スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:スナップ( 684 )


2017年 05月 23日

大阪湾でホエールウォッチング?

e0022047_21255677.jpg

e0022047_21261706.jpg
大阪名物は粉もんやけど
スポック得意は飛びもんや
と言うてもボラが飛んでいる
飛んでいるもんは何でもトライする

コアジサシの待ち時間にボラが飛び跳ねる
何処から飛び出すかは分からんけど
モグラたたきに似てこれをキャッチすれば気持ちええやろと
飛び上がって着水までの約1秒間の勝負
暇つぶしにはもってこいの面白さでした

コアジサシのダイブも波が有って
潮が良い時は小魚がナムラ状態に上ってくる
するとコアジサシが20羽くらいが
ドッボンドッボンあちこちで飛び込む
まるでニュースで見るカツオドリが飛び込むように凄い

然し潮目が変わると全く来ない
それがネイチャーでは当たり前の話
そんな時はボラのモグラたたきで遊んでしまう

e0022047_23405660.jpg

6年前の回転寿司も流し撮りの対象
こんなんが私の標榜している写真はアートだと言えるか?
カミさんもあんたは何でもよー遊べるなあと感心する
たまには息抜きもエエやんか
トップなんかまるでホエールウォッチングの迫力
カメラで遊ぶのも楽しいよ




[PR]

by captain_spoc | 2017-05-23 21:56 | スナップ | Comments(2)
2017年 05月 22日

木村優一の素顔に迫る(リハーサル編)

e0022047_21433642.jpg

e0022047_21444159.jpg

e0022047_21453352.jpg

e0022047_21462055.jpg
和太鼓奏者木村優一さんの撮影許可を頂いた時に
舞台の撮影より人間木村優一さんに興味がありました
そこで撮影は専らリハーサル中の木村さんに注目
本番前の舞台作りや団員への指示など
どのようにするのか細かに撮影してみた

あの情熱的な舞台とは反して
とても物静かな好青年と言う感じを受けました
ずっとレンズを向けていたのですが
何時も伏し目がちに静かな物言いに
意外な感じを受けました

段々と本番が近づいてきて
団員への指示もとても熱を帯びてきました
心が高揚していくのが手に取るように分かります
最後に楽屋にこもり舞台衣装に着替え
出て来た時にはもう舞台の顔になっていました

そして昨日の舞台シーンになるわけです






[PR]

by captain_spoc | 2017-05-22 21:59 | スナップ | Comments(0)
2017年 05月 21日

和太鼓の迫力の舞台シーン

e0022047_21282333.jpg

e0022047_21285187.jpg

e0022047_21291473.jpg

e0022047_21293561.jpg
遅くなりましたがYuichi Kimuraさんの
和太鼓の舞台シーンをご紹介します

今回は舞台シーンよりも
kimuraさんの人となりを追いかけてみたいと
リハーサルから入らせていただいて
彼の表情をクローズアップで追いかけてみました

それは次回にアップする予定ですが
今回は印象的なステージをちょっとアップします
Kimuraさんの筋肉の美しさは印象的で
筋肉は彼の舞台衣装に匹敵するものと
沢山のトレーニングを重ねているのが分かりました

最後はメンバーの独りがとても
力強い表情で印象に残りましたので
セレクトいたしました




[PR]

by captain_spoc | 2017-05-21 22:53 | スナップ | Comments(0)
2017年 05月 19日

pm2.5と黄砂と色々飛んできます

e0022047_22441791.jpg

武庫川尻の魚釣り公園
天気の良い日には関西空港や神戸港も奇麗に見えます
然しこの春黄砂が酷くて
もやっとしてひどい状態でした

もやが奇麗と言って喜んでいたカメラマンも居ましたが
実情は水蒸気のもやではないので
黄砂かpm2.5では喜んでばかりも居られません

このショットは1週間前の13日ですが
神戸港が蜃気楼のように見えます
向こう岸に見えるのは実際は
六甲アイランドの荷揚げ岸壁です



[PR]

by captain_spoc | 2017-05-19 22:52 | スナップ | Comments(0)
2017年 05月 17日

カメラを買い替えた最初の満月

e0022047_22332066.jpg

先日11日にカメラを買い替えましたが
次の日の12日が満月と言うことで
1.4倍のテレコンを装着してサンヨンで撮影しました
手持ちで十分撮影できますが
サンヨンは結構重いので一脚に乗せました

買い替えるとなんでも撮ってみたくなるもので
満月と言うテレビに空を見上げると奇麗に満月
普段使うことのない1.4倍のテレコンを装着しました
テレコンは1.4倍になって便利ですけど
画像が甘くなってほとんど使った事が有りません

満月と言う割には月の右側にクレーターが見えます
調べてみると12日は月齢15.59となっていますので
もうすでに満月を超えて新月に向かい始めています
それと月齢とはその日の12時正午の月齢なので
このショットを写した午後10時28分は
さらに月齢が増えて月齢15.59プラス10時間28分の進行

10時間28分の月齢は0.436
だから私が見た10時28分の月齢は
15.59+0.436=16.026
よってこのショットの月齢は16.03となります
15夜と言って月齢15.0が正午の時が満月で
刻一刻満ち欠けは無段階に進んでいます
一晩中満月とは有りえないのです

