カテゴリ:スマホカメラ( 25 )


2017年 02月 07日

スマホの自撮りでマクロ撮影すると驚きの画像が....

e0022047_22002758.jpg


e0022047_22112648.jpg


e0022047_22115652.jpg


スマホの自撮りは皆さん良く致しますよね
私の自撮りは100均のマクロレンズを付けて
私の左目の瞳を撮影いたしました
茶色の物体は虹彩です
こんなん初めて見ました
人間の目では見えないものを撮影する
それがマクロ撮影です

2枚目は私の舌の表面の味蕾のマクロ撮影です
これが食べ物の味を感じる所です

3枚目のコラージュに撮影機材をアップいたしました
右下に三脚の上の運台に乗っているのが
100均のスマホホルダー

左下にスマホをセットして
100均のマクロレンズと100均のレリーズ
上段に撮影セットの全体像を載せました
レンズは液晶画面と反対側を使用して
マクロレンズに左目を近づけます
焦点距離が1cm未満ですから
殆んど接触するくらいにレンズに寄ります

液晶画面に映った画像は
自分では確認できませんので
液晶の正面に立て鏡を置いて右目で鏡を見ながら
自分の頭をピンが来るように前後して
フォーカスがあったときにレリーズで
シャッターを切ります

照明も重要です
角膜に周りの景色が写りますので
机の上のLED照明灯にデフューザーの代わりに
ティッシュを巻いて柔らかい照明にしています
機材総額300円で驚きの画像が撮れて
結構独りで楽しめました

カミさんはいつもあんたは何を与えても
独りでよー遊ぶなあと感心してます
俺は猫じゃらしにじゃれるネコか...






[PR]

by captain_spoc | 2017-02-07 22:38 | スマホカメラ | Comments(0)
2016年 12月 24日

スマホカメラは動きもんには向いていない

e0022047_23051035.jpg

昆陽池には冬の渡り鳥のカモ類が飛来してくる
キンクロハジロ、オナガガモ、ヒドリガモ、ハシビロガモ
主にこの4種だ
それに加えてユリカモメもわたってくる
これは人の手からパンくずを取るほどに
かなり人間に近づいてくる

この日はスマホカメラを取り出して撮影を試みた
然し機能が落ちるためにシャッターチャンスを逃がす
特に動きもんはタイムラグが大きく
液晶に見えているのにシャッターが下りるときは
もうすでに画角から外れている

液晶に見えている画像はデジタル処理のために
コンマ何秒かの前の像を表示している
その上に今だ...と言う瞬間にシャッターを切っても
シャッターが下りる間にもうかもめは居ない

そんな何回も失敗を重ねながら
たくさん撮ってみた
天気ももう一つなので出来上がりは不満足だが
天気のいい日に再挑戦してみたい


[PR]

by captain_spoc | 2016-12-24 23:14 | スマホカメラ | Comments(4)
2016年 11月 14日

スマホカメラで風景をマイナス補正で表現

e0022047_13400402.jpg


e0022047_13402668.jpg


先日服部緑地公園でカワセミを撮影したが
その時に周りの木々がかなり紅葉していて
そろそろ紅葉のシーズン到来と感じました
土曜日にアップしたサクラとイチョウの撮影は
長いレンズで背景をぼかしプラス補正で撮影
今回広角風景はレンズ付け替えが面倒なので
スマホカメラで撮影いたしました

スマホカメラの場合背景がボケませんので
表現が難しいですが風景の撮影はマイナス補正が多い
今回もスマホで露出補正をマイナスにして
画像処理もスマホのソフトで
露出補正、コントラスト、彩度を調整しました

即ちトップのショットは
撮影もマイナスでしたがその上に画像処理も
露出補正マイナス、コントラストをちょっと強め
彩度を少々強く調整いたしました
だからパソコンのフォトショップは全く触らずです

2枚目は撮影時に露出補正をマイナスにして
そのまま撮影、アップしました
これは池と空の青さを強調したくて
-1.7くらいだったと思います

一眼カメラでも露出補正は一番重要です
Aモードで撮るかSモードで撮るか
一旦絞り又はシャッター速度を設定すると
後はシャッターを押すだけです
然しどちらのモードでも露出補正だけは
何時もシーンシーン毎に設定するくらいの
繊細さが必要です



[PR]

by captain_spoc | 2016-11-14 14:43 | スマホカメラ | Comments(0)
2016年 11月 04日

季節も終わりなのに蝶を接写

e0022047_21405909.jpg


季節も11月ともなれば秋から冬へ
昆虫ももう冬越しの準備
今日はテニスの爲武庫体育館へ行く途中
武庫公民館で蝶が乱舞

体育館へ行く途中なのでカメラの持ち合わせはない
おもむろにスマホを出して
止まるのを待って可能な限り寄って接写
触覚から足まで精細に写る

こんなにきれいに写ると嬉しカルカル
カルパッチョ


[PR]

by captain_spoc | 2016-11-04 21:47 | スマホカメラ | Comments(2)
2016年 10月 25日

スマホカメラでマクロはいけまっせ大将!

e0022047_21080663.jpg

溺れる者はスマホでも使う
たまたまご近所散歩で蝶に出会うと
カメラを持っていなければ
さっとスマホを出して狙ってしまう
特にこの日は花の上に止まった

花に蝶、鹿に紅葉でイノシシに萩
何の話や....
兎に角絵になる取り合わせ
スマホカメラは広角系のレンズなので
ズームで拡大して寄れるだけ寄る

ジワーッとピンが合ってくるのを待つ
これで4~5cm位だろうか
結構な精細な画像が撮れる
これが結構上手く撮れると楽しいものだ








[PR]

by captain_spoc | 2016-10-25 21:19 | スマホカメラ | Comments(0)
2016年 10月 21日

万博公園のコスモスは今月一杯楽しめるんとチヤウ?

