スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:レタッチ( 96 )


2017年 08月 16日

黄色い世界は元気が出る

e0022047_23084930.jpg

facebookの壁紙にこれをアップしましたら友人から撮り方を聞かれた
その撮影のツボをアップしてみる

特に難しくないので皆さんも是非トライしてみてください
このショットは前ボケを大きなボケにして
花の持っている色をベースとして使うことだ
ひまわりは黄色、アジサイは青色、コスモスはピンク
花菖蒲はムラサキなどなど
その色が画面全体を覆うように前ボケを使う

この場合ひまわりの花びらが重なって
小さなノゾキアナがある場所を選ぶ
そこから被写体のヒマワリを探す
なかなかこの条件に合う場所は
花が沢山有ってもわずかなポイントしかない筈

ここでツボは露出補正プラスにして
兎に角明るいカラーに仕上げます
ひまわりに限らず淡いハイキーな色にするのがコツ
ボケの部分に黒い色を入れない
例えば背景の陰の部分とか
ひまわりの真の種子の部分などは
黒っぽいボケになり
トーンが重くなります

レンズは望遠の長いほどボケやすいので
焦点距離の長いのを持って行ってください
Aモード 絞り開放
露出補正+1~+2
天気のええときはiso200

花は花は花は~~~~♬
プラスがええで





[PR]

by captain_spoc | 2017-08-16 23:01 | レタッチ | Comments(0)
2017年 08月 07日

淀川花火大会の多重合成のレタッチ

完成画像
e0022047_22412894.jpg

画像一覧
e0022047_22440967.jpg

背景画像
e0022047_22451588.jpg

パーツ1
e0022047_22444107.jpg

パーツ2
e0022047_23395132.jpg


選択及びコピーレイヤー
e0022047_22433093.jpg

パーツ3
e0022047_22594465.jpg


なにわ淀川花火大会の合成のレタッチの方法を書きます
説明用に画像をもう一つ作ったのがトップの画像

2枚目は当日撮影した画像のホルダーの一覧表
この中から背景画像と各パーツ画像を選びます

背景画像は低い位置での花火のシーンを選び
上方に貼り付けスペースを確保しておきます

このスペースに貼り付ける花火のパーツを選びます
此処ではパーツⅠ,2,3を選びましたが
実際は5枚のパーツを使用しています

それぞれのパーツを切り抜きコピーしたレイヤーを作ります
選択及びコピーレイヤー画像がその手順

それぞれの切り抜きパーツをドラグして
背景画像の任意の位置へバランスを考え配置します
ここでの注意点はパーツの明るさを暗くして置く

これを背景画像に貼り付けた後で
都度比較(明)の作業をして
花火だけ貼り付けるようにします

全て重ねた最後に画像を統合して一枚の画像にする
その上で明るさとコントラストで夜景の空を絞める

パーツの一枚一枚を見るとちょっとショボい
それと当日ガスっていた状況だったので
比較明と明るさコントラストの調整で
迫力の花火シーンが完成です








[PR]

by captain_spoc | 2017-08-07 23:23 | レタッチ | Comments(0)
2017年 07月 16日

動物王国オウムのオーちゃんレタッチ編

e0022047_22095722.jpg


e0022047_22353696.jpg

コンテスト仕様でのレタッチ
動物王国のオームのオーちゃん
可愛いぎこちない飛翔の姿に人気抜群
今回は飛翔コースの終点あたりから狙いました

カメラから被写体は遠いのに
被写体と観客の距離が短い
観客の姿のボケが少ないのが問題点
コンテスト仕様でレタッチを試みる

1)先ず画面下側の観客の頭をトリミング
2)それに縦横比を考えて左右もカット
3)係員の明るい手が左に一部見えるが塗りつぶしで消す
4)観客の顔が並んでいる辺りを大まかに選択ツールで囲う
5)選択範囲の境界をボカシて顔をガウスでぼかす
6)オウムをクイック選択ツールで選択
7)選択範囲を反転して観客席をレベル補正でマイナスに暗くする

これでオーちゃんは明るく観客席だけ暗くなった
「スポットライト」とでもタイトル付けられそうな
コントラストの効いた画像になりました
ガウスは顔の判別が分からないように念のため
フォトショップCCは色々便利だ
カメラはE-M1 MKⅡ



[PR]

by captain_spoc | 2017-07-16 22:57 | レタッチ | Comments(0)
2017年 07月 13日

空を深い青に写すには

e0022047_22545862.jpg

先日アップした大阪空港のショット
採用したのがコラージュの上のショット
下のショットは原画です

本来空を青く写すにはPLフィルターが有効です
レンズの前にこのフィルターを装着して
不要な反射光を除去できるので
本来の色味が出ます

ただこのカメラはコンデジのTG-620で写しました
そこで露出補正でその効果を出しました
下がカメラ設定で-0.7だったと思いますが
イメージには程遠く画像に切れがありません
そこで画像処理フォトショップで露出補正を調整して
イメージに近い色になるまでマイナス補正いたしました

