カテゴリ:昆虫( 248 )


2016年 10月 29日

噂をすれば現れたキアゲハが美しい

e0022047_20025528.jpg


e0022047_20032579.jpg


e0022047_20040292.jpg


e0022047_20043114.jpg


馬には乗ってみよ 人には添うてみよ
籠には乗ってみよ 撮影には現地へ出てみよ
何事も経験しなくちゃ始まらない
ネイチャーの撮影をしていると
坊主になることが再々ある

だからと言って現地へ出かけなければ
ドラマは生まれない
今日は終いコスモスのつもりで
武庫川愛護センター前のコスモス園へ出かけた
FB友達から風が強いとアップされていたが
物凄い風でコスモスのクローズアップなんか狙えない

そこへアゲハチョウがひらひらと飛んできた
花に止まれと願うとホンマに止まった
よく観察するとキアゲハだ
先日万博公園へみんなで撮影に出かけた時に
キアゲハの話になったばかり

そういえば最近キアゲハに出会ったことがない
ファイル名を付けるときkiageha1601となった
昆虫のホルダーのファイル名は
昆虫名+2016の下2ケタ+その年の連番
ということは今年の初撮りである
フォルダーを調べると2010年から空いているので
6年ぶりのkiagehaである

珍しい種に有ったので夢中で撮影
息をするのも忘れていて息苦しくて我に返った
美しいコスモスに美しいキアゲハ
何枚撮っても乙女チックになってしまう
でもそれも良く似合う

ホンマに今日は出かけてよかった






[PR]

by captain_spoc | 2016-10-29 20:19 | 昆虫 | Comments(0)
2016年 10月 26日

スマホカメラでマクロがさらに進化

e0022047_22131052.jpg

昨日に続いてまたシジミのショット
今日のショットはまた昨日より一段とはっきりくっきり
今日の花はペンタスに止まってくれた
昨日の花はお向かいのプランターのオーナーにお聞きして
クロサンドラ・スーパーキャンドルと言う名前と分かりました

このショットもノートリミング・ノーレタッチです
(明るさ調整はしています)
スマホの液晶画面に写っている被写体が
ジワーッとピンが合って驚くほどのショット
スマホカメラの扱いも段々慣れてきました
兎に角どれほど被写体に寄れるかの戦い

今日のショットは背景の距離が離れていて
後ろ抜けの状態なので背景がボケた
さらに被写体が浮き上がり
満足度が高いショットになりました





[PR]

by captain_spoc | 2016-10-26 22:22 | 昆虫 | Comments(0)
2016年 09月 11日

スポック流ファイル名の付け方

e0022047_23323545.jpg

e0022047_23332267.jpg

翅の裏面は大変地味なのですが
広げて表面を見ると大変美しい青色が見える
何という名前だったかなととりあえず撮影
帰って調べるとムラサキシジミらしい

ここで原画を昆虫ホルダーに保存作業します
その時にファイル名は名前プラス年代
この場合は murasakisijimi1601.jpg
昆虫や鳥の場合種類名
次に西暦下2桁2016年は16
次の2桁は年初からの連番
即ち2016年のムラサキシジミ01枚目

撮影日やデータはexifを見ればわかりますので
特にファイル名には入れていません
今回1601の連番になったことは
このムラサキシジミは今年初撮り
また今までムラサキシジミのファイル名がないので
全くの初認

初めて写真に収めたか見たことは有るけど
写真に撮れなかったかのいずれか
原画の保存先には
花、昆虫、野鳥、スナップ、猫
スナップと猫は撮影地名がファイル名
その他は種類がファイル名

その原画をリサイズしてブログにアップして
ブログアップ済みのフォルダーに
保存しています
だから大きいサイズの原画は昆虫のフォルダー
小さいサイズの画像はブログのフォルダー
それぞれに保存しています







[PR]

by captain_spoc | 2016-09-11 00:02 | 昆虫
2016年 08月 22日

Rioロス症候群になりそう

e0022047_23030959.jpg

とうとうリオデジャネイロ・オリンピックも閉幕した
数々のメダルと感動・興奮をありがとうと言う感じ
でも祭りの後の寂しさか
気が抜けたような感じです

特にカミさんはテレビのお守り役なので
おもろないなあと呟いています
私はまだすることや楽しみはいっぱいあります
一度きりの人生ですから
いろいろトライすることがたくさんあります

カミさんもなんかすればええのに....


