スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 30日

第60回茨木市美術展 入賞(ABCカメラ賞)

e0022047_21204032.jpg

e0022047_21592428.gif「疾風の如く」

上記作品が本年度茨木市美術展に入賞いたしました
この一連の競馬の作品には特別の思い入れがあり
大変嬉しいです

何回も失敗を繰り返しながらトライした
ブレ写真(自称)を認めていただいたことに驚きです
ブレ写真とは今までもくどいようにアップいたしましたが
流し撮りの流れを汲む作風です

デジカメを始めた頃は止まっている鳥が主でした
しかしそれに段々飽き足らなくなって
飛翔の写真に挑戦いたしました
これは昨年カメラ雑誌「フォトコン」で銀賞と言う栄誉を得ました
絞り開放でisoを400くらいに上げて
高速シャッターで撮影でした

高速シャッターの飛翔が一応マスターできると
流し撮りに挑戦いたしました
サギや白鳥などの大型の野鳥から
ゴーカートサーキット、空港の飛行機の離陸など
最後は競馬場のサラブレッドのレースの流し撮り

流し撮りと言えば被写体が止まって背景が流れている
確かにこう言う作風はスピード感を感じます
でもその技術も何時でも撮影できるほどに習熟すると
更に高度な技術に挑戦したいという欲望が出てきます
もっとスローシャッターで被写体ブレを狙いたい

背景も被写体もブレブレでどうなるのだろうか
もっとスピード感が出るかも知れない
だが流し撮りと違ってブレ写真は出来上がりの予測がつかない
どんな作品になるのか皆目イメージが湧かない・・・全く未知の世界だ
本当に出たとこ勝負の連続でした
もうそれはボツの山でした^^;

今回の作品も馬の頭は全頭ぶれています
かろうじて騎手二人の頭が止まっている
脚は一本はぶれすぎて写って居ない
他の脚もぶれではっきり写っていない

これでいいのだろうか・・自己満足ではないだろうか
もっとハイスピードの流し撮りが良かったのではないだろうか
不安で全く自信がありませんでした

タイトルは色々頭に浮かびました
「疾風の如く」「風になる」「一陣の風」「翔ぶが如く」
以前コガモの流し撮りに使ったタイトルを
採用しました

入選作品の展示は
10月2日(金)~10月11日(日)
午前10時~午後5時(最終日は午後3時まで)
会場 茨木市役所 南館
暇で困っている方がいらっしゃいましたら
暇つぶしに見に行ってください^^

[PR]

by captain_spoc | 2009-09-30 22:00 | 日常 | Comments(28)
2009年 09月 29日

シジュウカラ

e0022047_16435168.jpg

そろそろ冬鳥が
渡りでやってくる頃です
久し振りに甲山へ行きましたが
まだ木々の葉は茂っており
めぼしい鳥の姿もありませんでした

数少ないチャンスのシジュウカラの写真
久し振りにゲットです

ピクセル等倍
e0022047_1327195.jpg

[PR]

by captain_spoc | 2009-09-29 16:46 | 野鳥 | Comments(12)
2009年 09月 27日

昨日の昼食

e0022047_22441996.jpg

e0022047_22444140.jpg

e0022047_2245677.jpg

これ昨日の昼食
ぶっ掛けウドン 280円
チクワ天ぷらトッピング 100円
大根おろし 50円
締めて430円なりのヘルシー?昼食
結構腰があって旨い

最近朝食はガッツリ食べているので
昼食時にあまり腹が減らない
友人のアドバイスで珈琲とトースト以外に
ハムエッグ&コールスローを毎日付けている
だから昼は軽くと思ってぶっ掛けが多い
たまにこれにおにぎりを付ける

店は近所の山手幹線通りに有る金比羅
以前ここは太鼓亭という名のうどん屋さん
1~2年前に改装して讃岐ウドン店になった
従業員が見覚えのある方だったので
こっそり「太鼓亭」が経営しているのかと
聞いてみると「そうだ」と言う

