スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 30日

中央公会堂

e0022047_0122299.jpg

e0022047_0134078.jpg

e0022047_014190.jpg

中ノ島には大変古い建物がたくさんあります
ここ中ノ島中央公会堂や日銀大阪支店など
この公会堂は表はそのままに内装を改造いたしました
イルミネーションなどのイベントでよく撮影に来ました
とてもフォトジェニックな建築物です

大阪に用があったついでとは言え
こうして昼間にのんびりと散歩したのは初めてです
綺麗になった地下の洋食屋さんで
独りお茶を飲みました
アンニュイな女と言えば絵になりますが
アンニュイなおっさんはいただけません

[PR]

by captain_spoc | 2012-09-30 20:00 | 街撮り | Comments(0)
2012年 09月 29日

男の足跡

e0022047_23214779.jpg

大阪駅の時空(とき)の広場から俯瞰したショット
男が足早にコンコースを横切っていた
床のタイルに筋が薄っすらと写っていたので
モノクロにしてタイルの色を復元した

丁度男の足跡のように
それはその男の人生の足跡かもしれない


*****あまりにも早いお別れ*****

ある朝一本の電話がかかりうけたカミサンの顔色が変わった
「エッ嘘~~ そんなあ」と喋っていた
どないしたんやと聞くと
テニスの仲間が亡くなったという
聞いた私も「うそ~~~」

だってそれは元気な方でした
エレクトーンに社交ダンスにウクレレに大正琴
テニス以外でたくさんの趣味を持って
私より3歳上だったがご夫婦でよくゴルフに出かけていた

テニス同好会が解散になり近況は耳に入らなかったが
春くらいから肺がんで入退院を繰り返していたらしい
私たちの同年代の尾崎紀世彦とか地井武男とか
芸能人が亡くなって
我々ももうそんな年代なんだと話していたが
それは見ず知らずの人たち

こんなに身近に付き合っていた方が亡くなられると
やはり身につまされる
家族からもしもの時は我が家にだけは連絡するようにとの
メッセージがあったから連絡を頂いたらしい
同じグループのテニス仲間と告別式に参列したが
我々も死んだ後のことを考えんといかんなあと話した

私は連絡先や預金口座などUSBメモリーに入れてある
息子たちが開けてくれれば全て段取りできるようにはしている
後は遺影の準備もそろそろせなアカンかなあ

[PR]

by captain_spoc | 2012-09-29 23:40 | 街撮り | Comments(0)
2012年 09月 28日

夏の海・幻想

e0022047_23183079.jpg

カテゴリーに悩む作品だ
スナップと思ったが画像処理なのでレタッチに入れた
レタッチとは本来作品の画像処理の説明の為に作ったカテゴリー

高校の同級生有志と久しぶりの飲み会
会場の中華料理店の壁面に
酒造り用なのか缶が並べられた珍しいディスプレー
これは面白いと撮影しているときに頭に浮かんだ
夏の海が覗けたら面白いだろうにと・・・

これは夏の海の上にこのディスプレーを重ねた
ディスプレーはモノクロにしてぼかしを入れた
その桝目をくりぬいて下の海が覗けるように処理をした



*****カミサン元気で留守が良い*****

どっかで聞いたフレーズ^^
カミサン今朝早くから友人と旅行に出て行った
足元不如意であるが友人と一緒であれば
安心して送り出せる
長崎の五島列島へ行ったらしい

今晩を含めて3日間自炊しなければならない
通常は朝と昼は私が作っているが
夕食はカミサンに作ってもらっている
もうカミサンも失敗をしながらもちゃんと作れる

こんばんは上等のステーキ肉を用意してくれていたので
メディアム・レアに焼いて食べた
ステーキのときはカミサンが居るときでも
あんたのほうが上手やから焼いてと頼まれる

塩コショウだけの味付けでニンニクを効かせて焼き上げる
それに350mlの缶ビール・プレミアムモルツ
いつもなら野球を見ながら呑むのであるが
今夜は放送がない
あんなに弱い阪神を見る奴ア~おらんやろ

後二日あるが明日は孫の運動会
息子の家に呼ばれて晩飯も一緒に食べようとのこと
これで一回分は作らなくて良い
日曜日は腕によりをかけて
てごねミゾレハンバーグでも作るか

