スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 30日

スマホでフォトギャラリー







スマートホンで楽しい使い方が出来るようになった
今までのマイピクチャーに保存している写真をデスクトップのHDから
スマホへ写真をダウンロードすると
自分のお気に入りのフォトギャラリーを持ち運ぶことが出来る

トップの写真はそのサムネールが並んでいるので
その写真をタップすると画面いっぱいに見ることが出来る

2枚目の写真は
それをシュッシュッとスライドさせると
次々と写真がスクロールできるし
スライドショーも表示できる

カレンダーの予定表は
デスクトップとスマホが同期して
同じ内容を表示してくれるのでとても便利だ

写真を趣味とする方は
フォトギャラリーを持ち歩くと知人に見せる時とても便利であるので
是非ぜひスマホを手に入れてみては如何ですか
楽しいですよ

[PR]

by captain_spoc | 2011-05-30 23:54 | 日常 | Comments(2)
2011年 05月 27日

写団エンタープライズ・・・写真展に行く

上野彦馬賞フォトコンテストパンフレット




4人同時空間転送(ワープ・テレポーテーション)の瞬間




昨日写友たちと尼崎総合文化センターで開催されている
上野彦馬賞フォトコンテストを見に行った

上野彦馬と言う明治時代の写真家の名を冠したこのコンテストは
国の内外からの応募で文化庁の後援で行なわれている
上野彦馬とはトップの写真の坂本竜馬を撮った人である
だがこの竜馬の写真には寄りかかっている台の反対側に
写っているはずの南方 仁の姿がない
やはり歴史を変えてしまうということで彦馬が削除したのか・・

わかる人にはわかる話^^

写真展鑑賞後にみんなで食事
アートに触れた興奮で話が弾む
そして心のうちから何か湧くような
アート心が高ぶってきた
また新たな気持ちで写真に向かい合おう

[PR]

by captain_spoc | 2011-05-27 23:00 | 日常 | Comments(2)
2011年 05月 25日

ハラビロトンボ

e0022047_2342962.jpg


ハラビロトンボの複眼
e0022047_2351268.jpg


昆虫のマイポイントにトンボが羽化を始めた
今はシオカラとハラビロが飛んでいます
2枚目はニャロメ3号で接写
複眼を撮る事ができたが
驚きの映像です

複眼と言ってもこんだけ目が有って
どんな風に見えるのだろうか





天星人語
[PR]

by captain_spoc | 2011-05-25 23:23 | 昆虫 | Comments(0)
2011年 05月 24日

コチドリ

e0022047_23592057.jpg


コチドリ(小千鳥)です
千鳥の仲間ですが
餌を探す時急にツツツと早足になったり
方向を定めずに左右に忙しそうに動き回って
採食をする

・・・って言うことは千鳥足とは
この鳥の動きから来た言葉だろうか^^

嬉しいことがあるとき思わずしてしまう行動?
それは小躍り(コオドリ)でしょう
喪中のはがきの周りが黒い枠のこと?
それは縁取り(フチドリ)でしょう

これはコチドリと言う鳥です

[PR]

by captain_spoc | 2011-05-24 23:37 | 野鳥 | Comments(0)
2011年 05月 22日

野生の藤の花

e0022047_12112569.jpg


野生の藤の花が自生していた
綺麗な新緑の中で輝いていました
何の変哲もない藤の花を
イラスト風にレタッチしてみました






普通に撮影したらこのように撮れる筈です
露出測光方式が平均測光の方ですが・・・







こういった場合私は背景処理のためにこのように写します
露出補正を-1.0のアンダーにします
背景処理にはそのほかに
ハイキーに白く飛ばすとか
望遠でぼかすとか色々方法があります

背景がシンプルなほど被写体が強調されます
如何に背景を単純にするかがポイントです

上に記述したように背景を単純にする方法は
黒く落とす
白く飛ばす
望遠のボケを使う
流し撮りで背景を流す
照明効果をつかって周りを暗くする
などいろいろな方法があります

この画像をコントラストを強くして
レイヤーコピーをします
そのレイヤーにボカシを入れて半透明にして
レイヤーを重ねました

[PR]

by captain_spoc | 2011-05-22 12:36 | レタッチ | Comments(4)
2011年 05月 21日

キアシシギ

e0022047_23534082.jpg

e0022047_23541296.jpg

夏に渡ってくるキアシシギ
水辺の鳥をシギチといいます
シギ・チドリの仲間の総称です

今尼崎魚釣り公園が熱いです
先日のコアジサシのダイブが見られます
そろそろギンヤンマが羽化してきています
片道30分も掛からず行くことができるので
一寸時間が出来ると出かけます

今日はへぼ用があって
(阪神タイガースの試合を見ていましたが負けていてオモロないので途中で消しました)
3時頃出かけることができました
すぐに夕食になりますので近場でと考えて
魚釣り公園に行きました

