スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 21日

ペットたちとの思い出に浸った日

e0022047_23524154.jpg

先日の盆にご先祖の墓参りに行きましたが
足を延ばして猪名川町の動物霊園へ
ペット達のお参りにも回りました

途中の車の中でカミさんと
それぞれの我が家のペットたちの
思い出話に花が咲きました
もう犬2匹と猫2匹送っています

ペットたちは命が人間よりも短いので
先に送ることになります
先に送ると言うことはとても悲しい事です

小さい時の可愛い姿や
成長しての飼い主との交流
どれも癒されます
でもペットの一生は可愛い時と
息を引き取る最後の悲しい時とセットなのです

癒される時だけエエとこどりは出来ません
先に送る悲しみもセットになっています
だから命の尊さが身に染みて分かるのです
先に送るのが悲しいのでもうペットは飼わない
と言う方がいらっしゃいます

悲しいことは確かですが
私たちに沢山の癒しと思い出を残してくれて
最後に命と言う大切なことを私たちに教えてくれるのです

人間も私たちは親から大切に育ててもらいました
元気なうちは親子は勝手に生活します
でも最後は親が先に旅立ちます
子は親の介護はセットで付いて回ります
育ててもらうだけしてもらって
後は知らんとは言えません

親を送るときは本当に悲しいです
でも人生にはそんな悲しみも
切り離すことはできません
分かれと向かい合わなければなりません

今年のお墓参りは
そんな親やペットたちの
想い出に浸りました




[PR]

by captain_spoc | 2016-08-21 00:21 | 日常 | Comments(2)
Commented by at 2016-08-22 00:32 x
おっしゃる通りです
一行一行が心に沁みて
読ませていただきました
先に逝く命はいつも
一番大切なことを
教えてくれますね・・
Commented by captain_spoc at 2016-08-22 23:14
> Kさん
そうですね
年に一度お盆の時はペットも含めて思い出に浸ります
人間の一生の中で数々の別れを経験し
沢山の命を見送り最後に自分が見送られ・・・
それが一生と言うものでしょう
悔い無き人生を送りたいです
名前
URL
削除用パスワード


<< お盆を過ぎればハンミョウの季節なり      可愛い盛りの仔猫を捨てるなんて... >>