スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 09日

72年前の今日私は長崎に居ました

e0022047_22490998.jpg
72年前の今日私は長崎の自宅に居ました
もしかしたら私はここで亡くなっていても不思議ではありません
運命のいたずらか私は壁一枚のおかげで助かりました
壁の陰か外にいたかで生と死が分かれたかもしれません
その日から私は目に見えない力で生かされて来た気がします
72年間余分の人生を授かりました

壁の内側に居ても爆発の瞬間の爆風が
我が家を襲いその風圧の力で
窓ガラスを突き破り家の中に侵入し
逃げ場のない爆風はそのまま屋根を吹き飛ばしてしまいました
家の中にいた人間もタンスなどの家具も
ゴロゴロに飛ばされたそうです
その飛び散った窓ガラスが家の中にいた
祖母と私の身体にハリネズミの様に突き刺さりました

父は戦地に出征していて
母は百貨店の地下の食堂で働いてたので
被害を免れましたが
家に残した私と祖母が気になり
焼野原と化した市内を必死で歩いて帰って来たそうです
そして私の身体に無数に突き刺さったガラス片を
一つずつ抜いてくれたそうです

3歳の誕生日が来てすぐの夏の事でした
私の記憶は有りませんが
母や祖母の話が私の記憶とごっちゃになっています
1発の原爆で街ごと消滅させるような何万人も焼き殺すような
そんな兵器は人類に必要ありません

即死者3万5千人
その年の年末までに死亡した人が4万人
即死も辛いがじわじわ死ぬのももっと辛い
あまりにもむごいことです
2度と起こしてはならない人類の過ちです


[PR]

by captain_spoc | 2017-08-09 23:37 | 日常 | Comments(2)
Commented by hanarenge at 2017-08-10 06:31
私の亡き叔父は、8月6日後の広島に従軍していた軍の命令で、入ったと聞きました

その時の光景を叔父は何回も話してくれました

艦長さんの記事を拝読しながら叔父の話も思いました

深く深く心に残ります

ありがとうございます
Commented by captain_spoc at 2017-08-10 22:33
> hanarengeさん
今テレビで色々放送していますが
沢山の方が被害を受けています
語り継げて行けたら良いなあと思っています
風化させてはなりません
名前
URL
削除用パスワード


<< 夏の青空が似合うひまわりの花      世界遺産屋久島の旅を計画中 >>