スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 15日

動物王国撮影会レポ最終回

e0022047_20235792.jpg


e0022047_20243220.jpg


動物王国の最終回は天井付近にいる動物
これは下の2点と違って背景が明るく
プラスのハイキーにしないと背景の梁などが煩わしい
初回のワオキツネザルとハシビロコウ
こちらは背景の関係でマイナスのローキーで撮影


これで主なる撮影の選別されたものはアップし終わりました
今回の撮影会で中でも私が気に入った会心の作は
下の2点の作品が大変満足のいく作品でした

e0022047_22492483.jpg


e0022047_22494350.jpg

動物王国シリーズでトップにアップしましたが
矢張り心の中で一番の会心作と言う思いがありました
最初に記事にした通り
今回は今までと違った狙いで挑みました
飛びもんや流し撮りはいつものやり方
今回は動きもんではなく光のコントロールに重点を置きました

ペリカンフライトを撮るためにペリカンラグーンに行くと
半屋外に直射日光が当たっていて
即座にイメージが出来上がりました
露出補正をマイナスにして
背景処理で背景を黒く落とす

人間の目は優秀なのでこんなに黒い部分は見当たりません
しかし私の目にはこの画像が浮かんでいて
逆光から写す方向で狙うポイントを探しました
逆光から狙うと背景にある建物は陽の当たらない影の部分です
そこに被写体を持ってきて被写体に陽が当たっていれば
マイナス補正すれば背景は黒くなるはず

e0022047_20333124.jpg
photo by Hirosi


見つけたポイントは木の枝の下から狙う苦しい位置
ロープの杭に肘を付けて固定していますが
誰も居ない所でしたら腹ばいになって写したい
然し細い回廊の道なのでそこは我慢

後は被写体の表情を狙うだけ
ワオキツネザルは2頭別々に良く顔を動かす
丁度そろったところをゲット
何枚も捨て打ちのショットは撮っています

ハシビロコウも同じ条件で
こちらを向いたところをゲット
特に何の変哲もないショットのように見えますが
私にとってはイメージ作りから場所選び
被写体の表情狙いから画像処理の仕上げまで
思い通りに仕上がって大変満足でした

暗い背景の前でラインライトがくっきりと
周りの反射の光の周り加減も思い通りの程度
動物園写真でもその動物の特性を生かせた
作品だと自分では思っています











[PR]

by captain_spoc | 2017-02-15 20:57 | スナップ | Comments(0)


<< 写真展・ランチ・音響珈琲 てん...      ペリカンフライトは飛びもん練習... >>