スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:トンボ飛翔special( 45 )


2014年 08月 18日

コシアキトンボの譲れないテリトリー争い

e0022047_23311117.jpg
水辺の岸にそって往復を繰り返しながら
縄張りを主張しているコシアキの♂
そこへ別の♂が入り込むと
激しい争いになる
気性の激しいトンボだ
その2頭の♂の争いの瞬間だ

その縄張りに♀が紛れ込むと
数秒の交尾の後産卵に入る
そのとき♂は産卵中の上空を警戒しながら飛んで
見守っている

しかしここにも別の♂が♀を横取りしようと
紛れ込むと上空で見守っていたオスが
執拗に追い払い♀を守る
なかなかに自然界で子孫を残すのは
大変な力仕事だ
弱いものは子孫も残せない

[PR]

by captain_spoc | 2014-08-18 23:39 | トンボ飛翔special | Comments(0)
2014年 07月 15日

写りたがりのギンヤンマも居てるんや

e0022047_21580496.jpg
昨日の日本庭園蓮池でギンヤンマが居た
早速反応して撮影を試みたが良く飛び回る
じーっと観察したがこれは無理と判断
ギンヤンマは諦めてハスの撮影に没頭

しかし休憩所を挟んで反対側に居た個体
何回も静止ホバリングをしてくれる
いかにも撮ってくれとアピールしている様に・・・
ここでバリバリ連写をかます
写友にもこの個体は撮り易いでと声をかける

隣でハスを撮りに来たおじさん
ギンヤンマを追いかけているのを見てニヤリ
「ピンが来まへんやろ」と言う
そこで飛翔の設定の定番
連写・Sモードでss4桁縛り
フォーカスはC-AF又はAiサーボ
isoはオート又は高iso
を教えるとおじさんも撮り出した

「こんなんどうですか」とそのおじさん
綺麗に撮れたギンヤンマを見せてくれた
当然初めて成功したらしいので
嬉しそうな笑顔
私のポートフォリオのスマホのギンヤンマを見せると
驚いて「昆虫を専門に狙っているのですか?」と問われる
昆虫や鳥の飛んでる所ばかりを狙っていると言えば
驚いた顔をしていた

同行の写友も綺麗に撮れたギンヤンマを
ブログにアップしていた
初めて撮れたと言っていた
俺なんか半年掛かってボツばっかり作って
何万枚も費やしてもなかなかええのを撮れないのに
この二人はトライ初日でトンボ撮りに成功やて

確かにこの個体は写りたがり屋さんのようだ
こんな個体に出会うのはラッキーと言う他ない
運も実力のうちだ

[PR]

by captain_spoc | 2014-07-15 22:17 | トンボ飛翔special | Comments(2)
2013年 08月 30日

大物釣りには外道はつき物

e0022047_2321823.jpg

釣りをやっているときは釣れれば何でも良かった
チヌ狙いでガシラが釣れても嬉しかった
世間では外道と呼ぶが外道もまた良しである

ギンヤンマを狙っていたら
テリトリーがぶつかる赤とんぼと良く争っていた
折角だからこの赤とんぼも狙ってみた
小さい上に素早いのでなかなか上手く行かない

勿論赤とんぼは赤いトンボの総称
赤いトンボも数種類居るが
これは判別の胸の線が良くわからない
多分ナツアカネだと思うのだが・・・

飛んでいるもの動いているものやったら何でもエエねん

[PR]

by captain_spoc | 2013-08-30 23:34 | トンボ飛翔special | Comments(2)
2013年 08月 28日

1年に1度の自己満足の日は今日でした

e0022047_2325342.jpg

e0022047_23253038.jpg

e0022047_23255155.jpg

午後から時間が空いたので何をしようか
プールに行くか写真を撮りに行くか
こんな天気のいい日は写真やで
パソコン作業は夜でも出来るし
プールは雨の日でも行ける
其れも夏でないと撮れない昆虫かな

狙いは今年あまりいい出会いが無いギンヤンマか
盆も過ぎた頃だしハンミョウか
先日の豪雨の後なのでギンヤンマから試してみよう
それが駄目ならハンミョウに走ろうと2段構え