じゃあこの讃岐ウドンとはどう言う事か
四国讃岐で食べれば間違いなく讃岐ウドン
讃岐に本店の有る支店だったらまあ何とか讃岐ウドン
讃岐ウドン認定協会(こんなん有るンかどうか知らんけど)
が認定した店なら讃岐ウドン

大阪で手打ちして大阪で出汁とって
何で讃岐ウドンやねん
讃岐ウドン風だったら判らんでもない
ニュースで見たが讃岐ウドンを名乗るには
技術試験の後に認定制にすべしとか
又は地元の店だけが名乗る事が出来るとか・・・
そんな議論が出ているそうだ

関鯖も関の港に水揚げされたら関鯖
向かいの四国に水揚げされたらただの鯖
鯖は回遊しているから関鯖と向かいのただの鯖は
見分けも味も区別するのは困難
ところが関鯖にはシールを付けて超高級
おかしいントチャウ?

私が取り扱っているジュースもひとこと言いたい
オーストラリア産のジュースを卸し販売している
これは機械で果物の皮をむいて
機械で絞ってそのままパッキング
業界ではストレートジュースと言っている
全くの果汁分だけのジュ-スだ

普通ジュースと言えば濃縮還元ジュース
これは産地の北米南米で果汁の水分を飛ばして
濃縮された原液で輸入する
水分を飛ばしているので体積は3/10位になっている
当然船賃は安い
これを日本に水揚げして水で薄めている
3/10の原液を10/10まで水で薄めたのが
100%ジュース
30/10まで薄めたのが30%ジュース

希釈する水は当然水道水か地下水
美味しい果汁は飛ばしているので
当然美味しくない
ここへ香料や砂糖、防腐剤などを入れて
味付けして売り出している
30%ジュースは香りを付けた砂糖水と言っても過言でない
100%はもっともらしく特に酸っぱくしている

私の扱っているジュースはまさに果物を絞った
そのままの液体をパッキングしている
当然腐敗も早くなるので
無菌室でパッキングして賞味期限は9ヶ月
濃縮還元は水で薄めた段階で腐敗が始り
賞味期限は大体1週間

ところがストレートは季節や産地によって味が微妙に変わる
日本の飲食店の業界ではそれはお客様に出せない
常に糖度や味を一定にしてくれないと困るとクレームが来た
そこがストレートの果汁である証拠なのだが
泣く泣く砂糖などで調整して味を一定に保つようにした

ここで農水省の規則で添加された物は
ストレートと呼んではいけないと明記されている
全くの無添加の果汁だけのジュースがストレートレートジュースだと
そこで輸入元はストレートテイストのジュースと
呼ばざるを得ない

私から言わせると100%ジュースは
果汁分100%と誤解を与える
誰も水で薄めてるとは思わないだろう
又濃縮還元の意味も周知されてるとは言えない
当社のジュースこそ果汁100%のストレートジュースと言いたい

[PR]

by captain_spoc | 2009-09-27 23:39 | スナップ | Comments(4)
2009年 09月 26日

skype

e0022047_21335147.jpg

先日手に入れたモバイル・ノートで
孫とはじめてのskypeをした
まだ画像の動きは
通信速度の影響でぎこちないが
東京と大阪で満足な通信が出来た

相手は長男一家の
第一皇女ムッチャン姫
我が家へ来たときも恥ずかしがって
ママにしがみついて離れなかった

この日も電話には何時も代われと言って
出たがるのに
ビデオ電話だと恥ずかしがって
なかなか喋らない

ダイブ慣れてきてボチボチと
喋りだした

本当に便利な世の中になったものだ

[PR]

by captain_spoc | 2009-09-26 21:39 | スナップ | Comments(4)
2009年 09月 25日

馴染みの店

e0022047_2051054.jpg

e0022047_2053726.jpg
e0022047_2055930.jpg

大阪梅田に出かけるとき
ダイビル前の駐車場に止める
この日は駅前第2ビルの画材やさんに行くので
矢張りこの駐車場に止めた
15分50円はこの辺りでは一番安い

第2ビルの画材屋
第1ビルの写真屋
ジュンク堂の本屋
後銀行廻り
ついでにアバンザビルで散髪(1000円)
近鉄堂島ビルで讃岐ウドンの昼食
締めて2時間400円は安い

