2016年 11月 14日

スマホカメラで風景をマイナス補正で表現

e0022047_13400402.jpg


e0022047_13402668.jpg


先日服部緑地公園でカワセミを撮影したが
その時に周りの木々がかなり紅葉していて
そろそろ紅葉のシーズン到来と感じました
土曜日にアップしたサクラとイチョウの撮影は
長いレンズで背景をぼかしプラス補正で撮影
今回広角風景はレンズ付け替えが面倒なので
スマホカメラで撮影いたしました

スマホカメラの場合背景がボケませんので
表現が難しいですが風景の撮影はマイナス補正が多い
今回もスマホで露出補正をマイナスにして
画像処理もスマホのソフトで
露出補正、コントラスト、彩度を調整しました

即ちトップのショットは
撮影もマイナスでしたがその上に画像処理も
露出補正マイナス、コントラストをちょっと強め
彩度を少々強く調整いたしました
だからパソコンのフォトショップは全く触らずです

2枚目は撮影時に露出補正をマイナスにして
そのまま撮影、アップしました
これは池と空の青さを強調したくて
-1.7くらいだったと思います

一眼カメラでも露出補正は一番重要です
Aモードで撮るかSモードで撮るか
一旦絞り又はシャッター速度を設定すると
後はシャッターを押すだけです
然しどちらのモードでも露出補正だけは
何時もシーンシーン毎に設定するくらいの
繊細さが必要です



[PR]

by captain_spoc | 2016-11-14 14:43 | スマホカメラ | Comments(0)


<< ネイチャーは天候の試練も受け入...      日本の留鳥も秋の錦を纏う >>