<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2008年 11月 27日

海遊館

e0022047_22442328.jpg

大阪の天保山に水族館「海遊館」がある
最近はUSJの開業もあって
海外からの客が多い
休日ともなると入場制限しなければいけないほど
沢山の客が来る
今2匹のジンベーザメが人気だ

****今日の天星人語****

一昨日私の撮影スタイルに
疑問の声が載っていましたので
お応えしたいと思います

私はバーダーであると同時にフォトグラファーでもある
(ガーデナーでもあるのだが・・・)
だから探鳥に行って写真を撮るとき
バーダーとして識別に役立つ
また初認の鳥を撮るときは
失敗しないようにハイスピードシャッターで撮影する

飛翔の写真もハイスピードシャッターで
綺麗に止めて写している
枝に止まっている鳥も良いがより生き生きとした
美しい姿を撮りたいと飛翔の写真に努力した
以下は作例だ

ツバメ返し(ターン)
e0022047_005580.jpg

夕陽を浴びて
e0022047_025527.jpg

絞りは開放にしてisoを上げて
ハイスピードシャッターが切れるように準備している

そこそこ飛翔の写真も成功例が多くなり
満足の行く作品が写せるようになった
するとフォトグラファーのスポックの
挑戦意欲が頭をもたげ
より難しいぶれの写真を撮りたいと思うようになった
以下初期の作例
e0022047_041273.jpg

e0022047_051670.jpg


カタログや取り扱い説明書には
流し撮りはシャッター速度優先が便利と書いてある
現場に出ればこんなことは使い物にならない
鳥たちが「今から出て行きますので
シャッター速度優先に換えてください」と言いながら
出てきてくれた事は一度も無い
突然に飛び出してくるのである

絞り優先開放でiso400で探鳥しながら歩いている
咄嗟に右親指でジョグダイアルを絞り込むように廻す
isoボタンを右人差し指で押しながらジョグダイアルを
右親指で左回しに廻してisoを落とす
これだけの作業を一瞬のうちにしなければならない
ファインダーを覗きながらのブラインド作業である

幸いなことに絞り、iso、WB、露出補正は
全部右手で作業なのでブラインド作業が可能だ
ところが絞り優先とシャッター優先の変更は
左手で作業だ
左手はカメラを支えるためボディの下にある
ファインダーから目を離して設定換えをしていたら
飛んでいる鳥は居なくなる

夜景や花火、ストロボ使用のときは
シャッター速度を指定しなければならず
この時はシャッター優先にしている

現場で何千枚も飛翔の写真を撮れば
一瞬でスローシャッターにするには
絞り優先で絞り込むことが一番早いことが
身を以って判った
だから三脚で飛翔の写真を撮るなんて
やって見たら判るができっこない

同じようにスタビを一方向にすれば
流し撮りが簡単に出来るとカタログにはある
列車や自動車などは良いが
鳥は上下に羽ばたくので上下のスタビを効かせると
羽のブレが滑らかにならない
まして鳥は上下左右どちらへ飛ぶか
予想がつかない

ことほど左様にカタログと実戦とは
大きな隔たりがある
私も3回も成人式を向かえデジタルには
なかなか馴染めない年代だ
だから身に付くまで何回も数多く実践する
そして一番良い方法を実践から割り出す
カタログを鵜呑みにして居ると何時までも進歩は無い

4回目の成人式は迎えられるか微妙だが
他人より数多くのシャッターを切り
カメラの設定を試している
最近の沢山のフォーカスポイントや
高速の連写なんか必要ない
C-AFも動く物には良いとカタログにあるが
鳥には使い物にならない
捕捉を外したときのサーチに時間がかかり
もう鳥は居ない状態だ
C-AF+MFのモードがあるが訳がわからん
どのように使うのか設計者に聞きたい

私が信頼するのは実践で得た経験だ

[PR]

by captain_spoc | 2008-11-27 00:52 | スナップ | Comments(4)
2008年 11月 14日

怒濤

天に昇る
絞りf22+NDフィルター+iso100
e0022047_1684648.jpg


みなぎる力
絞りf22+NDフィルター+iso100
e0022047_20585646.jpg


荒波
絞り開放f5.6+iso400
e0022047_205924100.jpg


天気は良いものの風の強い日でした
遠くで波しぶきが岩にぶつかって
高く舞い上がっているのが見えました

是非近くで見てみたいと
現場に行くと凄まじい波でした
寄せては返す荒波は
2回と同じ波はありません
見飽きることなく1時間ほど
シャッターを夢中で切り続けました

それは美しくも有り又力強い波でした
この美しくそして力強い姿を
どう表現しようか色々試みました
1枚目はスローシャッターでモノクローム
2枚目はスローシャッターでカラー
3枚目はハイスピードでカラー

