カテゴリ:トンボ飛翔special( 44 )


2012年 07月 18日

サングラスのジッチャマ

e0022047_11242937.jpg

シオヤアブのメスです
このアブは餌の昆虫を捕まえると
口吻で餌の体液を吸います
アブは総じて獰猛です


e0022047_1345132.jpg

ショウジョウトンボ(未成熟)だろうか
いずれも万博公園です

[PR]

by captain_spoc | 2012-07-18 00:30 | トンボ飛翔special | Comments(0)
2012年 07月 16日

イメージ通りの写真が撮れた悦び

e0022047_23142499.jpg

e0022047_23563383.jpg

e0022047_2319342.jpg

チョウトンボです
太陽の光を受けてメタリックな綺麗な輝きで
見るものを魅了いたします

今までもチョウトンボの飛翔は撮影していますが
今回のように綺麗な輝きの個体を撮影したのは初めてで
とても嬉しいです
それと連結飛翔の撮影に成功したのも今回が初めてです

飛翔の撮影には大変な数のショットを撮ります
被写体が小さいのでフォーカスを捕捉するのがとても困難なためです
だから捨て撃ちも含めて多数のシャッターを切ります
連写している間にファインダー内のフォーカスが一瞬合う瞬間があります
そのときは綺麗にフォーカスのあったショットが撮れたときで
その瞬間成功がわかります

中にはファイだーに捕捉しているのにフォーカスが合わず
ボーっとした映像ばかりがファインダーに見えるときがあります
このときは全てボツで失敗です
ファインダーで見て居るときから綺麗な色が見えるときは
成功の証で出来上がり画像が想像できて心躍ります

トンボの飛翔を成功させるためには習性を見る必要が有ります
闇雲に追いかけてもとても成功するものではありません
今回はこの個体が撮影地の岸近くで
テリトリーを持って巡回するのがわかり
気象条件が風の強い日で
風上に上るときに一瞬ホバするときがありました

その個体を見つけたとき
成功を確信して一緒に行っていた写友も呼んで
並んで連写をかまし続けました

今日は連結飛翔も成功しましたが
このケースは何回もシャッターチャンスが無いため
とても緊張いたしました
そしてこのトンボは連結時間が短くてすぐ連結を解きます
だから連結を撮影できたことはとても嬉しいです

[PR]

by captain_spoc | 2012-07-16 00:30 | トンボ飛翔special | Comments(2)
2012年 05月 30日

シオカラトンボ

e0022047_22345765.jpg

e0022047_22352635.jpg

e0022047_22355587.jpg

季節の移り変わりとともに
トンボの勢力図も変って来る
最近はハラビロトンボにこのシオカラトンボが
沢山羽化してきた

蝶もマイポイントでは変化が起きている
ベニシジミやツバメシジミなどのシジミ類は姿を消して
コミスジやイチモンジチョウなどが出てきた

このシオカラトンボは尼崎海釣り公園での撮影
シオカラの飛翔をこんなにはっきりと写せたのは初めてです
ムギワラは経験があります

トンボの飛翔はE-510ではかなり無理があります
やはりE-3で撮影するほうが簡単です
E-510ではフォーカスポイントが3点で
連写機能が秒3コマでとろいです
受賞作品のギンヤンマはE-3だからこそ撮れたものと思います

[PR]

by captain_spoc | 2012-05-30 00:30 | トンボ飛翔special | Comments(2)
2012年 05月 20日

ギンヤンマ

e0022047_235278.jpg

e0022047_235252.jpg

e0022047_236478.jpg

ギンヤンマが羽化しだしました
私のギンヤンマ・ポイントでたくさん飛んでいます
トップの写真はトリミングしましたが
2枚目の写真はトリミング無しです
車で近づくと結構寄ってくれます
これは鳥でも一緒です

やはり人間の格好が警戒されるようです
車を止めて中からドアを半ドアにして
カメラを窓から突き出して撮影です

3枚目のショットは交尾ですが
前がオスで後ろがメスです
盛んに水面に卵を産み付けていました
あの綺麗な青色はオスだけが着けています
なぜに自然界ではオスは綺麗に彩られているのでしょう
結局薬局・・・メスの気を引くためでしょうね