場面場面で補正をプラスにしたりマイナスにしたり
露出補正はとても大切な設定です
先日霧のシーンの画像処理を致しましたが
霧の場合はプラスが良いようです
青い空はマイナスにします
食べ物などはプラス、花もプラス

これは経験していくしかなく法則は有りません




[PR]

by captain_spoc | 2017-07-13 23:12 | レタッチ | Comments(0)
2017年 07月 06日

フォトショップによる霧の表現の画像処理

e0022047_23050879.jpg

e0022047_23053517.jpg

e0022047_23300649.jpg
2011年9月私が初めて竹田城の雲海を撮影した時の画像です
この日は天気予報でも濃霧注意報が出ていましたので
日の出前に現地へ着くべく車を走らせました
途中から猛烈な霧で雲海は約束されたようなもの

未だ当時は駐車場まで車で行けましたので
そこから本丸跡まで切り立った山道を登って行きました
その時の画像が2枚目3枚目の画像
ただ2枚目のショットは深い霧の中だったのに
撮影してみるとそんなに深い霧のように表現できていない

本丸から眺めた竹田城は息をのむばかりの美しさでした
それが3枚目のショットで会心の一枚
然し2枚目は不本意ながら本日まで来ましたが
ここにきてフォトショップのチュウトリアルで
霧の表現が出ていたのでテキストを見ながら
修正画像処理をして見ました

結果がトップのショットで当時のイメージに近い感覚です
やっとこさ本来の霧の状態が復元できて満足です



[PR]

by captain_spoc | 2017-07-06 23:44 | レタッチ | Comments(0)
2017年 04月 21日

ソフトフォーカスの画像処理は・・・

e0022047_22221394.jpg
画像をコピー


e0022047_22223772.jpg
コピーした画像をぼかす


e0022047_22232118.jpg
ぼかしたレイヤーを半透明にする

e0022047_22040128.jpg
完成画像



先日アップしたチューリップの画像
ソフトフォーカスで画像処理をいたしました
とても簡単なのでトライしてみてください

ソフトフォーカスにしたい画像をフォトショップに取り込み
レイヤーの複製を作ります
その段階が一番トップの画像で
右側にあるメニューに2枚の画像が有ることが分かります
複製を作っても2枚レイヤーが重なっているので
同じ画像が見えるだけですが・・・

次に上側にあるレイヤーをぼかすために
ツールバーのフィルター→ボカシ→ボカシ(ガウス)
で画像をプレビューを見ながらぼかします
その段階が2枚目の画像です

これで上にボケた画像と下にクリアな画像が重なることになります
然し見えるのは上のボケた画像だけですので
この上にあるボケた画像のレイヤーを半透明にします
するとクリアな画像とボケた画像が重なって見えますので
半透明のパーセントをプレビューを見ながら決めます
後はこの2枚のレイヤーを結合(1枚)に重ねます
これでソフトのフォーカスが効いた画像の出来上がりです

フイルム時代はフィルターをレンズの前に着けて
ソフトフォーカスを作っていました
今のデジタル時代でもソフトフォーカスフィルターは有効です
最近ミラーレスの時代になり多重露光が簡単にできるようになりました
カメラ内でクリアな画像とボケた画像を撮影して合成する方式です

然し画像処理でソフトフォーカスを作ると簡単な作業で
柔らかいトーンのソフトフォーカスショットができます
レイヤーをコピーしてぼかすことができるソフトなら
各メーカーの画像処理ソフトでも出来ます
私はフォトショップを使っているので
この方法が一番楽です









[PR]

by captain_spoc | 2017-04-21 22:45 | レタッチ | Comments(0)
2017年 03月 26日

写真は引き算・駄作も蘇る

e0022047_23021834.jpg

e0022047_21014178.jpg

絵画は足し算、写真は引き算と言います
即ち絵は真っ白なキャンバスに描いていきます
例えば風景の場合山や川や空や
しかしそこにある必要のないもの
電柱や電線や汚いゴミや看板そんな物は描きません
風景画に必要なものだけを描いて行きます
必要なものだけを描き足すのです

しかし写真はすべて写ります
不要なものや汚いものなどすべて忠実に・・
それをいかに写し込まないようにするか
背景処理と言うものがそれにあたります
黒くしたり白くしたりぼかしたリ

どうしようもなく写りこんだものは
画像処理で消します
これが写真は引き算の所以です
今回のジョウビタキは
煩わしい枝をトリミングしましたが
左下から伸びる枝がジョウビタキに絡んでいます
右下も不要な枝の先が入りました

