<   2009年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 31日

カラスアゲハ

e0022047_22111545.jpg

クロカラスアゲハは黒い
ツバメも黒い・・・・
と思っていました
でも日が当たったときの
クロカラスアゲハもツバメも
微妙な色がある事が判ります
とても綺麗です

以前に撮ったツバメの写真
ただまっ黒でなく微妙な色がついている事がわかる
今回もクロカラスアゲハに日が当たって
燐粉が綺麗に光っていた

追記
クロアゲハとしてアップしておりましたが
知人からの指摘でカラスアゲハでした
ここに訂正すると共に
ご指摘感謝申し上げます

****今日の天星人語****

最近は先日もコメントしたように
朝食に目玉焼きを添えるようになりましたが
カミサンに頼んでスライスハムを買ってきてもらって
ハムエッグに調理して野菜を添えている

初回は卵の半熟まで熱を通すと
ハムがベーコンのようにカリカリになってしまった
かかり付けの整形外科の看護師さんたちに相談したら
色々アドバイスを貰った

目玉焼きとハムを別々に焼く・・
しかしホテルや喫茶店のプロのハムエッグは
見事にハムと卵が融合して一緒に焼いているのがわかる
では一緒に焼いてハムを焦がさず
卵を半熟にするにはどうするか

先ず水を入れる
餃子のように蒸し焼き状態で仕上げる
それにフライパンに蓋をする
それで上から熱が廻って
卵が早く焼ける

以上のアドバイスを貰った
早速試してみた
フムフムなるほど見事にハムは柔らかく
卵は半熟の見事なハムエッグが出来た

それに添えた野菜にマヨネーズをかけて
喫茶店並のモーニングセットが出来た
今度は煮抜きも試してみよう
沸騰して5分で半熟が出来るそうだから

[PR]

by captain_spoc | 2009-08-31 22:57 | 昆虫 | Comments(12)
2009年 08月 29日

これ位にしといたるわ・・

e0022047_22483360.jpg

e0022047_2229733.jpg

寄れぬなら
来るまで待とう
道教え


今流行のフォト川柳
又はフォト俳句の真似事です^^
ミチオシエはハンミョウの別名
人間が2mくらいに近づくとサッと飛んで
逃げるでもなくまた2~3m先に止まるのです
まるで人間が行く先先を道を教えるがごとく・・・

タイトルの「これ位にしといたるわ・・」
関西の方はご存知の方も居るでしょう
吉本新喜劇の池乃メダカさんのギャグ

1m50cm有るか無いかの背の低いメダカさん
新喜劇で背の高いやくざ風の男たちに
ボコボコにやられます
そして逃げる前に負け惜しみで
「どや、参ったか・・これくらいにしといたるわ」と
捨て台詞の後にサッと逃げるのです

丁度私がハンミョウに挑戦している姿のようです
勝てません
あの警戒心は今までの経験で接近は無理です
でも今回は9回2死満塁
走者一掃の逆転さよなら2塁打くらいの出来

私は作品が思い通りに行かないと
何回も何回もトライします
夜の伊丹空港の飛行機の流し撮り
競馬のブレ写真しかり

今回のハンミョウの作品で
ハンミョウを追い掛け回すのは
これくらいにしといたるは・・
本当は接写フィルターに10cm以内に接近して
満塁ホームランを打ちたかったのですが・・

今回は物陰に隠れて
ハンミョウが近づいてくるのを辛抱強く待った
70-300mmのマクロの最短合焦距離まで近づいたので
クリーンヒットにしておきましょう

最後の作品にハンミョウの大きさの比較に
100円ライターを合成いたしました
丁度ライターの幅が20mmなので
ハンミョウの大きさと一緒

なかなか他人の作品を見ても
前から撮っている人は少ないです
だからこの作品で一応ハンミョウは終わりです^^

[PR]