ここのギンヤンマはサービス精神旺盛で
誰でもこれくらい撮れるようにポーズしてくれます
綺麗に撮ってくださいねと言わんばかりに・・・・

[PR]

by captain_spoc | 2012-05-20 00:30 | トンボ飛翔special | Comments(6)
2011年 11月 05日

ナツアカネ

e0022047_22585332.jpg

e0022047_22591434.jpg

e0022047_225938100.jpg


今ヨーロッパを中心に金融危機が騒々しい
ギリシャが発端になってのこの騒動
対岸の火事とばかりに言っていられない
日本だって何時ギリシャの立場にならないとも限らない

今の日本の借金は幾ら有るのだろう
このサイトを見るとリアルタイムで金額が見ることが出来る
恐ろしくなってくる
予算が足りない時に国債を発行して国民から借金をする
国債に頼らないと予算が組めないと言うことは
収入より支出が多いと言うこと

今日のニュースで消費税を増税すると言うことが載っていた
私は子や孫の代に借金を先送りするより
今私たちの代で負担してあげたい
消費税増税は已む無しと思う

勿論無駄は極力省くことは必須条件だ
事業仕分け作業が国民に新鮮な驚きを与えたが
あの効果も僅かな額でしかない
それすらも今までは野放しであったことを考えれば一歩前進である

しかし増税を選挙公約に打ち出せば選挙に負ける
だから借金して問題を先送りにする
この事実が一寸考えが足りないように思う
今国民は道路から施設の建設や教育・原発事故の処理など国は沢山の税金を使っている
その負担分を十分に払っていなかったわけだ
そしてその付けを子や孫の代に負担させようとしている

日本がギリシャのようになって
初めて気が付くようでは遅すぎる
早期発見早期治療が賢明な策と思います

[PR]

by captain_spoc | 2011-11-05 00:05 | トンボ飛翔special | Comments(2)
2011年 10月 29日

夕焼け小焼けの赤トンボ

e0022047_22141635.jpg

e0022047_22143829.jpg


ニャロメ8.1号ver2.0のテスト撮影に
宝塚のマイポイントに出かけた
鳥には出会わなかったが
蝶やトンボが去り行く夏を惜しむかのように
数少ないが寂しげに飛んでいた

2枚目の写真表示がトンボの尻尾が切れている
拡大クリックすると全部見られるのに
勝手に縮小をしているようだ
困るなあちゃんと縮小して欲しいのに

スキンの所為でした
スキンを元に戻しました

[PR]

by captain_spoc | 2011-10-29 22:21 | トンボ飛翔special | Comments(0)
2011年 08月 09日

コシアキトンボ

e0022047_0543280.jpg


薄い羽衣のような羽を震わせて
コシアキトンボが飛んでいます
トンボは夏しか撮影できません
花火と一緒であと何年飛んでいるトンボを撮ることができるでしょう
だったら撮れる内に色々撮っておこう




****写真展****


尼崎総合文化センターで林忠彦の写真展がやっていたので見に行った



国立国際美術館では森山大道の写真展が開催されていてこれも見に行った
どちらの写真展もモノクロのスナップが心に響いた
直ぐ影響されるのだが
私も真似したくなった

モノクロの良さは色が無いこと・・・
当たり前やんと言うけれどこれが大切
小説も映画で見たら本を読んだより感動が少ないと言う方が多い
すべてを具体的にあらわすと人間の思考の範囲を制限する

花や鳥や風景は色が大切だが
スナップには色は有っても無くても
と言うよりか無いほうが訴える力があるような気がする
見るほうの想像を大きくして色の無い分
主題を引き立てるのだろうか