それらを画像処理で消しました
その他コントラストを強くして色を強調しました
背景が白っぽく良いイメージで撮れましたので
画像処理で蘇らせました

コンテストの作品もしかりですが
ブログで皆さんの目に触れるものでも
最高の状態になるよう都度処理をしています

良く世間で「絵のように美しい景色」と表現します
景色よりも絵の方が奇麗なのか・・・?
そういう意味ではありません
今申し上げたように不要なものを描き込まない
足し算で描かれた絵のように
汚い物や不要なものが目につかない
絶景なのだと言うことです


[PR]

by captain_spoc | 2017-03-26 21:25 | レタッチ | Comments(0)
2017年 02月 25日

一生に一度の訪問が晴天とは限らない

e0022047_21434036.jpg


e0022047_21443460.jpg

撮影を目的とした旅行は今までに4回ほどでかけました
南は屋久島2回、福島の相馬野馬追い、ここ北海道の美瑛
屋久島は3泊していますがその他は一泊の弾丸ツアー

北海道はもう行くこともないかもしれない
そのたった一回の北海道が天候に恵まれず
曇天の白い空しか撮れなかった
返す返すも残念だが自然には逆らえない

去年画像処理のソフトを月払いのフォトショップCCに代えた
そのトレーニングを兼ねて空を晴天に代えました
防風林の木立も地平線の様に切り取り
広々とした雄大な北海道をイメージしました
私の記憶のメモリーには下の曇天の美瑛が記録されていますが
晴れた青空の下の美瑛を記録に残してみたい

防風林と空以外にも小さい処理を行っています
美瑛に足跡を残したことと
青い空の雄大な景色を記憶に残し
冥途の土産に持って行きます



[PR]

by captain_spoc | 2017-02-25 22:00 | レタッチ | Comments(2)
2017年 02月 10日

夕方の雰囲気を出すのに苦労いたします

e0022047_21393348.jpg


先日アップした北条鉄道の夕景のショット
画像処理後と処理前の比較コラージュです
私のイメージはもちろん上のショットで
田んぼの中の砂利道の懐かしい踏切の場所
都会ではこの平面交差は見られない
時間は陽も沈み午後5時20分

辺りは薄暗くなりかけて小焼けが赤い
然し下のショットではそんな雰囲気は微塵も感じられない
カメラの性能がどんどん良くなって
昼のように明るく写してくれる
だが写すときは-0.7の露出補正をかけている

でも夕暮れの雰囲気が出ていないので
画像処理でマイナス補正をかけて上段のショット
処理のついでに右の端に電柱の一部が写りこみ.....これを削除
それとアクセントに踏切の赤いランプを左右とも点灯させる

それならば撮影時に補正を-1.7~2.0くらいで撮影すれば良い物の
やはり失敗した時の保険で緩めにかけてしまう
残りの仕上げの補正でプレビューを見ながら
適正な補正に修正いたします

これで田んぼの中の踏切の夕景色の中を走る
情緒たっぷりの北条鉄道の出来上がりです


[PR]

by captain_spoc | 2017-02-10 21:37 | レタッチ | Comments(0)
2017年 01月 24日

露出補正の処理で画像が蘇る

e0022047_22240886.jpg


e0022047_22431836.jpg

画像処理のbeforeとafter
1月21日にアップした内の一枚を
処理前と処理後を並べました

撮影する時からイメージは出来ていました
即ち正面の川西の山は日陰になり
手前を夕陽を浴びた飛行機がくっきりと.....
と思っていたのですが撮影してみたものは
2枚目の如くのっぺりしたメリハリのない
眠たいショットでした

特別コンテストに出すような出来ではなかったのですが
ブログにアップする・・・他人の目に触れるものは
恥ずかしくない程度の完成したものを選んでいます
だからノートリ、ノーレタッチと言う作品は
殆んどありません
何らかの手をかけて完成しています

人間の目はとても優秀な性能を持っています
暗いところも明るいところもすべて見えます
ところがカメラはそんな明るいところや暗いところが
混在するようなダイナミックレンジが広いと言いますが
そんな被写体は撮影するのに苦労いたします

このシーンも背景の暗い山並みと明るい機体
機体に露出を合わせれば背景は暗くなるはずです
カメラは大部分を占める背景の明るさが暗いので
明るく撮るように働きます

マイナス補正で撮影していても
画像処理の時にプレビユーを見ながら
自分の思い通りの背景の山並みを暗くして
明るい機体を浮かび上がらせます

今回は露出補正とコントラストを操作して
思い通りの山並みの暗さと
機体の明るさを表現しました



[PR]

by captain_spoc | 2017-01-24 23:04 | レタッチ | Comments(0)