[PR]

by captain_spoc | 2012-09-28 23:48 | レタッチ | Comments(0)
2012年 09月 27日

動かなくても流し撮り

e0022047_2182213.jpg

e0022047_2182387.jpg

動かなくても流し撮り・・・何のこっちゃウーロン茶
おととしも撮影したカヤックの練習風景
川の流れがホールと言う落ち込むように流れる場所には
巻き返しと言う流れが逆流するところがある
ホワイトウォーターと言う場所だが
そこではカヤックは流されずにとどまることが出来る

だがバランスを失うと下流へ押し流されるが
そこを上手くコントロールして左へ右へと
パドルを操作して楽しむことが出来る
だからカヤックは動いているわけではない
背景の岩石を見てもとどまっているのが判る

しかしスローシャッターで撮影することにより
川の流れを線のように写す事が出来る
はじける水がまるで線のように飛び散り
それが動かなくても迫力を出す表現方法である
カヤックに当たって飛び散る水しぶきや
川の流れの動きを見ていただきたい

撮影データ
カメラ OLYMPUS E-5
シャッター優先 Sモード
シャッター速度 1/30sec
ISO 100
絞り F11(自動露出)
露出補正 -0.70
AF C-AF(連続フォーカス)



*****歳はとりたくないと言うお話*****

もうお彼岸から一週間になるが
墓参りにいった当日のお話
朝一番にお墓参りして帰りに買い物など済ませて
昼食を外で食べようと予定を立てた

花は彼岸なら墓地入り口で売っているだろうからと
線香、数珠、ライター、草抜き道具など一式バッグに入れて
自分のボディーバッグと二つ準備した
車を出して5km15分くらい走ったときに
お参り道具一式入れたバッグを忘れたことに気がついた

気が付くのが遅すぎて引き返すのを躊躇した
カミサンと相談の上花だけ供えて
お参りを済まそうとそのまま走った
墓地の事務所で線香などは売っているだろうが
あまりにも格好悪いのでそれはやめにした

想像通り墓地の入り口に花屋が店を出していて
お花を供えて草抜きをしてお参りを済ませて帰った
毎朝家の仏壇にはお茶とお水を供え線香を上げて
手を合わせて拝んでいる
又お墓には別の日に掃除と線香を上げようと思う

それにしても墓参りに道具一式を忘れるとは情けない話
それらはやはり玄関に忘れていた
これからはお互い物忘れがひどいから
お互いの持ち物をチェックするようにしようと話し合った

この日に限らず玄関を出て車を出すまでに
忘れ物を思い出し又玄関に戻って・・
を2~3回繰り返すことがある
カミサンから「何時になったら出かケルンや」と揶揄される
ホンマに物忘れがひどくなった

あ~あ 歳はとりたくないものだ

[PR]

by captain_spoc | 2012-09-27 22:07 | スナップ | Comments(6)
2012年 09月 26日

SIMPLE BEAUTY

e0022047_21562124.jpg

まだまだ日中は暑さが残るものの
かなり秋めいて来ました
久しぶりに大阪梅田に出かけて
チョイナチョイナの飲み会でした

私の住んでいる路線のターミナル駅阪急梅田
その阪急百貨店が今大幅改装中
来月には出来上がるらしいが
梅田は今各百貨店が生き残りを賭けた激戦区

あのマイケル・ダグラスと高倉健が主演の映画
「ブラック・レイン」のクライマックスシーンに出てくる
阪急のコンコース
ここをオートバイで疾走するシーンが目に浮かびますが
あの当時の面影を残したまま再建されている

大阪へ出かけるたんびにその変貌に驚かされる
今日はそのすでに改装が終わっているショウウィンドウ
秋のコレクションが展示されている
前を通る人は未だ夏スタイルだが
一足お先に秋の先取りを・・・・
TG-620


*****I'll Be Back*****

e0022047_22171695.jpg

シュワちゃんは映画で叫びました
私は出戻りいたしました
駅前のスポーツジムヘ再入会
目的はスイムをやりたくて

月一回の卓球とバドミントン(これで月2回)
それ以外は毎日の写真撮りにお出かけ
それだけではもう一つ二つ物足りない
それに体形が一寸大変なことに・・・

日本一高い山は富士の山
2番目は北岳(知らんかった)
これは厳然たる事実
私のボディーはどうか

本来胸の標高が腹の標高より高いはず
しかしどうもへそが乳首を追い越したようだ
日本一であるはずの山が2番目になったらエライこっちゃのハッタイ粉
そこで件のジムへ行って聞いてみると
6年前に退会されていますとのこと

そこで昨日再入会の手続きをして
今日初めてプールへ行った
ヤッパアカンわ
当時ゆっくりペースの30分かけて1,000m一息で泳いでいたのに
今日は20分で息あがった

