カテゴリ:野鳥( 454 )


2016年 07月 17日

毎年の邂逅を楽しみにしています

e0022047_22000286.jpg

アオバズクが今日は番で会うことができました
関東のブロ友さんから意思疎通ができていると
言っていただきましたがそうなんでしょうか?
こんなマンションやスーパーやらの近くで
街中の大きな樹木に毎年来てくれる

周りは日曜日なのに私以外誰も居ません
皆さん静かに見守っているようです
だから毎年営巣に来てくれるのでしょう
お互いの意思が通じ合っているのかもしれません

今日は親2羽だけでしたが
まもなく雛も入れて数羽で並んでくれると思います
此処も私のテリトリーなので
欠かさずマーキングして回らないといけません
(おしっこはかけませんが・・・)
雛が生まれたらまたアップいたします


[PR]

by captain_spoc | 2016-07-17 22:15 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 07月 16日

ツバメ観察その後

e0022047_22014470.jpg

e0022047_22015973.jpg

子ツバメは日に日に大きく育っています
明るくて距離も近いのでとても撮影しやすいです
今日は曇りで時折にわか雨が降る生憎の天気
当然餌やりを休むと言うことは有りません

トップの大きく口を開けた写真
これが撮りたくていつも通っています
まるで歌を大声で歌っているような様子なので
撮影を始めるときからのイメージが出来上がっていました

子ツバメたちは親ツバメが餌を運んで
近くまで来た段階でもう大きな口を開けます
なぜその雰囲気が子ツバメたちに分かるのか
理由があれば教えて欲しいのですが
カメラマンは分からなくても
親ツバメが巣にたどり着くほんの2~3秒の間に
連写で撮影いたします

親ツバメから口移しで餌を貰うシーンも
微笑ましいのかもしれませんが
撮影アングルが親ツバメが邪魔する位置関係なので
親ツバメが巣に止まる前の瞬間を狙い撃ちします

今日は曇りだったのでisoは1600まで上げました
まだ明るいのでノイズも気にならないかな?



[PR]

by captain_spoc | 2016-07-16 22:16 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 07月 15日

コサギの観察その2

e0022047_22184752.jpg

e0022047_22174026.jpg

e0022047_22191900.jpg

e0022047_22194970.jpg


今日はテニスの日でした
1時から2時半まで汗びっしょりになるほど動き回りました
シャワーを体育館で浴びて家に帰り
気になるコサギとツバメの観察に出掛けました
どちらも家から徒歩圏内なので
とても助かります

体育館の帰りに確認したらやはり2羽のコサギが居ましたが
現地にカメラを提げて出向いたら一羽になっていました
盛んに餌を捕っていましたがオタマジャクシの様です
長い嘴で素早く動いて捕まえます
これを飲み込むには一瞬空中に投げて
喉もとで掴みなおします
見事なもんです

最後に飛ぶ気配を見せたので
飛翔に備えたらふわっと飛び立ちました
前回もこれを狙っていたのですが
運悪く電話がかかり話し中に
飛び立ってしまい失敗でした

ツバメは明日アップいたします






[PR]

by captain_spoc | 2016-07-15 22:29 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 07月 14日

ツバメの子育て其の2

e0022047_22331190.jpg

e0022047_22332754.jpg

先日のツバメの巣のショットの続き
雛の性格はそれぞれ違う
トップのショットのように
自己主張が強く餌を沢山貰いたいタイプ

雛は4羽いるが親鳥の進入経路から考えると
真ん中2羽が有利のように見える
然し長時間見ていると
2枚目のショットのように
まんべんなく両端にも餌を与えている

ただ人間が心配するほどの事もなく
例え餌を貰うのが少ない個体が居たとしても
成長が少し遅くなるだけで
結局は全部巣立っていきます

ツバメの子育ては見ていて飽きないです



[PR]

by captain_spoc | 2016-07-14 22:40 | 野鳥 | Comments(2)
2016年 07月 13日

住宅街の真ん中でも野生は生きています

e0022047_22365863.jpg

今日はバドミントンの日
これから夏休みに入るので
レッスンも前期今日が最後の日
後は9月から始まるまでは自由にコートで練習です

体育館からの帰り道に
傍の田んぼに水が張っていました
そこにコサギが2羽オタマジャクシなどを
狙って夢中で採餌していました

家に帰ってカメラを持ち出して徒歩で撮影にお出かけ
昆陽池や黒池などにはコサギも居ますが
住宅地の中の田んぼにコサギは珍しい
こんな楽ちんな撮影は滅多にない
昨日のツバメの巣も歩いて15分位

たくましく野生も街中で生き抜いています


[PR]

by captain_spoc | 2016-07-13 22:44 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 07月 12日

