カテゴリ:ネコ( 36 )


2014年 09月 23日

今度はカスミ弟が予防注射

e0022047_14462003.jpg
今度はカスミの番です
ワクチンの予防注射に連れて行きました
家の中ではカミサンに噛み付いたり引っかいたり
姉さんのシグレにちょっかい出したり
兎に角ゴンタクレのカスミです

獣医さんに連れて行くのに
ケージに入れた途端に
ナーオナーオと哀れな声で鳴きます
獣医に連れて行かれるのを予感しているようです

先生もケージに入れたまま
注射をしました
でもカスミはじっとしたまま動けません
暴れまくるのかと心配しましたが
内弁慶の性格で外では借りてきた猫です(笑

[PR]

by captain_spoc | 2014-09-23 14:54 | ネコ | Comments(0)
2014年 09月 19日

鬼のごとき悪行三昧 桃太郎は怒ったど~

e0022047_22022582.jpg
e0022047_22024191.jpg
足の痛さを押して
気になる伊丹の仔猫のところへ
様子見に出かけた
カミサンがあの仔猫だったら
缶詰が良いだろうからと
家のシグレに買ってあるのを持っていってあげて
と頼まれていた

ところが餌やりおばさんが曇った顔をして
「ご主人・・・もう1匹居ててん」
と言って2匹をつれてきた

同じ黒猫で目は金じゃなくブルー
まさに兄弟
後日発見されたらしい
何でやねんと呆れてしまう

しかし詳しい話を聞くと
怒りが沸々と湧いてきた
餌やり仲間の話では
公園の入り口で2匹死んでいたそうだ
と言うことは4兄弟だったんだ

しかし自分で餌を探すことも出来ず
カラスにやられたか死因の原因不明
その話を聞いて不幸な仔猫の気持ちになり
涙が出てしまった

運よく生き延びた2匹は
オバサンが必死に介護して
むさぼるように柔らかい餌を食べていた

家のカミサンもおばさんも
猫とは言え小さな命
そんな命をもてあそぶような行為に
絶対報いがあるでと怒り心頭
我が家の2ニャンもこのくらいの大きさで
家に連れ帰った

特にカスミは人が全く通らない山奥で捨てられて
蛇やいたち、からすにも襲われず
たまたま撮影で通りかかった私の目に触れて
一命を取り留めた強運の仔

あまりの仕打ちにむかっ腹がたった
人間は知恵が発達して生き物をペットとして飼うようになった
ほかの生き物はそんなことをしない
しかし家族として迎え入れたら
最後まで責任を持たなければならない

世話できないからと子供や親を捨てるのと通じる
そんなことが人間として出来るか?
退治てくれよう桃太郎
現代の桃太郎侍が出てこないかな
桃太郎でなくても俺は絶対に許さない

[PR]

by captain_spoc | 2014-09-19 22:25 | ネコ | Comments(2)
2014年 09月 18日

又生まれたばかりの仔が捨てられて


e0022047_00302209.jpg
e0022047_00304227.jpg
脚が治らなかったのでお出かけは久しぶりだが
伊丹の空港へネコの様子伺いに
トップの仔が誘うように日向ぼっこ
お望みどおり数枚シャッターを切る

するとミーミーと小さい声
2枚目のコラージュのように新しい捨て猫
俺の足元へ近づいてくる
餌もないし連れても帰られないので
どうしようもない

代わりにアメショが舐めていた
可愛い猫を撮るのは楽しいが
このニューフェイスに会うたびに
気が滅入る
何で捨てるんや

何で手術しないんだろう
無責任なやつが多すぎる
もう訪れるのが嫌になった
オバサンも辛いわ~と嘆いていた


[PR]

by captain_spoc | 2014-09-18 00:36 | ネコ | Comments(6)
2014年 08月 26日

シグレ姫は18歳でまだまだ元気

e0022047_23250592.jpg
年に一度の我が家のペット
シグレ姫の予防注射の日
ケージに入れて連れて行こうとしたら
かなり抵抗している
注射とか悪いイメージがこのケージに染み付いているので
ケージを見ただけで逃げ回る