by captain_spoc | 2009-08-29 23:15 | 昆虫 | Comments(14)
2009年 08月 27日

オオムラサキ

e0022047_226448.jpg

「日本の国蝶は何やった?」
「タンチョウヅルじゃなかったキジ(雉)やろ」
「それは国鳥や」
「あ~そうかそしたらシェフやろ」
「アホかそれはコック長や」

・・・と一人突っ込みを入れました^^;
オオムラサキは日本の国蝶です
日本の国花は勿論桜
オオムラサキの撮影は2度目です
その大きさには驚きます

表の紫色はとても素晴らしい色ですが
今回は撮影できませんでした

****今日の天星人語****

短い夏

日中はそうでもありませんが
朝晩の涼しさはもう秋の様子
まだ8月だと言うのに・・・

例年9月一杯は残暑が続くのに
今年は梅雨が長引いて
梅雨明けしたらもう秋が来た

タイガースの金本兄貴ではないが
私も骨から汗が出るくらいの
猛暑が大好きだ
何か今年の夏は物足りない

e0022047_22212022.jpg


この汚い手は私の腕(ハジカシイ~^^;)
日焼けで時計の跡がついている
歳と共に色素が沈着して
1年中色黒になってきた

若い頃は色白で夏に海に行けば
甲羅干しで小麦色に憧れて
一生懸命日焼けしていた
しかし紅く焼けて直ぐ白に戻ってしまう
今考えると危険なことをしていたものだ

ところが歳をとるとそんなことをしなくても
色が黒からさめなくなった
一年中テニスをやっていると
冬でも紫外線を浴びていて
春位から一挙に黒くなる

だが黒いのは顔と腕と脚だけ
シャツやパンツや靴下の部分は
白色のままだ
まるで甲羅から引っ張り出した亀みたいな物

今年は黒くなるのもそんなにひどくはなさそうだ
日焼けのひどい時にはどす黒くなって
周りの友人から
スポックのあの色は怪しい
まるでガン患者のドス黒さだと
噂されてもうあまり長くない命と
評判だったようだ・・・と後から聞かされた

勝手に俺をがん患者にして
殺さんといてくれ(`Д´) ムキー!

[PR]

by captain_spoc | 2009-08-27 22:36 | 昆虫 | Comments(20)
2009年 08月 27日

伊丹花火大会

e0022047_034615.jpg

e0022047_042820.jpg

先週の土曜日は伊丹の花火大会があった
会場に行くと大変混雑しているし
駐車場も近くに無いので
何時も遠くから写している

今回は写友と3人で甲山の展望台から狙ってみた
大阪平野が一望できて
最高のロケーションだが
距離が遠いので迫力の有るショットは望めない

トライしてみたがまともなショットがない
同行した写友は綺麗なショットをアップしている
私のは毎度おなじみのショットで新鮮味がない

そこで遊びで画像処理をしてみた
即ち花火の部分だけぼかすという手法
だが思ったほどの効果が出なかった
まあ記録の意味でアップいたします

****今日の天星人語****

小さなピンバッジは地球を救うか?
e0022047_0102376.jpg

上の写真はカンムリウミスズメのピンバッジだ
日本野鳥の会から買いました
買ったというよりこれは寄付なんです
1000円でピンバッジを貰って
その収益をカンムリウミスズメの保護に使うのです
e0022047_0194922.gif

カンムリウミスズメは日本海に棲む海鳥で
今絶滅の危機にあります

上記日本野鳥の会のホームページに
その保護活動の記事が有ります
そして寄付のピンバッジの購入のお願いも
記載されております

日本野鳥の会の会員でなくても寄付は出来ます
是非このピンバッジを購入して
カンムリウミスズメの保護に協力してください
と言うより地球環境保護の為に
小さな協力ですが
1000円のピンバッジを購入して
どこか身に付けてください

このピンバッジを身につけていると言う事は
環境保護に協力していると言う
誇らしい証しなんです

[PR]

by captain_spoc | 2009-08-27 00:27 | スナップ | Comments(8)
2009年 08月 24日

スミナガシ

e0022047_23271538.jpg

e0022047_2328138.jpg

初見の蝶だ
大型の蝶でご覧のとおり羽は地味な色だ
しかし吸蜜管の口吻は鮮やかな赤色

名前のスミナガシとは
水面の上に墨を流して
紙や布にその模様を写し取る技法で
その作業で出来た様な模様をしているので
この名前がついた

地味な蝶だがなかなか渋い色で
その名前の優雅さと共に
好きな蝶だ
見る事が出来てラッキー^^

[PR]