この近辺に来ると勤務していたビルの地下にある
カフェに立ち寄る
水出しのダッチ珈琲が230円
回転が速いので何時も美味しい珈琲が飲める

30台半ばの店長と思われる女性は
私が勤務していた頃からの顔見知り
名前は知らなくても顔を覚えてくれていて
仕事をリタイアしても顔を出すと
何時も「お久し振りです」と笑顔をくれる

ここでリフレッシュして仕事に戻った物だ
これでは昔ながらの喫茶店で
400円以上も出してはやって行けないだろう
使用後の食器を戻すことぐらい
値段の事を考えたら何てこと無い

新しいレンズの使い初めです^^

[PR]

by captain_spoc | 2009-09-25 20:20 | スナップ | Comments(16)
2009年 09月 22日

スズメの涙

e0022047_23181272.jpg

e0022047_23194660.jpg

先日忘れた頃にデジタルカメラ・マガジンの
佳作入選の賞金が届いた

全国誌のカメラ雑誌に入選したと
友人に話をすると十中八九
賞金は幾らくらいですかと問われる

ご覧のように今年のデジタルカメラ・マガジンでは
一般投稿の部で佳作(かなり下位)でしたので
そこで送ってきた賞金が1,000円の図書券

昨年フォトコンで初級の部銀賞が
下の写真3,000円のquoカード
どちらの雑誌も最優秀賞に入選したとしても
30,000円くらいの物だ

賞金と言うにはあまりにも寂しい
(タイトルのスズメの涙とはこのこと・・)
しかし全国誌であるために
金額ではなくて栄誉が嬉しい

全国誌に応募するまでは
市展などに応募していたが
これとて最優秀賞でも30,000円くらいが相場だ
この市展も入選した栄誉が目的だ

だが世の中にはスポンサーつきの高額賞金の
コンテストは沢山有る
300,000円などと言うコンテストも見た事がある
これからはそちらの方も挑戦してみようかと
思案中

若い時は賞品などが目的で
カメラ用品などを沢山貰った
賞状も貰ったのだろうが一枚も無い
貰った覚えも無い
はっきり言って賞金と賞品が目的だった

この歳になると何よりも栄誉と
証しとなる賞状などが大変嬉しい

だが最近又賞金争いの実力者の中で
もまれて見たいとも思うようになってきた
写友から賞金つきの草コンテストが有るよと
教えられてじゃあ皆で挑戦するかと
応募したが教えてくれた本人は応募しなかった

写真なんか経験の長さなんか問わない
結果オーライでいいのだ
自分は初心者だ、センスがないとか落ちるのが恥ずかしいとか
グダグダ言わずに挑戦することだ

趣味の写真は楽しめればいいと言うかもしれないが
やるからには上達したい
そんな向上心が芽生えるはず
そんな向上心、やる気の物指しがコンテストだ

何歳になっても
向上心、挑戦意欲をかきたてて
写真もテニスも上手くなりたいと思っている
死ぬまで変わらないだろう

****今日の天星人語****

天星人語・・・・先日も述べたが
新聞の天声人語に引っ掛けて
宇宙人スポックの考えたことを
勝手に述べるコーナーで
宇宙人(天星人)が語るコラムです

今回はブログのエキサイトの中に
広告のバナーがついていたが
そのキャッチコピーに惹かれて書く気になった

そこには
男なら良い○○○に乗りたい
yes?」or「no?」
何か?・・・変な事考えてません?
答えはクルマ(車)です^^
別にクイズではなくてバナーには最初から車と書いてあります

