい
漢字名 「長元坊」  珍しい名だ

ここまで書くとタイトルがなんとなく関連付けられる
戦後に映画の主題歌でバッテンボウ・バッテンボウ
と繰り返し歌うアメリカの歌が大ヒットした
アメリカ人が歌う原曲も
訳詞した日本語で歌う日本人の歌手も
ボタンとリボンでバッテンボウと歌っていた

成人するまでこのバッテンボウが何のことか
分からないし疑問に思ったこともなかった
buttons and bowsを早口で言っていると分かった
そんでボタンとリボンやったんかと納得

こんな風に意味もなく関連付けられる言葉がある
チョウゲンボウにバッテンボウ
シギチドリの仲間にダイゼンと言う鳥がいる
この名前を見ると山崎豊子原作の
白い巨塔の財前教授を思い出す
もちろん田宮二郎バージョンですが

毎回毎回同じようなオジャジギャグかましたら
呆れられるでしょうが
刷り込まれたイメージは簡単には払拭できない



[PR]

by captain_spoc | 2016-07-25 21:32 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 年に2度の定期健康診断を受けました      自然界ではあちこちで巣立ち雛が... >>