by captain_spoc | 2009-08-24 23:37 | 昆虫 | Comments(12)
2009年 08月 23日

2回戦・・・ポテン・ヒット

e0022047_091890.jpg

e0022047_094940.jpg

2時間ほど空いた時間が出来ると
尻がムズムズしてくる
何か一つ用事が出来る位の時間だからだ

昨日夕方から伊丹の花火大会があり
友人を誘って出かける約束だが(後日アップいたします)
それまでに空き時間が出来たので
ハンミョウのリベンジに走った

矢張り彼とは友好関係が結べず
近づけば逃げるを繰り返す
止む無く接写フィルターのクローズアップは諦めて
全身撮影に切り替えた
70-300mmのレンズに1.4倍のテレコンをかます
トンボでも蝶でもレンズ前5cmは自信があったのに
一寸悔しい

ただ今回は初めて前から撮影できた
クリーンヒットではないが
今まで前から撮影出来なかったことなので
ポテンヒットで一歩前進^^;

矢張り想像通りの凄い顔
蟻などを食べる肉食系の
鋭い顎をしている
初めて大きく見る事が出来た

見とれ~!
その内にホームラン打つからなあ

****今日の天星人語****

朝食にもう一品

もう15年前に私が病気で止む無く会社を退職して
自営業に転進したが
おいそれと直ぐに売り上げは伸びず
家計の足しにとカミサンにヘルプ
近所のファミレスにパートに行ってもらった

ファミレスのパートは
フロアとキッチンが有るが
オバチャンなので当然キッチン
それもモーニング時間帯の担当なので
朝の5時過ぎに出かけていた

だから朝食と昼食は別々の個食
自分で作って独りでダイニングキッチンで食べていた

今ではカミサンはパートをやめたが
個食の習慣はそのまま
夕食だけ二人での会食だ

どうも料理だけは楽しいとは思わない
だから朝食もバター・トーストと珈琲
それに牛乳とカップヨーグルトと
手抜きの毎日だった

昼食も食欲もないし作るのも簡単なので
素麺の日が多くなる
すると夕食前には血糖値が下がるのか
空腹でしんどくなる

そこで朝食等食習慣監視委員会からの勧告で
ってか単なる友人との四方山話の中で^^;
朝食をもっと栄養価の有るものにするために
もう一品増やした方がいいのではと言う事になった

そこでハムエッグと野菜サラダを増やそうと
冷蔵庫を見るとハムなんか無い
そこで目玉焼きとレタスかキャベツの
野菜サラダを添えることにした

塩コショウの効いた目玉焼きは旨い
これでなんとなくバランスの取れた食事になったような
気がするが気のせいだけかも・・
それでも美味しい朝食をいただけるので
この試みは成功したようだ^^

[PR]

by captain_spoc | 2009-08-23 21:44 | 昆虫 | Comments(18)
2009年 08月 21日

プラタナスの並木道

e0022047_0242744.jpg

先日のTakaさんのコメントにもありましたように
この作品が月刊「フォトコン」9月号の
最終予選を通過して審査の先生の
添削の対象として掲載されました

「フォトコン」には6月号にも
最終予選通過者の中から選ばれて
「dice」が添削対象として掲載され
今年2回目です
1次予選、2次予選、最終予選と通過者の名前が載りますが
添削対象は最終予選は通過していますが入選手前の事

審査の先生は蜂須賀秀紀プロ
丁度私が銀塩の時代に
カメラに夢中になっていたとき
時を同じくして蜂須賀さんも日本カメラに投稿して
年度賞を取られました

毎号毎号入選される蜂須賀さんは
その名前の特異性から記憶に残っておりました
凄い人がいるもんだと感心しておりました

それから30余年が過ぎて
矢張り蜂須賀さんはプロになっていました
そして「フォトコン」の審査の先生になられ
私の作品を添削する
何かしらの因縁を感じました
私と言えばその後カメラの趣味もやめて
3年前からデジカメに復活したばかりです

昨年は「フォトコン」で白鳥の写真が銀賞
今年は「デジタルカメラ・マガジン」で蜂の写真が佳作入選
あまりの出来すぎに一寸怖い^^
だって情熱は昔の方が熱かったのに
結果は最近の方がレベルが上