[PR]

by captain_spoc | 2016-08-22 23:08 | 昆虫 | Comments(2)
2016年 08月 21日

お盆を過ぎればハンミョウの季節なり

e0022047_21314307.jpg

e0022047_21315686.jpg

e0022047_21320799.jpg

盆を過ぎるとハンミョウの季節
かなりの暑さが予想されたが
オリンピックも終盤で面白そうなものも無いので
毎年挑戦しているハンミョウを撮影に出かけた

今年は新兵器300mm F4.0 Proを携えて
期待に胸弾ませて出かけた
やはり長いのはメリットがある
なかなか近づかせてくれないハンミョウだが
遠くからでも狙えて警戒されない距離だ

カメラ裏の液晶画面で拡大してみても
クリアさはかなりのレベルだ
当然電子テレコンで
600mmで撮影しました

ハンミョウは2cm位の小さい昆虫だ




[PR]

by captain_spoc | 2016-08-21 21:42 | 昆虫 | Comments(0)
2016年 08月 11日

アメリカを震撼させた小さなモンスター

e0022047_23362456.jpg

マメコガネと言うカナブンによく似た甲虫
1cm位の小さな昆虫です
この虫があるとき船に乗って密航しました
行先はアメリカ
密航と言っても自分の意志で渡ったわけではなく
果物か何かについて渡ったのです

これがアメリカに渡って大発生いたしました
農作物や果物などに大打撃を与えて
ジャパニーズビートルと恐れられました

生態系のバランスが崩れるとこんな問題が起こります
即ち日本では天敵がいて大発生はほとんどありません
然し運悪くアメリカには天敵が居なくて大発生いたしました

生態系を無視して個体を移動させるとなぜ悪いのか
天敵とその餌になるもの同士は
その個体の数を維持するのに微妙なバランスの上に立っています
例えばマメコガネが何かの要因で大発生したら
それを餌とする天敵は餌が豊富なので
どんどんその数を増やします

天敵がそのまま増えすぎると餌になるマメコガネが
天敵に対して十分に行きわたりません
すると餌不足で天敵の数は食糧難で数を減らします
丁度良いバランスで天敵とマメコガネは生息しています
それが人間が手を加えなくてもバランスがとれる
生態系のバランスです

今農薬などで害虫と言われる虫を殺します
これでは天敵の餌が減って天敵が減少します
すると餌の害虫は増えていって追っかけっこになってしまいます
生態系のバランスを崩すのは人間です




[PR]

by captain_spoc | 2016-08-11 23:57 | 昆虫 | Comments(0)
2016年 08月 10日

コンパクトデジカメでもレベルの高いマクロが撮れます

e0022047_23203535.jpg

指の爪位の大きさのシジミチョウです
TG620で撮影しました
このカメラには3段階のマクロモードがあり
レベルによって最短合焦点が違います
これは一番拡大率の大きいモードです

ほぼ被写体から5cmの距離です
シロツメクサに止まって吸蜜します
とても可愛い蝶です
拡大してもクリアな写りで満足しています

今オリンピックに燃えています
卓球も水泳も感動しています
スマホに「NHKスポーツ」のアプリを
ダウンロードすると
ハイライトや競技予定など楽しく放送が楽しめます




[PR]

by captain_spoc | 2016-08-10 23:26 | 昆虫 | Comments(0)
2016年 08月 05日

コンデジ・マクロもハサミも使い様

e0022047_22032275.jpg

宝塚市の西谷地区へひまわりを撮りに行ったついでに
昆虫を探しにポイントに寄りました
ハラビロトンボが居ました
名前の通り腹が広い幅が広いトンボです

コンデジのマクロは焦点距離が短いのが欠点です
と言うことは被写体に近付かなければピントが合いません
このショットも被写体との距離5㎝位です
翅にカメラが当たりそうな近さです
ゆっくり近づけば逃げません

コンデジマクロと言っても結構クリアに写ります
カメラはOLYMPUSのTG620です

e0022047_01475950.jpg

サブ機にはもってこいです



[PR]

by captain_spoc | 2016-08-05 22:14 | 昆虫 | Comments(0)
2016年 07月 05日

万博公園のハスはこれから見頃へ

e0022047_00044199.jpg

万博公園へハスを見に行きました
かなりたくさんの蕾が付いています
これからどんどん咲き出すでしょう

今日撮ったハスは明日アップいたします


[PR]

by captain_spoc | 2016-07-05 00:06 | 昆虫 | Comments(2)
2016年 05月 19日

親が子を思うのは人間も蝶も同じ

e0022047_00195064.jpg

e0022047_00200112.jpg

今盛んに羽化しているのがホシミスジ
2枚目のショットが羽の表
1枚目の羽を閉じたときに見えるのが羽の裏
羽の裏の後ろ羽に星のような斑点がある
それでホシミスジの名前になりました

いまはユキヤナギの周りで
ひらひら飛んでいるのが見られる
それはユキヤナギに卵を産み付けているのです
青虫毛虫の幼虫がこのユキヤナギの葉を食べて
育つのです

成虫は葉を食べることはしませんが
幼虫の食草を考えてユキヤナギに卵を産みます
これは本能であって愛情ではないでしょうけど
幼虫の爲にユキヤナギの周りからあまり離れることは有りません
子のために親はユキヤナギとともに暮らしているのです

卓球などをしている武庫体育館
その前にある公園の周りには
生垣のようにユキヤナギが植えられています
バドミントンの帰りにホシミスジを見つけました





[PR]

by captain_spoc | 2016-05-19 00:32 | 昆虫 | Comments(0)