e0022047_21564963.jpg



e0022047_21515069.jpg

万博公園花の丘のコスモス
今が盛りと咲いています
今日もスマホカメラを用いて
露出補正を比較してみました

上のショットは露出補正を+1.3
下のショットは補正を-2.0くらいに
2枚を極端に補正をかけました
空を入れるアングルですと
空の色が青くありたいので
必然的にマイナス補正になります

然し花を撮るときはプラス補正が
優しい感じで撮れます
ケーキや食べ物などもプラス補正が美味しそうに撮れます
スマホカメラで露出補正が
自由に設定できるのは助かります

撮っていて楽しいです



[PR]

by captain_spoc | 2016-10-21 22:08 | スマホカメラ | Comments(5)
2016年 10月 19日

スマホカメラでイメージに近いショットが撮れる

e0022047_23205842.jpg


e0022047_23211300.jpg


e0022047_23213569.jpg


スマホカメラにもプロモードがあり
露出補正やiso感度、シャッター速度、ホワイトバランス
などが自由に設定できます
これでかなりイメージに近いショットが写せます
完全オートでは思い通りになりません

その上に本体Huaweiのギャラリーの写真を
付属の編集ソフトで修正ができます
これが3枚目のショットです
赤丸で囲ったような機能が8種類あって
カメラ設定を補う作業ができます

即ちトップのショットはマイナス補正-1くらいで撮影しましたが
空の色がいまいちだったので
修正ソフトで補正を調整いたしました
2枚目のショットは木立の中の木漏れ日を
マイナスで撮影いたしました
暗いシーンではカメラは明るく撮影しますので
クロマイシロップの原理でマイナスに補正いたします

デジカメを持たないときでも
かなりのレベルでスマホカメラは
応えてくれます






[PR]

by captain_spoc | 2016-10-19 23:34 | スマホカメラ | Comments(0)
2016年 10月 14日

スマホカメラでマクロ撮影に挑む

e0022047_21175900.jpg

e0022047_21181341.jpg


OM-D EM-1
e0022047_21183214.jpg

スマホでマクロ撮影は大変難しいです
焦点距離が短くて動きもんは逃げてしまいます
そこを根気よく狙うとまあまあのものが撮れます
最短合焦点が3cm位なので厳しいです

でも画面にタッチしてフォーカスを合わすと
ゆっくりとですが合焦します
上2枚はスマホカメラですが
被写体と5cm位は離れています

でもピンが来るととてもクリアに写ります
比較として3枚目は一眼カメラで写しました(EM-1)
動かないものでしたら遜色ありません




[PR]

by captain_spoc | 2016-10-14 21:55 | スマホカメラ | Comments(0)
2016年 10月 05日

AndroidのHuawei端末のカメラは高機能

e0022047_22131827.jpg


e0022047_22345864.jpg


e0022047_22134654.jpg

トップのショットと2枚目はスマホカメラで撮影
暗くてコントラストのきついシーンで
奇麗に撮れました
これは私の持っているスマホ
Huawei P8lite simフリーのカメラは
高機能のカメラなんです

3枚目のスクリーンショットはカメラの設定画面
赤いで囲ったところにあるプロモード
これは各設定を手動で設定出来る機能があります
ISO感度、シャッター速度、露出補正、ホワイトバランス
フォーカスの連続と単写かマニュアルの区別
絞りは変えられないので所謂シャッター優先モード

これだけ設定ができればかなりの難しい撮影ができる
ただS-AFとC-AFの連続フォーカスは
石の処理速度の関係でタイムラグが生じ
C-AFはあまり使い物にならないのではないかと予想されます

暗い場面のショットでは露出補正が役に立ちました
まず露出補正を大幅にアンダーにしてISOを設定して
アバウトのssを決めれば
思い通りの暗さの絵が撮れました
2枚目はISO800に設定、ssを1/125にしました
auto撮影ではなくてほぼマニュアル撮影に近い

夜景撮影には適しているかもしれない
次の機会に挑戦してみよう




[PR]

by captain_spoc | 2016-10-05 22:40 | スマホカメラ | Comments(0)
2016年 09月 26日

絵画は足し算 写真は引き算

e0022047_22480257.jpg

昨日のスマホカメラの画像背景がボケているので
マル秘テクなんて大風呂敷広げてしまいました
あまりにもショボいテクで昔から使われている方法なので
恥ずかしくて黙っていようと思ったら
そのテク教えてくださいと写友に言われました

今日はネタばらしです
笑わないでくださいね
失敗作がちょうど一枚ありましたので
それを使って説明いたします
書類を入れるクリアファイルを切り広げて
主題の花の後ろに挟みます
左に持つ手が写っていますが
右手でスマホのシャッターを切ります

昔一眼レフでも使い古した姑息な手段
それもこれも背景処理に悩むからです
スマホはボケないので煩雑な背景が写りこみます
それを少しでもシンプルになおかつファンタジーに
あの手この手と苦労いたします

絵画の場合主題の花を描いて
必要と思う背景を描きます
美しくないとか雰囲気壊すとか言うものは
無理に書かずに省略出来ます
然しカメラはすべて不要なものまで写ってしまいます

だから絵画は足し算
写真は如何に背景の不要なものを消すか
ぼかしたリ黒く落としたリ白く飛ばしたリ
これが写真は引き算の所以です
特にスマホのカメラはピントが全部合います

それを少しでも簡略化したい
それがクリアファイル作戦です
知らない方には驚きの作戦です



[PR]

by captain_spoc | 2016-09-26 23:02 | スマホカメラ | Comments(2)