2009年 04月 02日

雉初撮り

e0022047_227638.jpg

e0022047_2275287.jpg

e0022047_2282233.jpg

雉は何回もカメラを構えた前を
横切って行ったがまだカメラに収めたことは無かった
今回もケーンと鳴く声は聞こえた
身を潜めて待ったがどうしても葦の間から出てこない
そこで苦肉の策でS-AF+MFにして
最後はマニュアルで撮影した
これが精一杯の出来です(^^ゞ

****今日の天星人語****

雉は昔話の桃太郎に出てくる
桃太郎のお供をして鬼退治に出かけた
お供は他に猿と犬である
これっておかしくないですか・・・???

猿と犬と鳥をお供にして出かけたなら判る
しかし鳥だけはなぜに固有種の雉となったのか
犬も土佐犬、紀州犬と種類はたくさんいる
猿もニホンザルからワオオナガザル、メガネザルなどなど

なぜ鳥だけが雉で後は猿と犬と言う具合に
一からげにしたのだろう
桃太郎は雉と紀州犬とメガネザルをお供にして
鬼退治に出かけましたと直しましょう

スンマセン・・・屁理屈好きのスポックの意見でした^^

[PR]

by captain_spoc | 2009-04-02 22:20 | 野鳥 | Comments(9)
Commented by jh3rdg at 2009-04-02 23:58
いつも 文句を言うみたいで申し訳ないですが・・・
昔々ある所に・・で始まる昔話で農家が大半の庶民には、土佐犬、柴犬、紀州犬等、武士、公家の世界ならいざ知らず、その認識は無いでしょう 昔話の世界では ニホンザルしかいなかったと思いますよ 鳥は昔々より、カラス、雀、鶏、はよく認知されていたでしょう 当時は雉も多かったのでは・・その中で強そうな雉が選ばれたのでしょう
桃太郎は
犬と猿と雉をお伴にしたのでした・・・(*^_^*)
Commented by jh3rdg at 2009-04-03 00:59
最近どこかで雉の♀を見かけた気がします 夢かも知れません 最近鳥づいているもんで・・・
それにしても綺麗ですね 雉もさることながら
エナガ、ジョービタキですか 最高ですね いつかこんなのを撮って見たいです
Commented by shkphappy at 2009-04-03 07:21 x
一昨日 夫も雉を見たようです
車の運転の私は見ることができませんでした 残念!

「雉」の検索でtsugumiさんのブログに行きつき
昔からの知り合いということが分かった次第

そしてスポック艦長のブログとお人柄の一端を
知るに至った次第 今後ともどうぞよろしく!!
Commented by Seth at 2009-04-03 08:50 x
以前聞いた話では、昔話は色々なものを置き換えていて、
桃太郎で言うと、猿は知恵、犬は忠誠心、雉は勇気だったかナ~
つまり、知恵のある家来と忠誠心のある家来、勇気のある家来を連れて鬼を退治しに行ったって事になるそうな^^
Commented by captain_spoc at 2009-04-03 23:37
☆jh3rdgさんこんばんは^^
確かに猿は当時はニホンザルですから猿でいいでしょう
犬は闘犬、猟犬でかなり庶民にも馴染みがあったのでは・・
↓のSethさんも雉は勇気の象徴と・・・

元々受け狙いの暴論でした(^^ゞ
エナガ、ジョウビタキ・・・高速シャッターですから
これくらいは直ぐ撮れる様になりますよ
兎にも角にも豚の角煮も、数撮らなくては・・・
Commented by captain_spoc at 2009-04-03 23:39
☆shkphappyさんこんばんは^^
そうだったんですか
つぐさんの雉の記事から・・親父ギャグ(^^ゞ
こちらこそ今後とも宜しくお願いいたします
Commented by captain_spoc at 2009-04-03 23:42
☆Sethさんこんばんは^^
>猿は知恵、犬は忠誠心、雉は勇気・・

オーとても説得力有る反論ですね
これこそ一番有りそうな話^^
私の論は屁理屈の暴論でした(^^ゞ
Commented by tugumi2006 at 2009-04-07 21:20
雉の初撮りおめでとうございます
ケーン・ケーンの声が聞こえ始めましたね。
何か呼ばれたような気がして来ました。
人様のコメントは 余り読まないので、今頃になって気付きました。遅くなって申し訳ありませんでした
Commented by captain_spoc at 2009-04-07 22:58
☆つぐさんこんばんは^^
なかなか写せるタイミングで表れてくれず
今回はとうとうマニュアルフォーカスで
枝被りですけどアップいたしました
何とか雉と判る写真かと思います(^^ゞ


<< カタクリ満開      ゴチャゴチャな我が街 >>