先ずギンヤンマポイントに走ると
案の定あちこちに水がたまっている
車をゆっくり走らすと居る居るギンヤンマ
シャッターきりまくりの夢中に過ごした2時間ほど

トップの写真は現地でも確認して興奮した
トリミング無しでこの近さ
ドンピシャのフォーカスは等倍拡大してもクリア
3枚目が等倍切り出しした画像

別にコンテストに入らなくても
見る人がそれがどうしたと相手にしてくれなくても
自分で自分を褒めたいくらいのショット
1年に一度位しか味わえないエクスタシー

フォーカスがドンピシャ過ぎて被写界深度が浅いのが難点だが
こんな日も有ってもいいだろう
王者の風格を持ったギンヤンマと
半日遊んだ記念すべき日でした

[PR]

by captain_spoc | 2013-08-28 23:43 | トンボ飛翔special | Comments(21)
2013年 08月 09日

チョウトンボはラメ入りドレスを着た貴婦人

e0022047_23384194.jpg

e0022047_233929.jpg

伊丹市緑ヶ丘公園の昼下がり
カワセミ狙いのおっちゃんが数人
バズーカ並べてたむろしてる
こっちはトンボ狙いで横を素通り

チョウトンボがテリトリーを廻っていた
様子を見ていると上がオスで下がメスとチャウかな?
とにかく綺麗なトンボだが気性は激しい
テリトリーに侵入するオスを見ると
激しく追い払う

上手くメスと交尾してメスが卵を産み付けているとき
オスは上空で見守っている
とそこへ別のオスが乱入すると3頭で卍巴の追いかけあい
見ていて飽きないトンボだ

[PR]

by captain_spoc | 2013-08-09 23:49 | トンボ飛翔special | Comments(6)
2013年 06月 29日

今日のショットはトリミング無しで撮れました

e0022047_21143914.jpg

e0022047_21155373.jpg
e0022047_21152560.jpg

今日のショットはトリミング無しのショットばかりと
大口を叩きましたが理由があります
このコシアキトンボは何時もテリトリーを巡回して
何時も飛び回っていますのでとても撮影しにくいです

しかし今日のコシアキトンボは腰の色が
ご覧のように一寸黄色味を帯びています
これはコシアキのメスです
メスはオスと違い条件のいいところでは産卵をします
メスが飛んできたら複数のオスが群がって
争奪戦を行います

テリトリー意識が強いので
かなり激しいバトルをします
そんなオスが群がってメスからはなれたときに
メスは水面に産卵をします

そのときが一番撮影しやすいです
水面近くでホバリングしながら
尻尾の先を水面へ何回も産卵のために沈めます
その辺りにカメラを向けてバリバリ連写をかませると
かなりの確率で撮影できます

だから本日のコシアキトンボメスのショットは
横のトリミングはなく
アスペクト比を3/4から2/3に近づける
上下のカットだけに留めております
折角オリンパスのフォーサーズを使っていながら
好みは2/3が好きなのでよく上下のトリミングを行います

最後のショットは葉っぱが被って
一寸煩わしいですが
C-AFの連写で葉っぱにピンが引っ張られずに撮れたので
何か難しいショットを可能にしたようなうれしさがありアップいたしました

[PR]

by captain_spoc | 2013-06-29 21:33 | トンボ飛翔special | Comments(4)
2013年 06月 17日

トンボの産卵シーンとコシアキトンボの飛翔

e0022047_22213929.jpg

e0022047_2222865.jpg

e0022047_22222190.jpg

伊丹市緑ヶ丘公園です
ここはコシアキトンボとチョウトンボのポイントです
チョウトンボは未だ数が少なかったです

コシアキトンボは飛翔の写真が難しいです
スピードが速く止まることなくいつも巡回しています
トップの写真はシオカラが産卵しているシーンです
空中にホバリングしながら
尾の先端を水の中へつけて
卵を産み落とします

