スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:昆虫( 257 )


2017年 04月 30日

市街地でアゲハが乱舞

e0022047_23062783.jpg

ここ2~3日市街地のご近所で
アゲハが沢山舞っている
これは武庫体育館への途中で
姫空木に吸蜜に来たアゲハ
羽化して間が無いのかとても奇麗な個体でした

体育館の途中なので
カメラはコンパクトデジカメのTG-620で撮影
スーパーマクロモードでの設定なので
被写体のアゲハとは3~4cmくらいの近さ

単写で約100枚くらい撮影できた
ほぼブラインド撮影なので
ノートリミングでお見せできるショットを選んだ
ただレタッチは練習のつもりでかなり手を入れた

即ち上部の姫空木の花の白色と
右下の緑の部分をトーンカーブで明るくした
同じ部分を軽くボカシを入れて
なおかつ蝶の黒い模様の部分を
トーンカーブで黒くした

又Camera RAWフィルターを使って
あたかもRAW現像するような処理で
彩度なども調整した
これで被写体のアゲハチョウがかなり浮き立って
奇麗に目を引くようになった

Camera RAWフィルターとかトーンカーブなどは
エレメンツにはない機能で
今は習得のための練習をしている所です



[PR]

by captain_spoc | 2017-04-30 23:24 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 04月 27日

ヤマツツジに吸蜜に来る蝶たち

e0022047_22501097.jpg

e0022047_22503848.jpg

ギフチョウ狙いで定点観測して
ツツジに吸蜜に来る各種蝶を撮影

本日はベニシジミとミヤマセセリ
矢張り蝶は花止まりが絵になる

ギフチョウ狙いだったので
他の種は力入ってへんなア
反省





[PR]

by captain_spoc | 2017-04-27 23:01 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 04月 24日

今年初撮りツバメシジミ

e0022047_21452708.jpg

e0022047_21455033.jpg

ギフチョウを撮影するために
ドーンと一点に留まって腰を下ろして
待機し続けました

何度もギフチョウが回ってきましたが
その待っている間に色々な蝶が
飛び込んできます

翅を広げて太陽の光を美しく反射して
輝いているツバメシジミ
撮ってくれ~と言わんばかりに目の前で示威行動
よっしゃよっしゃとシャッターを押した

周りには誰も居ないので静寂そのもの
蝶と私の言葉無き対話でした



[PR]

by captain_spoc | 2017-04-24 21:54 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 04月 23日

ギフチョウのリベンジができました

e0022047_22553271.jpg

e0022047_22561972.jpg

どうも体調が思わしくない
どこがどうと言うことは無いんだが
元気が出ない毎日です

こんな時は独りで山に撮影に行くに限る
猪名川公園、農業公園、万博公園
色々候補があったが今日は日曜日なので
これらは駐車場が一杯
そこで宝塚の誰も来ないマイポイントに決めた

そろそろベニシジミでも出るころかと
出かけてみると早速ギフチョウのお出迎え
同じ市内でも高度や日当たりの具合などで
羽化の時期が場所により微妙にずれる

未だカメラの設定もできてない時なので
ここで定点観測で粘ることに決めた
春の女神と呼ばれる非常に希少種でその活動期間も短い
ヤマツツジもあちこちあるが
ギフチョウが立ち寄って吸蜜する木は
ある特定の木のような気がする

じっと待ちで蝶の方から回ってくるのを気長に待つと
1時間に数回立ち寄ってくる
個体識別ができないので
同じ個体かどうかわからないが
一瞥で2頭が見ることができたので
2~3頭はいるようだ

前回は地面にへばりついているギフチョウだが
今回は花止まりの絵になる姿
矢張りその可憐な美しさは見るものを惹きつける
蝶と対峙して癒された春の一日でした



[PR]

by captain_spoc | 2017-04-23 23:07 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 04月 22日

私のファイル名の付け方

e0022047_22074428.jpg

非常にポピュラーな蝶スジグロシロチョウ
ベニシジミを撮影しているときに飛来してきて
こいつもついでにと撮影しました
羽の一部が切れていて天敵にやられたか
哀れな姿です

然し撮影して保存しようとファイル名を打つと
以前の保存の形跡がありません
と言うことは初撮影です
もう以前から見ているので初認とは言えませんが
過去のファイル名がないと言うことは
撮影がこれが最初だと言う事でした

私のファイル名の付け方は
benisijimi1701と言う付けかた
最初に名前と連番
1701の最初の2桁は2017年の撮影
後の01はその年の連番
ベニシジミを2017年に撮影した最初の一枚と言うことです

sujigurosiroと保存の時に種名を入れれば
過去の連番が予測変換で出てくるのが通例ですが
全く出てこなかったので今まで撮影していなかったと言うことになります
あまりにもポピュラーな種はこんなこともあるかも知れない
スズメだって沢山のファイル名の連番が有るのに

