2017年 01月 16日

プロもすなると言うチキータをスポックもしてみむ

e0022047_21390738.jpg

紀貫之が書いた土佐日記の書き出し
男もすなると言う日記と言うものを女もしてみむ
これに引っ掛けた今日のタイトルだが
今年から相手の下回転サーブを
攻撃的にレシーブするチキータを
一生懸命練習している

最初は全く歯が立たずネットばかり
このごろは仲間同士の試合では6割くらいは
強烈に返球できる
だが切れッ切れのサーブでは
まだ3割くらいの確率だ

短い下回転のサーブを出せば
十中八九は突っつきで短い返球が帰って来るが
これがチキータで強烈に返球されるとサーバーはサーブに困る
大抵の方はサーブは1~2種類くらいが関の山

だから皆さんもっとサーブ練習すればいいのにと思うのだが
十年一日の如くラリーの打ち合いばかり練習する
サーブと突っつきで試合の勝ち負けは8割は決まる
今日も寒いしスポーツもないので
卓球場に出かけチキータの練習を一人でやってきた

この年齢でまだまだ技術が上達していくのがとても嬉しい
それと高校時代に習った土佐日記
今でも鮮明に覚えているのが驚きだ
もう60年も前の話なのに.....



[PR]

by captain_spoc | 2017-01-16 21:58 | sports life | Comments(2)
Commented by at 2017-01-17 17:12 x
タイトルに「あら」(#^.^#)

ラリーは楽しいですからねえ。ついつい。
でも、バドでも基礎練習やサーブ練習が大事なんだと
少しできるようになると思うようになりました。
当たり前のショートサーブが下手で
ロングサーブばかりしていたけど、相手はもう
後方で待っている。
練習して、たまーにショートサーブを
はさむ。決まるか、叩かれるか?
ああ怖い。
Commented by captain_spoc at 2017-01-17 21:46
> 藍さん
土佐日記の記憶がおありのようですね
徒然草とともに古文の先生の教え方が上手なのかよく覚えています
ショーとサーブは必須ですね
ロングばかりだとやはり後ろの構えられてプレッシャーを与えられません
ショートに挑戦しましょう


<< 小学生のレベルの脳トレクイズ      換気扇のフィルターを交換しました >>