私が惹かれたのは「男なら・・・」の部分
何故に男は良い車に乗りたがるのか
女性は概ね車は移動手段
動けば良いと言う

ところが男は車に色々こだわりを持つ
スタイル、エンジン性能、燃費、塗装色
極端な人は排気音が良いと惚れる奴もいる
女になくて男に有るこのこだわりは何だ

先ず男はメカ好きで有ると言う事
小さい子供のころから車や飛行機などの
乗り物に興味を抱く
次にラジコンとか鉄道模型とかに進む
自分で操縦したくなるのだ
女の子がラジコン好きなんてあまり聞かない

そのメカ好きが高じて
車を制御する(運転)ことに喜びを感じる
自分の操作であの大きい車を
自由自在に発信停止、ハンドル操作で左右に曲がる
それは自分が偉くなったような
凄い能力が有るように錯覚する

だから自分の惚れた良い車を
手に入れて運転する時は
喜びのあまりある種のエクスタシーを感じるほどだ
女性にはこの感覚は理解できないだろう

それ故最初のキャッチコピー
男なら良い車に乗りたい
私はyesである
私も今こだわりの車rsプロジェクト進行中である

[PR]

by captain_spoc | 2009-09-22 00:30 | 日常 | Comments(4)
2009年 09月 19日

嘘の様な本当の話

e0022047_22152484.jpg
e0022047_22155027.jpg

昨日息子から宅急便が届いた
開けてみると写真のDynabookのnote
いわゆるモバイル・ノートだ
A4の大きさで重さも昔に比べて軽くなっている
欲しくはあったが一寸贅沢かと検討外でした

息子はイーアクセス・e-mobileに勤務している
ノルマがきつくて自分と私用に2台買ったそうだ
だがこのモバ・ノートは代金1円なり
回線使用料は2,900円~6,000円の
2段階定額使い放題だそうだ

モバイル用だけに中に携帯が組み込まれている
携帯の電波の範囲なら何処でも使い放題
最近喫茶店などでビジネスマンが
ノートを使っている・・・あれだ

携帯電話でネットをやっている子どもたち
パケ放題の定額料でこのノートが買える
ご主人はデスクトップでネットをしていても
奥さんはこれで台所からでも
自分用に回線引かなくてもネットが出来る

私はLANを構築しているので
無線LANの電波で家中移動可能
家の中はLANの電波で今までのプロバイダー経由
使用量は無料
外に出ればモバイルの定額に切り替わる

カメラとマイク内蔵でスカイプもセットアップ
早速友人のumihikoさんとビデオ会話
写りもなかなかのもの
これは息子たちにもスカイプさせて
孫たちとビデオ会話を楽しみたい
(skype名 captain_spoc)

もう一つの使い道がご近所づきあい
私がカメラをやっていると言うのは皆さんご存知だが
どんな写真を撮っているのですかと聞かれる
ブログにアップしていますよといっても
ご近所皆さん高齢者
パソコンなんかしていませんと言う

じゃあお見せするにはプリントして
写真としてお見せしないと理解してもらえない
一度フォトフレームを検討した
メモリーカードを挿入すればスライドショーで
写真が次々と見れる
しかしこれとても何万円もするので諦めた

このノートだと持ち込んで私のサイトにアクセスすれば
全ての写真が見ていただける
youtubeでボランティアコンサートの
演奏も見ていただける

なんとも便利な男のオモチャだ
息子よありがとう
機能をフルに使いこなしてやるぞ

[PR]

by captain_spoc | 2009-09-19 23:01 | others(機材) | Comments(18)
2009年 09月 17日

クロコノマチョウ(黒木間蝶)

e0022047_22343147.jpg

見るのも聞くのも初めての蝶です
久し振りに甲山へ行きました
一度夏に花火を撮りに行きましたが
鳥を追いかけている時からは
半年振りくらいです
すっかり草木の生え具合が変わっていました

これも初めてのジャノメチョウに遭遇
ピンが頭にこずに失敗でした
会える時はよく会える
ハンミョウもお出まし^^
e0022047_22554561.jpg


そのほかにウラギンシジミ、キチョウ、コミスジ、ヤマトシジミ
と沢山の昆虫にあえて収穫一杯でした

****今日の天星人語****

一寸更新がご無沙汰になりました
人生色々アラーナで
なんとなく気分が乗りませんでした^^;

