スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:スナップ( 656 )


2017年 01月 21日

私の情熱も今日の寒さには負けました

e0022047_22233083.jpg

e0022047_22235321.jpg

e0022047_22240886.jpg

夕方の大阪空港は斜光が奇麗
滑走路の向かいは川西池田の山並み
早めに日陰に入るので
航空機に陽が当たるとコントラストが出る

そこんとこを狙って撮る
そこんとこって何処んとこ?
いやあコントラストの事やがな
と独り突っ込み独りボケ

今日は粘るつもりだったのが
猛烈な寒さに負けて素早く撤収
今日はカミさんにもちょっと遅くなるからと
夕飯の時間をずらしてもらったのに
急きょ電話して門限までに帰るわと...

帰るとかみさんから
寒さに負けたんかいなとおちょくられた
もうちょっと完全防寒態勢で攻めんと
この寒さはなかなかの難敵
特に私は寒さに弱いので
上下にもう一枚とカイロが必要

又挑戦します






[PR]

by captain_spoc | 2017-01-21 22:35 | スナップ | Comments(0)
2017年 01月 14日

 NIFRELスナップ集の最終章になります

e0022047_22084799.jpg


e0022047_22092265.jpg


この部屋はプロジェクターでCG投影しており
子供たちが喜んでこの上を走り回ります
然し暗いのでシャッター速度が稼げずに
被写体ブレをさせないように苦労いたします

今回は一脚を使用して
isoも1600まで上げたりして対処しました
然し明るいところでのスナップは
コンデジのTG-620を使用いたしました
スナップにはコンデジがとても威力を発揮いたします









[PR]

by captain_spoc | 2017-01-14 22:38 | スナップ | Comments(0)
2017年 01月 13日

NIFRELだけに触れ合える距離の動物です

e0022047_22530636.jpg
遊ぼうか

檻の無い動物園が売りで
ワオキツネザルやペリカンが
人間と同じ空間に居るので
触れるくらいの距離なんです
○○に触れる(ニフレル)が名前の由来

但し子供が触ると職員が飛んできて
怪我をされると困るので
触るのは禁止ですが足元まで近づいてきます
水族館と放し飼いの動物園と言った趣です

使用カメラ コンパクトデジカメ
OLYMPUS TG-620



[PR]

by captain_spoc | 2017-01-13 22:59 | スナップ | Comments(2)
2017年 01月 12日

NIFRELで遊ぶのは楽しカルカル

e0022047_21511894.jpg
ボンジュール・ナポレオン


e0022047_21513788.jpg
オウムガイ


久しぶりにエキスポシティーのNIFRELへ撮影に出掛けた
毎回訪れると新しい感動を頂く
今回はこのオウムガイ
何枚も何枚も撮影しました
エイリアンのような不気味な姿が面白い

前回はミノカサゴ
これも正面から撮影すると
まるでエイリアンでした
海の生物のイメージで
映画のキャラクターづくりをしているのだろうか

トップはナポレオンフィッシュと戯れる少年
彼にとっては大きな驚きなのだろう
今日の収穫はこの2枚
あと何枚かアップ予定有ります






[PR]

by captain_spoc | 2017-01-12 22:05 | スナップ | Comments(0)
2017年 01月 09日

空気が揺らぐほどの凄い熱量

e0022047_20131986.jpg

e0022047_20134554.jpg

何時もはスカイパークの公園から撮影だが
今回は南端の千里川からの撮影
夕方の斜光を狙ったのだが
生憎大きな雲の陰で
機体に日は当たらず

トップの画像は今まさに離陸しようと
滑走路を走り出した瞬間
エンジンの回転数は最大に上がり
遮音壁の関係で音が右側から聞こえる

そのエンジンの排気熱で空気が揺らいでいる
このエンジンの後ろにやかんを吊り下げたら
東京に着くまでにかなりのお湯が沸くだろう
と言うショーもないことを考えていた

2枚目は着陸する瞬間で
摩擦熱で白煙が上がった瞬間です
エンジンはかなり絞っているので
空気が揺らぐのは見られない

今度は天気のいい日にもう一度訪れて
夕焼けと機体に夕陽が当たるのが撮れるとエエなあ



[PR]

by captain_spoc | 2017-01-09 20:23 | スナップ | Comments(0)
2017年 01月 07日

航空写真が投稿サイトでプロの目に止まりました

e0022047_20255351.jpg
スポットライト


e0022047_20063880.jpg

またまたこのショットが登場
今回今年初めての投稿サイトの
Featured Photosでプロの目に止まりました
タイトル「スポットライト」

私にしては珍しい航空写真
この撮影日が11月24日
当時のブログ記事


この2枚のうちのトップのショットを
投稿サイトGANREFへ投稿しました
これを藤井智弘先生によるFeatured Photosに選ばれました
これを撮影するにはこの前日
Canonによる五十嵐 顕プロのセミナーを受けたのです
当時のブログ記事