今回の作品の蜂須賀先生の添削内容をご紹介します
写真を趣味とされる方の参考になればと思います

************
何か動きのあるものが欲しい

「講評」場所選び、ローアングルの構図
落ち葉の感じなどがよく
入選ラインに届きそうな作品であるのですが
何か物足りません
落ち葉などに動きが欲しいところで
画面奥にいるブレた人物がもっと手前に
大きく入っていたらベストでした
縦位置にして奥行き感を
出しても良かったかもしれません
************

最近は「フォトコン」コンテストに
5枚ずつ応募しております
今回の5枚の中でもこの作品は
私の選別では評価は下の方でした
先生の仰るように
何か味付けが足りないと思っていましたが
最終審査通過まで行くとは予想外でした

写真とは難しくもあり奥が深いことを思い知らされました

[PR]

by captain_spoc | 2009-08-21 01:01 | スナップ | Comments(10)
2009年 08月 19日

決戦夏の陣・・・1回戦完敗

e0022047_05536.jpg

e0022047_22433995.jpg

e0022047_22441298.jpg

今日も暑い日でしたが
先日からの懸案の
ハンミョウを撮影に出かけた
しかし結果は見事完敗
接写で撮影できませんでした
残念ながら普通のマクロをアップいたします

粘り強く何回もトライいたしました
30cmくらいには何回か近付けた
15cmくらいに近づいた時は
フォーカスをあわせてさあシャッターをと言うとき
逃げられた
後一歩なのに・・・
こんな場面が2回ほど有った^^;

目的の被写体を必死で追いかけているとき
よくヤキモチを焼くように
違う種が撮ってくれといわんばかりに
私の周りをまとわり着かれる事がある

今回はなんと玉虫が現れた
これは私も初撮りである
大型の昆虫でこれも綺麗な昆虫だ
玉虫厨子に使われた玉虫だけに
ハンミョウに負けない美しさでした

ハンミョウ撮影は完敗だったが
外道の玉虫をゲットして引き分けと言うところか
ハンミョウは再度リベンジを誓った

[PR]

by captain_spoc | 2009-08-19 22:57 | 昆虫 | Comments(14)
2009年 08月 17日

猛暑日の日曜日

e0022047_216466.jpg

お盆の最中の16日
早朝は雨が降ったが朝方から雨は上がり
猛烈な暑さとなった

今日のテニスの予約は12時から3時間
一番暑い中での3時間は堪える
人数が8名だったので
2回に1回は休める計算だ
しかしスポーツドリンク1L飲み干した
首にはアイスノンをタオルで巻いて
熱中症対策は万全だ^^

家に帰ってシャワーを浴びるのが天国
その後エアコン効かせてカップ・カキ氷を削りながら食べる
小豆金時とミルクの甘さが身体に沁み渡る
スポーツで汗をかいた後のシャワーでの爽やかさは
家でゴロゴロして汗ばむより気持が良い

そうこうしていると4時になり
夕食まで一寸時間が有るかと思い
先日友人からハンミョウが沢山居ると言う
情報を貰った地点へ車を走らせた
時間が無いので場所だけでも確認と
友人に電話すると出てきてくれるとのこと

途中で待ち合わせをして現地着
探すこと暫し
いるいる・・沸いたように沢山居るではないか
下の写真はとりあえず記録写真

次回に機材を準備して本格的な接写に挑戦してみよう
兎に角この虫は人間とは友好関係が出来ない
近づくことさえ出来ないし
何時も逃げる体制なので撮れた写真は後姿しか撮れない

ならば次回は正面から一枚
トリミング無しで画面一杯に近づくこと
この2点を目標に頑張りたい

e0022047_21104933.jpg

[PR]

by captain_spoc | 2009-08-17 21:27 | スナップ | Comments(18)
2009年 08月 15日

王者の風格

e0022047_024198.jpg

トンボの王様ギンヤンマです
一寸距離が遠くて画像が甘いですが
今年初めて撮りました
以前に撮った作品

身体の青い色がとても綺麗でした

[PR]

by captain_spoc | 2009-08-15 14:57 | トンボ飛翔special | Comments(12)