スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:花( 241 )


2017年 08月 11日

ハイキーなひまわりはどないやねん

e0022047_23074772.jpg


e0022047_23084930.jpg


ひまわりをソフトにぼかすのはあまりやらない
でも何でもやってみよう
矢張り青空の下くっきりと力強い表現が合っているように思う

花の真ん中の種子の部分の色が
ソフトなタッチには都合が悪い
ボケさせても強い暗い色が入り
ハイキーの邪魔をする

花はたくさんの方が撮るので
その表現が難しい
在り来りにならないように
色々トライしなければならない

人物も入れて撮ってみたいが
シャッターチャンスがない






[PR]

by captain_spoc | 2017-08-11 23:49 | | Comments(0)
2017年 08月 10日

夏の青空が似合うひまわりの花

e0022047_22053080.jpg


e0022047_22055544.jpg

ひまわりは夏の花
夏の青い空が似合う強い花
トップはそんな力強い青空をバックに
フィッシュアイで撮影しました

空の青さを出すためにマイナス補正で撮影いたしましたが
当然の如く花も逆光で暗くなります
そこで花の部分だけ選択して明るくして
花以外をマイナスにして見ました

ギラギラした夏の強い日差しを画面に入れて
青い空、白い雲に凛としたひまわり
イメージ通りのショットになりました

2枚目はえんじ色のヒマワリ
これは絵のような効果を狙って編集しました
万博公園に咲き誇ています




[PR]

by captain_spoc | 2017-08-10 22:13 | | Comments(0)
2017年 08月 04日

魚眼レンズで蓮の花

e0022047_23302949.jpg

e0022047_23304893.jpg

e0022047_23310958.jpg

暑いさなかに蓮の花を撮りに行きました
季節はめぐりて蓮からひまわりへと移行中
残り蓮を魚眼で撮影いたしました
なかなか面白いです

魚眼で撮るとドキュメンタリータッチの
重い蓮が撮れます
魚眼なのでボケもなく
いたってシンプル

今度青空の時に撮りに行ってみよう



[PR]

by captain_spoc | 2017-08-04 23:37 | | Comments(0)
2017年 07月 31日

池の鯉目線で睡蓮を見る

e0022047_23045214.jpg

e0022047_23050916.jpg

e0022047_23043597.jpg

連日の猛暑で出かける気持ちが萎える
しかし最近はスポーツばかりで写真ネタがない
万博にひまわりとチョウトンボを撮りに行こう
職員さんにひまわり状況を聴くとこれからですとの事

其れなら先に日本庭園へ行ってみよう
まだ蓮も咲いているがチョウトンボは風が吹いてないので諦める
蓮をフィッシュで狙って撮影
身体を汗が滴り流れてくる
休憩所で持参のポットで冷たいお茶を飲む

私くらいの年配のカメラマンが近づいてきた
「良いカメラですね」とMKⅡを褒める
ご自身も欲しいらしいが今はOLYMPUSの
PenFに外付けのビユウファインダーを付けている

色々とカメラ談議に花が咲いた
話の途中に小さな影がさっと動いた
双眼鏡でのぞくとカワセミだ
その方と即刻カワセミ狙いで撮影
カワセミと蓮は後日アップします

結局ひまわりまでは回れず後日に
再度来よう
見ず知らずの同好の士と楽しい話で時間がつぶれた
こんな出会いがあるから楽しいもんだ






[PR]

by captain_spoc | 2017-07-31 23:19 | | Comments(0)
2017年 07月 23日

花はハイキーが似合うようです

e0022047_00063031.jpg

連日の暑さに日中は撮影に出かけていない
今日は午前中に小学校体育館開放に出掛けた
6年生の男の子を二人練習相手になった
午後に家に帰ったけれど
この暑さには出かける気力が湧かない

古い写真を持ち出して
色の遊びをして見ました
写真とはカメラを使って絵を描くことやと
勝手に想像していますので
写ったものの色が元の色と違ったり
何を撮ったか分からなかったり
皆有りやと思います

このショットも花弁だけを切り取って
奇麗なピンクの色を主題に
色を重ねたような作品になりました

e0022047_20543712.jpg

これは3年前に写したダリアですが
別にダリアを写したと言う事よりも
形と色が奇麗だったので写したので
ダリアに見えなくても良いのです
パターンの美しさが目的です

何れもハイキー狙いです


[PR]

by captain_spoc | 2017-07-23 00:21 | | Comments(0)
2017年 07月 10日

今年もフウランが咲きました

e0022047_22461830.jpg

私が世話している(と言えるかどうか疑問)フウランです
たまに水やり程度ですが毎年元気に花芽を付けてくれる
今年は例年になく数が多いです

木片で作った植木鉢に着床させていますが
実際は木の股などに着床して花を咲かすようです
江戸時代から武士のたしなみとして
園芸種の様に育てていたようですが
なかなかに気難しい花です

日陰を好み少々の日当たりを入れて
風通しの良い木陰が理想との事
水やりも多からず少なからず
この鉢も木の枝から吊るして
正に木の股に着床したような状況で育てています