その時に見た五十嵐プロの作品に大変影響を受けて
即翌日に大阪国際空港へ出向き
単独で撮影を行いこの作品をゲットいたしました
この作品は大変気に入っていたので
私の作品集にすでに殿堂入りをさせていました


今回のfeatured photosの受賞を機に
展示室をgallery1のスナップから
同じくgallery1のprize photoに変更いたしました



色々な先生のセミナーを受けるうちに
私の興味も作風も変わっていきます
それがまた私の好奇心に火を点けることとなりました













[PR]

by captain_spoc | 2017-01-07 20:40 | スナップ | Comments(2)
2017年 01月 03日

今日の天体ショーは月、金星、火星です

e0022047_20365877.jpg

今晩の珍しい天体ショーです
先ほど艦長室のベランダから撮影いたしました
下の右を向いた矢印の先に金星があります
その上の左を向いた矢印は火星です

明るさと大きさが圧倒的に違うので
火星と金星を表現するのに苦労いたしました
画像処理でガウスでぼかして大きさを少し大きくして
明るさを増しました

今日のNHKのニュースでも放映していました


[PR]

by captain_spoc | 2017-01-03 20:40 | スナップ | Comments(4)
2016年 12月 29日

曇りの日こそ表現力が問われる

e0022047_20571440.jpg

今日は突然に競馬ショットです
自分でも呆れるほど色々な被写体
私のブログは幕の内弁当のように
色々な味が楽しめてお得感満載
.....って自分で言うかッ!

心温まるような人物スナップ(これが一番好き)
シンメトリーな橋などの構造物
昆虫のマクロ撮影
野鳥に花に花鳥風月
一つのものに拘って撮影される方は尊敬する

写真のカテゴリーも多様なら
スポーツもテニス、卓球、バドミントン
音楽も聴く事プレイする事アレンジも
どれも中途半端で一流にはなれませんが
アマチュアだからそれが楽しい

自分も楽しめるし友達も増える
老後も楽しむこと一杯で退屈知らず

なんでやろう?
きっと熱くなりやすくすぐ冷める性格かな?

今日のお題は曇りの日には光と影が使えない
だから光と影の味付けなしの被写体勝負
被写体に迫力がなければ
曇りの日には勝負掛けられない

出来れば光と影をうまく使える条件が望ましいなあ


[PR]

by captain_spoc | 2016-12-29 21:19 | スナップ | Comments(2)
2016年 12月 26日

久しぶりのイルミネーションは球ボケバージョン

e0022047_23385154.jpg

e0022047_23391544.jpg

今日は久しぶりに夕方から出かける意欲あり
御堂筋イルミネーションと夕焼け小焼けを
コラボ狙いで挑んだが
曇り空で小焼けは無し
ならばイルミはなんばパークスに行こうと
御堂筋を一っ走り

規模は大きくないが撮影しやすいポイント
ファンタジーな狙いで前ボケを入れる
赤バージョンと青バージョン
とりあえずこの2点を本日のショットとして
アップいたします

150mm f2.8pro 使用



[PR]

by captain_spoc | 2016-12-26 23:47 | スナップ | Comments(2)
2016年 12月 21日

カメラ女子が増えました

e0022047_22303218.jpg

最近はカメラ女子が増えました
大きなカメラを提げている女性が目につきます
野鳥を撮影するなんて昔はおじさん位のものでした
この日は彼女らは女子高校生とのこと

若い時から野鳥に親しみ
カメラを趣味にするなんて嬉しい限り
このカワセミポイントに沢山の若い女子
急に華やかになります

ただ構えがちょっと気になります
被写体に正対して脇が空いていて....
と言いたいけどまあたくさん撮って失敗することです
経験が何より大事
最近のカメラは失敗することなく撮れるから
大丈夫でしょう

昔のカメラは手ぶれ補正がなかったので
手ぶれの失敗が数々ありました
そんな経験が今やっと実を結んでいるのです


[PR]

by captain_spoc | 2016-12-21 22:40 | スナップ | Comments(2)