3種混合を受けて
私のスポーツカーの助手席で
肩の荷が下りたように静かになった
家に帰ってケージの入り口を開けると
ゆっくりと出てきた
もう今年で18年目

足腰が弱ってよたよたと歩く
一寸喘息のようなたんがたまる吐息をするが
ほかに病気もせず頑張っている
長生きしてくれよ

[PR]

by captain_spoc | 2014-08-26 23:31 | ネコ | Comments(8)
2014年 08月 25日

ニューフェイスは警戒心一杯

e0022047_22520117.jpg
e0022047_22522889.jpg
伊丹空港の猫に会いに行った
仔猫2匹が捨てられていたので
その後が気になっていた
表には出てこず陰から伺って
餌を食べる時だけ表に出てくる
元気に育っているようだ

可愛い猫を見ていると癒されますが
現場に行くと嫌なこともある
捨て猫の現実に腹が立ったが
又新しく仲間が増えていた

餌やりおばさんの話では
このアメリカン柄の猫は
ニューフェイスらしい
警戒心が強く私を見ると
おどおどしながら餌に近づいてくる

こんなに猫を捨てるのを見せ付けられると
哀しくなってしまう
一度市の職員さんがオバサンに
苦情が来ているので餌やりをやめてくださいと
注意しに来たそうだ

おばさんは
「分かりましたこの猫を全部あなたが連れて帰って
家で飼ってくれたら餌やりをやめます」
と反論したそうだ
こんなに次々と捨て猫を見ると
ここへ来るのに足が重くなる

[PR]

by captain_spoc | 2014-08-25 23:13 | ネコ | Comments(6)
2014年 08月 12日

浜の真砂は尽きるとも世に仔猫を捨てる鬼は尽きまじ

e0022047_23405508.jpg
台風一過青空の晴天
午前中に色々買い物を済ませ
午後から久しぶりに撮影に出かけた
伊丹の緑ヶ丘公園から伊丹エアフロント
カミサンから猫の餌を沢山ことづかっているので
餌やりオバサンに会いに行った

オバサンはこんなに沢山助かるわ~と喜んでくれた
しかし又子猫が2匹持ち込まれたらしい
上のショットの猫と三毛猫
持ち込まれたと言っても捨てられたわけだ
大きさから2ヶ月くらいだろうか
まだ警戒して近づいてこない

2ヶ月も飼っていて良く捨てる気になれると思う
可愛いと言う情が移らないのだろうか
ここに捨てれば餌に困らないと言う
世話をする人の情けを当てにしているわけだ
非情にずるい考えだ

猫を好きな人には2種類の人が居る
自分の家で必要なければ平気で捨てられる人
それを見たらほっておけなくて世話をする人
何で子猫が生まれる前に避妊をしないのか
生まれたら困るのなら手術せなアカンやろ

ほかすくらいなら自分の手で首を絞めて殺してやれ
それが猫の将来を思うなら自分でやってみ
ほかすと言うことはそれと同じ意味を持つ行為やで
他人の情けを当てにするずるい奴や

[PR]

by captain_spoc | 2014-08-12 00:00 | ネコ | Comments(6)
2014年 08月 07日

幸薄きミウちゃんの哀しい一生

e0022047_22183354.jpg
これは我が家のお姉さん猫のシグレ姫です
弟は真っ白のカスミ皇子です
シグレの3年前の姿なのですけど今18年目です
今日のお話はこれと同じ柄の外猫小シグレのお話

何年か前から近所でのらがうろうろしていました
我が家のシグレと同じ柄だったので
カミサンはシグレが逃げたのかと驚いたらしい
そこで我が家では小型のシグレで小シグレと呼んでいました
我が家の猫は2匹とも外猫だったのですが
家猫にしてから一歩も外には出さないで居ました

先日ご近所の山崎さんが我が家の呼び鈴を押して
家で猫が死んでると助けを求めてきました
山崎家ではマルチーズの犬は居ましたが
猫は飼って居ませんでした
でも動物好きの山崎さんはこの小シグレに
時々餌をやっていたそうです

最近は見ないなと思っていたら
山崎さんの庭でニャーと鳴くので出てみたら
勝手口の傍で横になって死んでいたそうです
慌ててうちのかみさんに相談に来たので
カミサンが見に行ったら死んではなくて虫の息でした

それから山崎さんとうちのカミサンで色々手当てをしました
しかし2日間二人で手当をした甲斐もなく
死んでしまいました
処分するのに市に頼めば生ゴミ扱い
そこで動物霊園を探して引き取りに来てもらいました