時間的に昼の最中でしたから
光線的には平凡でした
出来たら朝日か夕陽に撮りたかったです

[PR]

by captain_spoc | 2008-11-14 21:12 | スナップ | Comments(8)
2008年 11月 12日

異次元へワープ

e0022047_2353335.jpg

まるでSF映画の
異次元へのワープの瞬間のような
光の洪水の中へ吸い込まれていく・・・

夜の大阪空港は光に溢れている
それをスローシャッターで撮影すると
全く想像もできないような画が出来上がる
そこが面白いし又難しい

ハイスピードシャッターで
撮影するとまるで写真屋さんの
七五三の記念写真のように
綺麗に写るが動きが無い

その点スローシャッターで撮ると
動きが感じられるが
思い通り描いた画が出来るとは限らない
何よりぶれる危険性が大きい

だからこのスローシャッターで撮影して
面白い画が出来るととても楽しい
今回の作品は想像も出来ない結果でした

ハイスピードシャッターでの撮影は
最近のハイテクで
手ブレ防止装置も寄与して
かなりの確率で誰でも綺麗に撮影できるようになった

だがスローシャッターの画は
トライしてみなければ判らない
撮影された結果を見て
初めて上手く行ったことが分かる
とても人間臭い難しい撮影方法だ


****今日の天星人語****


このexciteのブログは
アダルトの迷惑書き込みに対して
色々と対策を講じてくれている

例えば ID・URLの拒否設定
IPの拒否設定
キーワード拒否設定
の3つの方法がある

いままで書き込まれていた迷惑コメントは
全て登録している
だからかなり迷惑書き込みは減った
相当の効果が発揮されている

ただ自分も拒否されて困ったことがある
笑い事ではない
自分で設定して自分で拒否されるとは・・

例えばキーワード設定で
迷惑書き込みには決まりきったキーワードがある
それを書き込まれたとき都度登録している

自分で拒否されたのはエッチ、H
こんな言葉を自分で書くはずは無いと思って
登録したが拒否された

拒否されるときはどの言葉で拒否したか
投稿者には明かさない(当然だが・・・)
何故拒否されたか調べるために
1行ずつ削除して送信してみる

すると「NHKのアナウンサーが」と書き込んで居るところが
拒否されている
そこで気が付いた・・・Hだ
だからローマ字のHは外した
だがエッチの日本語は残した

もう一つは「マジ」だ
彼らはタメ語でマジ気持ちよかった・・
などと良く書いているので登録した
これも後で引っ掛かったのである

モズがテリトリー争いで
凄まじい争いをしていると
書いたら拒否された
ス・サ・マ・ジ・イでまじが入っている

このように意図しない使い方で
普通の文章が拒否されることがある
だから今回マジは外した

だがまだ明かせないキーワードが
30単語くらい登録されている
もし皆様が意味も判らず
拒否されたらご連絡ください
意図しない言葉遣いが
拒否されることがありますので
こちらで解除いたします・・笑

[PR]

by captain_spoc | 2008-11-12 00:29 | スナップ | Comments(8)
2008年 11月 10日

夜の大阪空港その3

e0022047_23572031.jpg

e0022047_23575862.jpg


3回目の夜の大阪空港です^^
なかなか気に入る作品が出来ず
はまりこんでしまっている
どうしてもノイズが取れない

今回はisoを下げて見た
当然ssはスローになります
尚更失敗作の山です

今度は位置が気に食わない
もう少し機首を上げた位置が欲しい
結局一番最初(その1)がベストかな?

ノイズが無くて、
機首が上がって
飛行機は止まって
背景は流れて
欲を言えば沢山出てくる
その内に全てがクリアできる日が来るだろう

[PR]

by captain_spoc | 2008-11-10 23:19 | スナップ | Comments(10)
2008年 11月 09日

コピースタンプツール

e0022047_17303284.jpg

今回も画像処理の電線消し(^^ゞ
皆さんからアドバイスいただいた
コピースタンプツールを久し振りにトライした
やっぱりやり方をすっかり忘れていた
コピー元のポイントを指示する方法が思い出せない
試行錯誤の上で完了いたしました

矢張り結果から言うと
簡単で仕上がりも上々
時々でも使わないと忘れてしまう
フィルターの中にも沢山の項目があり
とても覚えきれない
又その場しのぎの行き当たりバッタリになりそうだ

[PR]

by captain_spoc | 2008-11-09 17:38 | レタッチ | Comments(2)
2008年 11月 02日

華麗に舞う

e0022047_22271670.jpg

e0022047_22274684.jpg

アオサギぐらいの大きさで
あのように悠然と飛んでくれると
飛翔の写真も撮りやすい
最近やっと露出補正が
ブラインドタッチで変更できるようになった

買い替え前のE-510は補正がブラインドで出来ていたが
E-3に換わってボタン位置が変わり
又一から慣れの練習だった
シラサギ類の飛翔は
白飛び防止のために
露出補正をマイナスにする必要がある

止まっているサギに狙いをつけて
飛翔の写真を撮るなら
最初からマイナスにセットしておく
しかし大概が突然目の前に
サギが飛んで来る

直ぐにファインダーを覗きながら
シャッターを押しつつフォーカスの捕捉に懸命である
露出補正はブラインドが理想的だ
但し数値まで見る余裕が無い
センターのフォーカスポイントに
狙いをつけながら
数値は見当でジョグダイアルを廻す
デジタルのバーが2~3個マイナスに延びるのを
視覚の隅で確認しているが
後は画像処理の時に修正する

鴨の飛翔は又一段と難しい
小さい上にスピードが格段に違う
フォーカスポイントに捕捉するだけで
精一杯である

最近はなるべくスローシャッターで
ブレブレに写真を撮ろうと練習している
沢山の失敗作の山を築いている
何時になったら身に付くことやら

[PR]

by captain_spoc | 2008-11-02 22:03 | 野鳥 | Comments(6)