[PR]

by captain_spoc | 2017-07-10 23:06 | | Comments(2)
2017年 07月 03日

蓮の花も沢山咲いているようだ

e0022047_22132201.jpg

これは先月末のころの蓮の花
まだちらほら程度でしたが
取り敢えず撮影しました
花の数が少なかったので
被写体の選択が難しく制限されました

背景や前ボケや日の当たり具合などを考えて被写体を選びます
するとここ万博の蓮池の沢山の花でも
条件に合う写しやすい花は限られてきます
一輪だけの梅の花を撮影するのだったら
何も沢山咲いている大阪城の梅林で写すこと有れへん
ご近所の梅の木1本あれば済むと友人に言われました

然しここまで読んで来られた読者の方は
背景や写す場所、高さ、色、咲き具合
そんな条件を探すならたくさんの花がある方が
有利と分かると思います

今回のハスの花もカンカン照りの日の蓮池
影も全くないのでこの花を日傘で影の中に入れました
と言うことは友人がさす日傘が届く位置に無いと写せない
今回は背景のハスの葉が奇麗に輝く色味を狙いました
今度は前ボケを入れて再挑戦したいです

花は画像処理でソフトフォーカスを入れています
300mm f4
露出補正+2.0
iso400
ss 1/1250sec

[PR]

by captain_spoc | 2017-07-03 22:43 | | Comments(1)
2017年 07月 02日

ファンタジックな花の撮り方

e0022047_21151933.jpg


e0022047_23005333.jpg


e0022047_23012100.jpg

e0022047_23013432.jpg

トップのショットは先日万博で撮影した
ファンタジックなアジサイの花だ
趣味でカメラを撮る人は
スマホのような写真は避けようと書いたら
千葉の写真をやっている友人から撮り方を聞かれた

秘密でも何でもないから教えるのはやぶさではないが
(なかなかにこの言葉使うときがないが若い人は分からんかも)
書き言葉や話し言葉で説明できるようなことではないので
現場にて教えるのが一番だが
相手が千葉ではそれも叶わず状況の写真で説明する

やっと現場写真と作品のプレゼンの資料が揃ったので
それに沿って説明いたします
一番最後のコラージュの現場写真
右に赤いアジサイ
中に青いアジサイ
左にガクアジサイが並んでいます

右の赤いアジサイ越しに青いアジサイを見ると
コラージュ左下のような見え方になります
ショットの赤いアジサイに白い四角が書いてありますが
これを拡大したのが右下のショット
この赤いアジサイの隙間から青いアジサイが見えていますが
これを望遠またはマクロで赤いアジサイをぼかすように
青いアジサイを撮影すると
3枚目のようなショットになります

2枚目は逆に青いアジサイの葉っぱの隙間から
赤いアジサイを撮影しました
前ボケのボケ具合とか色味とか露出補正とか
人によりまた現場により天気の具合により
色々なので各人が奇麗と思われるショットが撮れるまで
練習が必要です

奇麗な色味と思い通りのボケ味を出すには
なかなか難しくこれもまだ満足いくものではありません




[PR]

by captain_spoc | 2017-07-02 23:29 | | Comments(3)
2017年 06月 28日

花の命は短くて・・・

e0022047_22593836.jpg

万博公園の花菖蒲です
先週の土曜日にはほぼ満開でした
この撮影もちょっとした仕掛けがありました
被写体の花は影の個体を選び
背景には陽が当たっていると言う状況

これに露出補正をプラスにして
花に露出を合わせると
背景はオーバーになる
パステル調を狙った設定

露出をプラスにすると花には淡い色合いになり
雰囲気は良くなる
然し色が薄くなってちょっと物足りない
そんな時はトーンカーブを使って
花の花弁の部分のトーンだけを
マイナスにして色を調整します

今回はそんな処理を行いました


[PR]

by captain_spoc | 2017-06-28 23:09 | | Comments(0)
2017年 06月 24日

アジサイの花はあと少し見頃が続く

e0022047_21141456.jpg


e0022047_21144459.jpg


e0022047_21151933.jpg


e0022047_21170263.jpg

明日は大雨の予報の中
晴れ間を狙って万博公園へ
アジサイを撮りに行った

今はアジサイは盛りを過ぎ
花菖蒲は今が盛りと咲き誇り
蓮、スイレンは咲いているが盛りはあともう少し
そんな時期でした

何時も私は花は難しいと言っている
誰でも撮れるしさして困難は伴わない
最近はスマホカメラも機能が発達して
そこそこの写真は撮れる

ならばカメラを趣味とする人は
スマホで撮れるようなショットは無駄
高価な一眼カメラだからこそ撮れる
そんな技を見せたい

図鑑の写真ではないので
色も形も自由に表現すればいい
何の花か分からなくても良い
色とイメージで捉えればいい

優しいほんわかしたイメージで
ボケを上手く使って
望遠やマクロが良いだろう
そして思い切りハイキーに
花の一部の切り取りのクローズアップも良いだろう

花の写真は下手は下手なりに
他の方の写真と差別をして
優しくほんわかと撮りました
あとは蓮と花菖蒲も撮っています



[PR]

by captain_spoc | 2017-06-24 21:39 | | Comments(1)