プロの真似だがその昔はモノクロフィルムで
スナップをやって居た私には
何の違和感も無い
又昔を思い出しながら挑戦してみよう

[PR]

by captain_spoc | 2011-08-09 23:06 | トンボ飛翔special | Comments(4)
2011年 08月 02日

ギンヤンマ(リベンジ編)

e0022047_23422454.jpg


先日アップしたギンヤンマが
シャープに撮れていないので
メチャメチャ腹が立って
リベンジの積りで又撮りに来てしまいました

ギンヤンマの写真は去年入選しましたので
もう成し遂げたような気になって
気が入っていませんでした
その所為か撮れた写真を見てガックリ
そんな写真をアップしてとても恥ずかしいです

去年のあの作品はまぐれだったのか
・・・と言われても仕方ないです
ネイチャーフォトグラファーのプライドが許しません(どんな・・・?)
ただギンヤンマを撮ったけどそれが何なの?
と言う作品ですがヤッパリあのままでは恥ずかしい

高速シャッターでスタビライザーをONにしているのに
あんな程度のシャープさ
言い訳をさせて頂くならばフォーカスがマニュアル
コシアキトンボでもマニュアルだったので
ギンヤンマなら簡単と高をくくっていました

スマートフォンを使ううちに目が悪くなっているようです
ピンが来ているのか外れているのか解かりにくいです
昔は何時もマニュアルでピンをあわせていました
フォーカスリングの廻し具合やファインダーの表示も
昔のほうが合わせ易かったです

ならばオートでフォーカスを合わせてみようと
今日はC-AFでトライしました
もう駄目です・・オートフォーカスに負けます
マニュアル操作では引けを取らないと自負していましたが
やっぱオートの時代です

このショットトリミング無しです
(あの入選作品もノートリでした)
リサイズで1200pixにしています
これならちょっとはシャープに撮れましたので
皆様にも見ていただけるのではと思います
微妙な差なんですけど
違いまんねん

[PR]

by captain_spoc | 2011-08-02 00:09 | トンボ飛翔special | Comments(6)
2011年 07月 30日

ギンヤンマ

e0022047_094750.jpg

e0022047_0101820.jpg


先日のアップしたコシアキトンボが
上手く撮影できたので
去年入選したヤンマも試してみようとヤンマポイントに出かけた

今年は背景色も考えてトライしてみたが
去年ほどクリアに写せない
普段からトレーニングしていないと
腕は落ちる

去年は来る日も来る日もトンボばかり撮りに行った
置きピン、C-AF、マニュアル色々試した
あの時は確実に腕が上がっていくのが解かった
夢中だった

今年はポット出かけてお手軽で撮影してみた
やはりクリアに撮れない
でももうヤンマはエエという感じ
入選までしてしまうと意欲が落ちる
何か又新しい被写体を見つけたい

[PR]

by captain_spoc | 2011-07-30 01:04 | トンボ飛翔special | Comments(4)
2011年 07月 27日

コシアキトンボ

e0022047_0492716.jpg

e0022047_0495816.jpg

e0022047_0505157.jpg


コシアキトンボです
こいつははしっこくてなかなか飛翔のショットを撮らせてくれません
何回もトライしていたのですが
今日はじめて一寸ましなのが撮れました

トンボは止まっている餌は捕りません
空中で飛んでいる小さな虫を
追いかけて捕ります

止まって待ちながら目の前を飛んでくる虫を飛び立って捕るタイプと
このコシアキのように何時も飛びながら
急旋回で虫を追いかけて捕るタイプ
ギンヤンマも何時も飛び回っているタイプです

止まって待つタイプですと
置きピンと言ってピントを固定して
飛び立ち又戻ってくる瞬間を狙えます

しかしこの何時も飛び回って餌を探すトンボは
置きピン方式が使えませんので
マニュアルで被写体を追いかけフォーカスリングを廻さなければなりません
作業が多い分面倒で難しいです

でも難しければなおさら意欲が湧きます
ボツばっかり作っていますが
たまにシャープな画像があると
オーッと声が出るほど嬉しいです

[PR]

by captain_spoc | 2011-07-27 23:31 | トンボ飛翔special | Comments(7)