スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 14日

弥生梅花鳥合わせ

ツグミ
e0022047_21181398.jpg

ヒヨドリ
e0022047_21184535.jpg

モズ
e0022047_21193828.jpg

いつも見慣れた鳥たちだが
梅ノ木と花を背景にすれば
又新鮮である

メジロ以外にも多数の鳥が集まる
メジロ、ヒヨ以外は蜜を吸うわけではなく
たまたま止まったことだろうが
矢張り晴れ姿である

****今日の天星人語****

命の尊さ

今「おくりびと」なる映画が評判である
もちろんアカデミー賞を受賞した映画だ
納棺師と言う特殊な職業の映画だが
生命をテーマにした映画だ

私が生き物の生命に目覚めたのは
小学生の低学年のときだ
夏になるとセミやトンボを捕まえて
虫かごに入れて楽しんでいた
ある日その虫かごに入れていた
セミが死んで動かなくなった

その時に電気に打たれたように
生命の尊さが私の心に目覚めた

何のために虫を籠に入れていたのだろう
籠に入れていたために
虫は無為に死んでしまったのだ
可哀想なことをしたものだ
虫の将来を奪ってしまった
・・・という考えが心に残った

それ以来昆虫を採集して
虫籠で飼育するのはやめた

今までにペットや身内をあの世へ送ったことが何回かある
矢張り哀しい物である
そこで別れが辛いから
ペットを飼うことはしないと言う人が居る
これは有る意味生命の尊さを穿き違えていると思う
死はすべての生き物につき物である

ペットの寿命は短いので
多分先に死んでしまうだろう
ならばその短い期間に
たくさんの愛をペットに注いであげて
彼らからたくさんの癒しを貰う
それこそがそのペットの寿命を全うした死になる

先に死なれるのが可哀想だからと言うのは
言い訳で本当に飼いたいとは
思っていないのではないかと思います
先に死なれるのが可哀想なら
両親の死には立ち会わないのだろうか

生命の尊さについて
思っていることを書きました
ご意見が御ありでしたら
是非お聞かせください

[PR]

by captain_spoc | 2009-03-14 21:59 | 野鳥 | Comments(5)
Commented by kaznoda at 2009-03-15 00:57
今日は母の今後の治療とかの対応、打ち合わせで施設の人と会っていました
今まで漠然としか(死)の考えを持っていませんでしたからとても重い問題でした
命が永遠では無いことは頭では判っていても考えたくないから考えなかったのでしょうか・・・
私は今まで身近で(死)と隣りあわせの人を見ていないのです
急にどうこうという状態では無いのですが脳梗塞の症状が少しづつ
進んでいる母を見ているとこの頃(母の歴史)を凄く思い起こします
今までの生き方をあれやこれやと思い出していると1人の人間に対する敬意が生まれてくるような気がしました(親不幸娘は今まであまりそんな感情を持ちあわせていなかったもので・・)
寄り添って記憶を深く持って・・・先に逝く人にはそうしたいと思っています
一つ確かなことは残された者の悲しみと寂しさでしょうね
それには逝く人を出来るだけ良い方法状況で身送ることでしょうか
Commented by kaznoda at 2009-03-15 01:06
ペットのことも入れたら字数が多いと拒否されてしまいました・・・
で、新しいページになりました
昨年に我が家のペットを見送ることがありました
死を迎えることがわかっている猫を5日間側で見ていました
奇跡が起こらないかと・・願いましたが駄目でした
あんなつらい経験は初めてのような気がしました
しばらくは新しい生き物を飼う気持ちにはなりませんが
楽しさと癒しは多くもらったと感謝していました
・・・・何か身近なことばかり述べてしまいました
Commented by スポック艦長  at 2009-03-15 11:08 x
☆kaznodaさんおはよう御座います
簡単にコメントできるようなテーマではないのに
真剣に応えていただいてありがとう御座います
こんな小さな欄では思いのすべてを述べられないと思いますが
お気持ちは良く伝わりました

私の場合母の死に際し子供たち4人でいつも相談しておりました
最後は長男の私にゆだねられましたが
基本は痴呆になったとはいえ母の尊厳は守ろうと言う
その一点でした

ペットでも人間でも元気な時は何も考えず
付き合っているのですが
衰えてくると哀しくて目を背けてしまいたくなります
でも命は元気なときと衰えたときがセットになって
切り離しが出来ないと考えねばならないと思います
衰えた時に接する態度がその相手に対する
愛情だと思いますし
相手に対する思いやりが表れると思います
母上様に対する敬意とペットに対する末期の
思いやりこそkaznodaさんの優しさが表れているように思えました
是非母上様のことお大事なさってください
Commented by てつ at 2009-03-15 21:30 x
「おくりびと」…昨年の秋の公開と同時に見て考えさせられました。
その時はまさか、アカデミー賞を取るとは思いもしませんでした。
タイトルの英訳「Departures」も非常にしっくりと来ました。
外国の方にも日本人の尊厳をもって死者を送るという
感覚と死生観が伝わったのかなぁ。

艦長の写真にはいつも生き物に対しての「愛」があふれていますね。

トップの紅梅で前ボケしているツグミの写真スバラシイです!
Commented by captain_spoc at 2009-03-15 22:34
☆てつさんこんばんは^^
ご覧になったのですか「おくりびと」・・
アカデミーの部門分けで外国語映画部門ですね
これって英語圏(英国、豪州、カナダ等)は含まれないそうで
変な分類だと思いませんか
米国以外の外国映画部門なら判るのですが・・

なんにしろお目出度いことですからけちは付けますまい^^

トップのつぐみがお気に入り・・・ありがとう御座います


<< 春は黄砂と共に      梅にウグイス? >>