風が強くコアジサシは居ませんでした
ギンヤンマも見ることが出来ません
護岸のテトラポットにキアシシギが居ました
1年に一度会うか会わないかの珍しい鳥
居る時は群れで居るんでしょうけど
何時も一羽だけ見ます

今日はこのキアシシギを撮影して
家に帰りました

[PR]

by captain_spoc | 2011-05-21 23:09 | 野鳥 | Comments(0)
2011年 05月 21日

ベニシジミ



昆虫のマクロ撮影をしますと
皆さんから良く逃げられずにあれだけ寄れますねと言われる
ゆっくり近づけば誰でも寄れるのですけど
私は虫さんと友達になれるので
逃げられずに幾らでも寄れます(勿論冗談ですよ~^^)

今日はベニシジミを発見したので
マクロのカメラで撮影するように
動画で近づいてみますので良く見てください
10cmから5cmに近づき
逃げられる最後は5cm以下の距離でした

カメラですと毛の一本一本まで写るショットが撮れたと思います
でもスマホのカメラでは近すぎてピントが来ません
どんな風に近づくのか参考までに動画をアップいたしました




スポックのありふれた日常
[PR]

by captain_spoc | 2011-05-21 00:15 | 昆虫 | Comments(2)
2011年 05月 16日

今日もコアジサシ

e0022047_14574867.jpg

e0022047_14581556.jpg

e0022047_14584552.jpg

e0022047_14591858.jpg

今日も又コアジサシを求めて魚釣り公園へ
昨日アップしたダイブのシーンが不満足
なので昨日は大きく拡大できないように白枠でアップ
もう一寸迫力あるシーンが撮りたい

だがダイブシーンは難しい
まずコアジサシが来なくてはいけない
そして近くでダイブしなくてはいけない
どこへダイブするか予測が付かない
無い無い尽くしのやってられない

まず時間をかけてどこら辺へ飛んでくるか観察してみる
テトラのある部分にメッコをつけて
カメラを構える

4回ダイブを試みてくれた
が2回は魚が逃げたのか飛び込む寸前でユーターン
でも2回は飛び込んだが
1回はピンが来ずアウト
残りの1回がこの連続ショット

現場では解からなかったが
見事に小魚をゲットしている
とりあえず今回はこれくらいにしといたるわ・・・
又撮りに来るから待っとれよ

[PR]

by captain_spoc | 2011-05-16 22:57 | 野鳥 | Comments(4)
2011年 05月 15日

コアジサシ

e0022047_23265934.jpg

e0022047_23271848.jpg

e0022047_2327516.jpg


コアジサシが帰ってきた
夏と言う実感がする
直ぐ目の前で飛び回ってくれる
たまにダイブして小魚を捕る

C-AFにセットして連写かます
Sモードで高速撮影
ダイブから小魚ゲットの瞬間です













スポックのありふれた日常
[PR]

by captain_spoc | 2011-05-15 23:51 | 野鳥 | Comments(2)
2011年 05月 14日

ゴマフカミキリの仲間

e0022047_23423616.jpg

e0022047_2343369.jpg

e0022047_23432538.jpg


昨日は思わぬ獲物ジャコウアゲハに遭遇
又2匹目のドジョウを狙って出かけた
何時ものマイポイントで撮影中に
何人かの人が通って行った
よく考えてみれば今日は週末の土曜日

毎日が日曜日の生活になると曜日の感覚がなくなる
仕事を持っている人はその時間の都合をつけて
趣味の時間に割くのは至極当然
今日はカミキリのゴマフカミキリの仲間をアップ

と言ってもこの虫の名前なんか私が解かるはずがない
ところが現地でお会いした方が捕虫網を持っている方
お話をお聞きすると虫を捕りに来たと・・・
小さな瓶に5mmも満たないような小さな虫をたくさん捕っていた
ほら此処にもカミキリが居ると教えてくれた
ついでに名前も教えてもらったという次第
15mmくらいの体長で夢中で撮影した

その方は子供の頃から虫が好きとのこと
最初はやはりカブトムシとかクワガタムシなどから始まったと・・
私の蝶の先生や鳥の先生など
本当に詳しく沢山の名前を知っている
同じように子供の頃から好きだったそうだ

私などはにわかナチュラリストなのでどれもこれも中~~~途半端^^;
でも写真を撮る楽しみと眺めて楽しむのは自分流
今少しずつ経験を積んで名前も覚えつつある途中
花や鳥や蝶や虫など
自然は本当に素晴らしい感動を与えてくれる
そしてこんな近くの宝塚にも豊かな自然が残っている
いつまでも残しておきたい大切なものだ

[PR]

by captain_spoc | 2011-05-14 23:59 | 昆虫 | Comments(2)