武庫之荘少年少女合唱団

e0022047_23015742.jpg

緑地公園の写友のマンションで
ツバメが孵ったと聞いて撮影に行きましたが
暗くて全滅でした

ひょんなことからご近所の卓球場の店長から
ツバメが巣を作ったと教えていただいて
撮影に行ってきました
お店の前の軒先ですが雨がかかりそうなくらい
屋外です

撮影には明るくて打ってつけなんですけど
天敵にはかなり無防備
カラスに見つからねば良いがと思うのですが
こればかりは自然の成り行き
アナ雪ではありませんが自然はありのままが一番

も少し観察を続けてみます




[PR]

by captain_spoc | 2016-07-12 23:12 | 野鳥 | Comments(4)
2016年 06月 27日

どちらでも雛が孵っています

e0022047_22283215.jpg

万博記念公園の日本庭園
蓮池ではカイツブリの雛が孵っています
産まれて間がないのか
産毛を付けてあちこちと元気に
暴れまわっています

とても可愛いです
人間に慣れてすぐ目の前を
泳いでいます
まだ羽は成長してなくて
手羽先状態で小さいです


[PR]

by captain_spoc | 2016-06-27 22:31 | 野鳥 | Comments(2)
2016年 06月 15日

毎年の繰り返しですが・・・・

e0022047_23583574.jpg

私はfacebookをしていますが
毎日facebookの方から
去年の今日一昨年の今日の
出来事を配信してくれる

カメラを趣味としているならば
毎年毎年同じような時期には
同じような被写体を追いかけていることが
良く分かります

箕面のアオバズクもそろそろかと
今日覗いてみましたが
やはり禅僧のようにそこに居ました
カメラを向けると喝っ!と
こちらを睨み付けます

アオバズクは一日中ほとんど移動しませんので
今日の体制は枝被りの顔に葉がかかり
最悪の条件でした
でもこの位置からほとんど動きませんので
早々に記録して帰りました

又時々覗いてみましょう




[PR]

by captain_spoc | 2016-06-15 00:06 | 野鳥 | Comments(2)
2016年 06月 02日

在庫一掃大棚さらえの特売日

e0022047_22063657.jpg


上のショットの等倍切り出し
e0022047_00164339.jpg



e0022047_22075821.jpg

e0022047_22074554.jpg

e0022047_22083661.jpg

e0022047_22085041.jpg


長い間ホルダーの中に収めたまま
放ったらかしのファイルがある
珍しい鳥でもなく
写り具合もほどほどで
何の特徴もない

その内にアップしようと
リサイズを済ませて準備しているのだが
タイムリーな記事が有ったり
ナイスショットが撮れたりしたら
そちらを優先してアップする

時期を外すとなんとなく新鮮味が薄れ
ホルダーの肥やしとなってしまう
写真は生もので鮮度が大事とは私の持論

トップから
アオサギ
シメ
シジュウカラ
スズメ
ヤマガラ

トップのアオサギと5枚目のシジュウカラが300mm f4
その他は150mm f2.8

2枚目は分かりにくいが
シメと言う鳥
私の中では悪相日本一の小鳥
エナガがアイドルの小町なら
シメは悪役のお代官様

まあご本人の責任じゃなく
人間が勝手に悪相と思うだけですが・・・・・







[PR]

by captain_spoc | 2016-06-02 22:25 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 05月 21日

急いで北へ帰らないと苦労するよ

e0022047_23222797.jpg

e0022047_23223585.jpg

e0022047_23224317.jpg

コガモと言う名の鴨です
カモ類の中では一番小さいので
その名前になりました
親と子の子ガモではありません
立派な成鳥です

顔に緑の模様があるのがオスです
2枚目は雌で他のカモのメスと同じで
地味で他のカモのメスと見分けが難しいです
ただこの場合番でいたのと
またオナガガモも居たので
その小ささからコガモのメスと分かりました

特別珍しいカモではありませんが
昆陽池に居たと言うことが驚きです
今まで何年も昆陽池に通っていますが
ここで見たのは初めてです
何時ものコガモポイントは
猪名川公園の千里川に居ます

だからそちらでは近くで写すことは困難ですが
昆陽池ですと近くで300mmで
ファインダー一杯に写すことができました
餌やり池に居るときは
人に慣れていて近くまで寄ってきます

昆陽池にも僅かですが
カモが残っていました
本隊はもう北へ渡って行ってますので
今から行くと少数の群れになると思います
敵にも狙われやすいです
安全に北へ帰ってほしいと思います








[PR]

by captain_spoc | 2016-05-21 23:35 | 野鳥 | Comments(0)