その間にブログのデコレーションに手を加えていました
私はこのブログ以外に
テニス仲間の「どんぐり倶楽部」と言う
ホームページを立ち上げていました

2004年の正月休みの三箇日
することもなくそれまでアイデアを暖めていた
ホームページを立ち上げてみようと
取り掛かり夢中になって4日間で立ち上げました

そのコンセプトはお金をかけずに作り上げること
ホームページビルダーも使わずに
サーバーもyahooの無料サーバーを使用して
htmlのタグの勉強を独学で覚え
曲がりなりにも完成いたしました
かかった費用はゼロ

しかしここ5年間更新はしてきましたが
矢張りホームページは写真のアップや
文章の更新など大変面倒です
その点ブログはワープロ感覚で
簡単に更新が出来
もっぱらブログばかりに掛かり切りでした

そんなこんなでホームページの方を閉鎖し
「スポック艦長のPhoto Diary」に全面移行しました

エキサイトのブログには「メモ帳」という
タグの使える便利な機能が有ります
ホームページで使っていた
profileやlinkなどのディレクトリを改造しました
ブログをindex.htmlディレクトリにして
ホームページ仕様にいたしました

これからも時間が有れば
写真のスライドショーなどの
ページをリンクしてみたいと思います
是非profileやvolunteer concert、linkのページへ
ジャンプしてみてください

[PR]

by captain_spoc | 2009-09-17 23:22 | 昆虫 | Comments(19)
2009年 09月 06日

第10回西谷 jazz festival

巨匠
e0022047_2246888.jpg

フリューゲルホルン
e0022047_2203433.jpg

アンサンブル スウィンギンクルー
e0022047_2215411.jpg

今年も友人からの情報で
西谷jazz festivalへ行った
ビッグバンドでスイングジャズを聞かせてくれる
アマチュアにプロも混じって
ご機嫌なライブであった

この催しは毎年行われていて
宝塚市内の小さな村の
小学校の講堂で開かれる
音響効果は望むべくもない環境だが
プレーヤーと聴衆が大変近く
アットホームな演奏会でした

村の青年団が中心になって
(青年団と言っても皆さん高齢の青年たち)
10年も続いている
満月に近い初秋の夜を
心地よいスイングのリズムで
癒された夕べでした

****今日の天星人語****

小さなエコ

今日は久し振りに暑かった
コート上は35℃を越えていたでしょう
宝塚で3時間のテニスをしました

メンバーは7名
後半は2名増えて9名
まあ2回に1回は休める人数だが
この暑さはかなり堪える

1リットルのスポーツドリンクと
マイポットに麦茶
これを全部飲み干した

スポーツドリンクも麦茶も
家で作ってポットに入れていった
即ちスポーツドリンクは粉末を溶かしたもので
どちらもポットに入れていったので
ペットボトルのゴミを作らない
これも小さなエコです

撮影に行くときもマイポットに
冷たい飲み物を入れて行きます
あの自販機も24時間
のべつ幕なしに冷やしている
・・・か暖めている
この電気代は数を考えると凄まじい物であろう

自販機は便利でいいが
便利なものはそれなりに電気を使用している
何時も冷たい飲み物を供給してくれるが
売れようと売れまいと24時間冷やし続ける

最近は公衆トイレでも
エアーハンド乾燥機が準備されている
昔はハンカチで手を拭いていた
それは家で洗濯物と一緒に洗える

エアー乾燥機は便利でいいが電気を使用する
私はなるべくハンカチで手を拭いている
使い捨てのペーパータオルも必要ないと思います
人間の生活はドンドン便利になっている
便利になれると言う事はエネルギーを使うと言う事
あまりサービスのしすぎではないだろうか

[PR]

by captain_spoc | 2009-09-06 22:19 | スナップ | Comments(16)