私は珍しい種を追いかけて撮るようなことはしない
目の前に現れれば珍しかろうとふつう種であろうと
何とか美しく撮影したいと言う方法
だから何種類撮ったとかはあまり興味がないが
矢張り珍しい種は出来れば遭遇して撮影したいのは
カメラマンの本能であります


[PR]

by captain_spoc | 2017-04-22 22:26 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 04月 19日

沢山のベニシジミが羽化してきました

e0022047_22213172.jpg

e0022047_22214058.jpg

e0022047_22222897.jpg

時期的にベニシジミが沢山羽化してきました
珍しくもなんともない蝶ですが
私にとっては大好きな蝶です
EM-1には300mm付けていることが多いので
マクロ撮影は専ら3枚目のコンデジTG-620です

このカメラのマクロモードには2種類あって
マクロとスーパーマクロモードです
この2枚はスーパーマクロモードで
被写体にかなり近づけます

今日のショットは3~5cmの距離まで近づいています
ゆっくり近づけば逃げられません
EM-1のマクロレンズも欲しいのですが
ちょっと我慢しています

ベニシジミは近接撮影にはもってこいの被写体です



[PR]

by captain_spoc | 2017-04-19 22:30 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 04月 16日

春の女神ギフチョウに合いました

e0022047_22393987.jpg

e0022047_22402596.jpg

今年の春は遅かった
サクラも開花は遅く
ギフチョウも例年3月に撮影していたのに
今年は4月になりました

年々生息環境の悪化で
その数を減らしているのですが
その上に密猟で補虫網で一網打尽
当日も補虫網を持ったオッサンと出会ったが
何頭かは犠牲になるのだろう

私は撮ったけど生息数は減りません
「とった」でもえらい違いや



[PR]

by captain_spoc | 2017-04-16 22:46 | 昆虫 | Comments(2)
2017年 04月 06日

ミヤマセセリを美しく撮影したい

e0022047_22182987.jpg

ミヤマセセリは何とも地味な蝶だ
蛾と間違うほどの色
でもよく見ると羽毛が輝いている
先日の証拠写真は地上の草の上で何とも味気ない

出来れば花止まりを撮りたいが
今日は枯れた草のてっぺんに止まった
地上よりましだ
後ろ抜けと言って被写体の後ろに空間がある
これだと背景がぼかして撮れるので
すっきりしたショットになる

去年は花止まり(タンポポ)のショットが撮れたが
まあ今日これくらいにしておこう
主役のギフチョウでも撮れれば最高なのだが
週末はスポーツが目白押しで
撮影に出掛けられない

その間にギフチョウも羽化してくれれば最高なのだが・・・


[PR]

by captain_spoc | 2017-04-06 22:23 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 04月 05日

今年初撮りのベニシジミは無垢です

e0022047_22044297.jpg

e0022047_22045344.jpg

先日撮り損ねたベニシジミが居たので
今年初撮りに成功です
羽化して間が無いためかとても無垢で奇麗です

ミヤマセセリとベニシジミと
脇役はどんどん固まってきました
残るは主役の登場ですが
合えるかどうか・・・

トップは300mmで撮影
2枚目は電子テレコンonにして
600mmの換算1,200mmで撮影
被写体の距離は最短合焦点の2m弱です





[PR]

by captain_spoc | 2017-04-05 22:11 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 04月 02日

春を探しにフットワークも軽く

e0022047_21372535.jpg

e0022047_21375022.jpg

今年の春は遅れているようだ
サクラの開花宣言も1週間遅れだそうだ
お決まりの春の蝶の羽化も遅れ気味
今日は今年の初撮り
ミヤマセセリとモンキチョウ

早朝から雲も無い良い天気
宝塚の蝶のポイントへ
車の屋根を開けてルンルン・ドライブ
ポイントに着くと何と蝶友とばったり
彼はネイチャー専門に追いかけているので
私がネイチャーに出かけるとき
同じポイントで遭遇することが良くある

二人でポイントを探査するも
この惑星の生命反応はゼロ
久しぶりなので彼と尾根の頂上で話していると
何とまた学校の後輩にばったり
蝶撮影のはずが世間話の場になりました
3人とも知り合いですが全くの偶然で
こんな山奥で遭遇なんです

聞くと山のふもとでベニシジミを見たと
ショットを見せてもらった
早速食事がてら山を下りてポイントで粘るも
ベニシジミは会えず
上のミヤマセセリとモンキチョウに合って
まあまあの成果で山を下りました





[PR]

by captain_spoc | 2017-04-02 21:52 | 昆虫 | Comments(0)