奇麗に写って満足のOM-D E-M1 mkⅡでした



[PR]

by captain_spoc | 2017-05-17 22:54 | スナップ | Comments(0)
2017年 05月 14日

和太鼓は大和魂の鼓動

e0022047_22454236.jpg

e0022047_22460539.jpg

和太鼓奏者 木村優一さんの演奏会に
撮影許可を頂き撮影してきました
日本古来の伝統芸能を昇華させて
海外演奏もこなすミュージッシャン

男 木村優一の魂の叫びを写しました



[PR]

by captain_spoc | 2017-05-14 22:55 | スナップ | Comments(0)
2017年 05月 10日

敢えて困難なことに立ち向かっているけど行けるんかいな

e0022047_21335372.jpg

e0022047_21341534.jpg

e0022047_21350352.jpg

大阪空港の夜撮もなかなか難しい
特に上2枚の正面から着陸に向かっている機を
捉えるのは至難の業
困るのが前照灯の光
これがこちらのカメラ方向を照らすので
フォーカス露出ともに難しい

もう一寸明るい時に狙えば可能性は大きくなるが
困難なケースにぶち当たると
尚の事トライしてみたくなるものだ
isoとssとフォーカスとノイズ
これらの妥協点を探すのが大変だ

最後は流し撮り帰り間際に降りて来たので
ついでとばかり撮影したが
割と簡単に撮れる
ssさえ早めにしておけば可能だろう

正面からのショット色々試してみよう




[PR]

by captain_spoc | 2017-05-10 21:42 | スナップ | Comments(0)
2017年 05月 06日

大阪空港夜撮リベンジ編(その2)

e0022047_22581395.jpg

e0022047_22575342.jpg

e0022047_22583334.jpg

e0022047_23595336.jpg


昨日の千里川撮影の第2弾
撮影後のお食事タイムが長くなって
家に帰っての写真の整理が追い付かずに
適当に一枚アップして就寝した

前回の大阪空港夜襲は今年の2月
手も足も出ず轟沈でしたが
今回は色々と失敗を反省して
新しい試みをしてみた

夜撮は光量不足でssが遅くなる
その為にはisoを高くしたい
高くしたらノイズが出てくる
この3すくみの連鎖を断ち切りたいが
適当な妥協点で試みてみた

着陸滑走路側は西側で
日没後の赤い色が残って幻想的な茜色
逆に進入側は東側でゴールデンタイム・ブルーが奇麗
赤と青色を表現するための露出補正を考え
奇麗な色が表現できた

ラストのショットは正面から
フォーカスがふらつく条件で
トライしてみた
これは前回も試みたが
一番難しい条件だ
まだまだ挑戦だ
シアンとブルーを強調してみました





[PR]

by captain_spoc | 2017-05-06 23:15 | スナップ | Comments(0)
2017年 05月 06日

大阪空港夜撮リベンジ編

e0022047_01412593.jpg

大阪空港の夕景撮影に出かけた
何回撮っても満足いくもんが撮れん
然し終わって仲間と夕食食って
グダグダと他愛もない話に花が咲き
撮影よりも長時間居ったんちゃうか?

撮影に行ったんやら
会食に行ったんやら
仲間と行けばそんでも楽しい
もう日付も変わってるやん
とりあえず一枚アップや


[PR]

by captain_spoc | 2017-05-06 01:46 | スナップ | Comments(0)
2017年 04月 26日

しのぶれど 色に出でにけり 我が・・・は

e0022047_22583881.jpg

どないしたん、元気ないやん
と看護師さんに言われてふと我に返った
あゝ ちょっと頭がパニックやねん
と何でもないような口調で返した
ああそうか すぐ良くなるわと明るく言われた

何かご不満でもお有りですか?
とカミさんから嫌味てんこ盛りで言われた
しもた 目の前で大きなため息ついてもた
いやそやないねん ちょっと考え事しててん と謝った

身体は健康そのものやのに精神が不調だと
体調もおかしくなってしんどい日が続く
また鬱に堕ちたと自覚はしているけれど
自分の根性や努力ではどうにもできない
自分自身をコントロールできない
まして他人さんではどうしょうもない

暗い太平洋の真ん中の夜の海に
独りぽっかり浮かんでいるような猛烈な寂寥感
何か忘れ物をしたような心がざわついて
安定感の無い精神
一寸今回のは酷い部類だ

昨日私の作品集のホームページを編集していた時に
トップの画像に出会った
あの作品集は私の好きな作品ばかりだが
とりわけこの作品は心癒される
自分の作品に癒されるとは変な話で
良いと思って撮ったそしてチョイスした作品だが
特に見ていて落ち着く作品だ

京都水族館の「青の世界」と言うタイトル
私の作品はダイナミックでインパクトを求めて・・・
そんな作品が多いなかで
この作品は気負いなく静かな一点
コンテストには訴えが弱いかもしれないが
他人の評価は別として自身でお気に入りである

音楽聞いて映画を見てスポーツをして撮影に行き
色々トライして気を紛らしている
今までの経験で抜け出せることは分かっている
あともう少し・・・



[PR]

by captain_spoc | 2017-04-26 21:34 | スナップ | Comments(0)