腰の辺りが白いのがコシアキトンボです
腰が白く空くからコシアキと名づけられました
トンボの飛翔の写真はとても確率が低いです
的が小さいだけにピントが背景に引っ張られます
500枚撮って2~3枚良いのがあれば大成功です

テレビゲームのシューティングゲームをしているような楽しさです

[PR]

by captain_spoc | 2013-06-17 22:34 | トンボ飛翔special | Comments(2)
2013年 06月 11日

今年初撮りのギンヤンマ

e0022047_23135040.jpg

今年初めてギンヤンマと遭遇
距離は遠かったが初撮りに成功
万博記念公園の蓮池だ

私のギンヤンマポイントはどうも潰されたようだ
毎年近距離から撮影できて
沢山のギンヤンマが飛んでいた
ところが去年から開発されて
駐車場を作ってしまった

今頃は沢山のギンヤンマがテリトリーを作って
飛び回る頃なのに
今年は全然羽化していない
多分望み薄だろう
残念なことだ

万博の菖蒲池に行った時に
ギンヤンマに遭遇してどきどきした
都会では自然は益々少なくなって
ネイチャー写真は撮りにくくなった
ネーチャン写真に方向転換しようかな

[PR]

by captain_spoc | 2013-06-11 23:21 | トンボ飛翔special | Comments(6)
2013年 06月 05日

今日の目的はトンボ撮り

e0022047_23265346.jpg

e0022047_23282915.jpg

e0022047_23291424.jpg

e0022047_23295318.jpg

先日は万博公園で
お花を撮っている時に
オチョクリに出てきたトンボ
思わず花撮影モードで撮ってしまった
ホント思わず反応してしまったと言うべきか

設定がお花モードだったので
まともなトンボの姿が撮れず腹の虫が収まらない
今日は風も吹いて天気も良く
見事なトンボ撮影日和

ギンヤンマを求めてポイントへ行くが
大きく開発されて駐車場が増えてしまって
木や雑草が刈られてしまっていた
目指すギンヤンマ激減してほとんど見なかった
シオカラが居たので撮影

今回はトンボ撮影モードだったので
掃いて捨てるほどクリアな写真が撮れた
撮れたら撮れたでどれを選ぶか迷う

逆光の羽の光り具合や
クリアさで4点に絞ってアップ
どれもトリミングは無し
アスペクト比を考えて上下だけはトリミングしています

オスのシオカラはあまり飛び回らない
止まっているのを撮影してもオモロないので
結局薬局放送局でメスばかりになってしまった
オスとメスがこんなに色が違うのも珍しい
色味からメスはムギワラトンボといわれている

[PR]

by captain_spoc | 2013-06-05 23:39 | トンボ飛翔special | Comments(4)
2013年 05月 30日

突然の出会いですが心の準備が要るのです

e0022047_22392789.jpg

それは突然の出来事でした
例のルピナスやポピーを撮影した
万博公園のお花畑で
スーッと貴方は近づいてきました

動きモン特に飛びモンとなると
スポックの本能が反応してしまいました
でも現れるなら現れると前もって言って下さいよ
心の準備が要るんです
否設定の準備が要るんです

こちらはのんびりと花を愛でて
どの花を選ぼうか背景はどうしようかと
色々試し撮りをしていたのです

即ちAモードの絞り優先
絞りは中間絞りのf9.0のiso200
だからシャッタースピードは1/160sec
連写ではなく単写モード
フォーカスはS-AFのお花撮影モード

こんなもんで飛ぶトンボなんか撮れませんよ
それでも設定換えなんかする時間もないので
そのまんま都度ピンを半押ししながら
撮り捲りました

因みにトンボ撮影のときは
Sモードのシャッター速度優先
ss1/1000以上の4桁縛り
フォーカスはC-AFかマニュアルモード
連写で連続撮影をします
isoはautoでカメラ任せ

シャッター速度が遅いので
しゃきっとした写真が撮れず
羽もぶれて失敗作
シーズンに入ったばかりなので
これからチャンスは沢山あると思います
今度はトンボモードで狙ってみます

[PR]

by captain_spoc | 2013-05-30 23:45 | トンボ飛翔special | Comments(4)