引取りの際に係りの人が供養するのに俗名が必要だが
野良だから名前がないなら野良子にしますと言う
だがそれではあんまりだと
山崎さんは家ではミウちゃんと呼んでいたので
それにして下さいと依頼
遺体を引き取ってもらって一件落着

のはずがやはり最後に関わったのでカミサンも一日涙目で沈みがち
ミウちゃんも死の間際には愛情を掛けてもらった
山崎さんに知らせに行ったんやとしみじみ語る
ほかの誰をも受け付けなかったが
山崎さんにだけは抱かれたそうだ
口の中を見ると歯が一本しか残っていなかった
長年生きてきた証拠

生を受けて捨てられて
苦労した一生だったのだろうが
最後に猫好きの二人のおばちゃんに看取られて
一寸はちいさな幸せを感じてくれただろうか

次の日カミサン山崎さんと話をしていて
猫の恩返しってあるんやなあと言う

どういうコッチャと聞くと
山崎さん歩けないほどひざが痛く
手当ての2日間整形外科に行きたいけれど
ミウちゃんをほっては行かれへんと
自分の治療を断念して一生懸命ミウちゃんを手当てする

ミウちゃんの遺体を送り出したあと次の日から
山崎さんの膝の痛みが取れて歩けるようになったそうだ
カミサンはミウちゃんが恩返しで痛みを持っていってくれたんやと
真顔で言う
きっとミウちゃんの恩返しやと
私はほんまかいなと疑問を投げかけると
むきになっていや猫の恩返しは絶対あると
カミサンは信じて疑わない



[PR]

by captain_spoc | 2014-08-07 23:13 | ネコ | Comments(6)
2014年 07月 20日

ネコは子供を猫可愛がりするん?

e0022047_22140298.jpg
e0022047_22142025.jpg
伊丹のエアフロント
2匹のネコがハグして
ペロペロ嘗め回していました
あまりの仲のよさに人間にも負けない
ネコの愛情を感じました

オバサンにこの2匹は親子かと問うと
2匹の股間を見て
「母親と息子です」とのこと
抱っこをしている姿は
人間顔負けです

文字通り猫可愛がりをしていました

[PR]

by captain_spoc | 2014-07-20 22:18 | ネコ | Comments(2)
2014年 07月 10日

黒いネコと言えば「黒猫のタンゴ」

e0022047_21500302.jpg
e0022047_21501750.jpg
黒猫と聞けば何を連想するでしょう
黒猫のタンゴ
魔女の宅急便のジジ
クロネコヤマトの宅急便
私の年代なら皆川おさむの黒猫のタンゴ
魔女の宅急便のジジはもっと若い人?

調べると黒猫のタンゴの歌は
1969年のビッグヒット
もう40年以上も前のことになるんか
泳げたいやきくんと一緒で
毎日毎日聞かされた

もう45年も経つのか
歳をとるはずや
黒猫のタンゴ・・・知らんとは言わせへんで(笑

[PR]

by captain_spoc | 2014-07-10 22:07 | ネコ | Comments(12)
2014年 07月 08日

ネコのしなやかな動きに魅せられて

e0022047_22223977.jpg
e0022047_22295880.jpg
最近伊丹空港のエアフロントへ良く出かける
ここにはネコが2~30匹たむろしている
毎日訪れる餌やりオバサンを待っているのだ
先日新しく増えた仔猫の様子も気になって
訪ねてみた

カミサンが仔猫用にネコ缶を買ってあるので
それを持っていってくれとの依頼
それをオバサンに手渡すと
助かるわ~と喜んでくれた
奥さんによろしく伝えてくれとのこと

仔猫は居たが出戻りだと言う
どう言うコッチャとたずねると
子供が連れて家に帰ったらしいが
又持ってきたと言う
どうも家族の親に反対されたようだ

おばさんが餌をやるときに写真を写した
最近ネコブログの方と沢山友人になり
また私も猫を撮ることに興味が出てきたので
新しくカテゴリーのネコを作りました

今回はまるで豹のような動きのある写真にして見ました
野性味がある鋭い動きです
おいおいネコの写真も撮りに行きます

[PR]

by captain_spoc | 2014-07-08 22:49 | ネコ | Comments(6)