でもこれからや
富士山は日本一やということを証明したる
時間を半年下さい
時間が有ればマシンもやってみるか(スタジオは無理)
それにジャグジーや風呂があって
入浴も出来て癒される

今日のテレビで軽度の運動は痴呆の予防になる・・・?
ホンマかいなそうかいな
物忘れはもう手遅れかも・・・・

[PR]

by captain_spoc | 2012-09-26 22:35 | 街撮り | Comments(2)
2012年 09月 25日

TG-620での水中からの撮影

e0022047_2058126.jpg

e0022047_210447.jpg

e0022047_2103029.jpg

e0022047_2105962.jpg

e0022047_2112488.jpg

今日はラフティングの同じ場所で
先日入選の賞品で手に入れた
防水カメラTG-620を使って
カメラを水没させて撮影してみた

当然撮影者の私は水の中へは入れませんので
流れの中の飛び石の突端に腹ばいになり
手を伸ばしてカメラを水の中につけて
レンズ部を水面ぎりぎりにセットして
撮影してみた

画角は広角なので
ボートを大きく写すより
水の激しい流れを写しこむよう工夫してみた
すぐ側を通るボートや保津川下りの屋形船の乗客は
「何をしとんネンこのおっさん」と言うような顔で見ていた

思ったほどには迫力ある表現が出来なかったが
ゴムボートを見上げるようなアングルは斬新かもしれない
もう一寸水の中と言う表現を工夫する必要がありそうだ


なんと同行者のブログに私の撮影スタイルが写されており
トラックバックして来ました
トラックバックをクリックして「第3の人生」へ飛んでみてください

*****東北夏祭りフォトコンテスト*****

OOLYMPUSでフォトコン第2弾祭り写真のコンテストが開かれている
先日行った福島県南相馬市の「相馬野馬追い」の写真
3点ほど応募いたしました
今回も皆様の応援投票が審査に影響するそうで
またまた2匹目のドジョウを狙って
応援投票をお願いいたします

投票にはログインが必要なので
OLYMPUSユーザーの方またはログインできる方が
投票していただければありがたいです
サイトはここをクリックしてください
私の作品は「→フォトコンテストはこちら」から入って
「応募作品一覧を見る/投票する」をクリック
表示切替で[応募日降順]をクリックすると
1ページ目に1作品、2ページ目に2作品の計3作品応募しています

最終的にはプロが審査するらしいのですけど
前回のコンテストのときは人気投票がかなり影響して
ほぼ人気投票順に入選していたようです
だから組織票を動員した形跡がありましたが
途中で調整がなされた様子でした

私は一般投票者も多数居て
私の入選した写真は投票で一番の作品ではありませんでした
読者の投票のみで決まるわけではないようです

[PR]

by captain_spoc | 2012-09-25 21:10 | スナップ | Comments(8)
2012年 09月 24日

ラフティング

e0022047_22512625.jpg

e0022047_2252843.jpg

e0022047_22522186.jpg

e0022047_22532116.jpg

未明からの雨の音に眼が覚めた
保津川にラフティングを撮影に行く予定を立てているのに
行けるんかいなと心配になった
出発の時間になると小降りになったので計画決行

現地に着くと雨も上がり午後には晴れ間も出てきた
次々と上流からラフティングのボートが下って来た
保津川一の急流の瀬「子鮎の滝」で待ち構える
まるでバウンドをしながら落ちるように一瞬沈む
次の瞬間逆に突き上げられるように飛び跳ねる

女性の乗客はキャーキャーいいながら楽しんでいる
どうも女性の客のほうが多そうだ
なぜに女性はこんな危険なスリルが好きなのだろう
ジェットコースターでもその傾向が顕著だ

スローシャッターで写真に動きを加えてみる
川の流れの激しさが表現できていれば成功なのだが・・・

[PR]

by captain_spoc | 2012-09-24 00:02 | スナップ | Comments(0)
2012年 09月 22日

TG-620でのマクロ撮影

e0022047_0103284.jpg

e0022047_094097.jpg

e0022047_0114011.jpg

秋も近づく八十八夜トントン♪
おっと違ったあれは夏も近づくだったか・・・
赤とんぼが山に街に舞うようになった
真っ赤なナツアカネだ

最近の散歩のお供はTG-620
と言ってもE-5も持ってのマイポイントでの鳥と昆虫両狙い
鳥はめぼしいものも居らずまたまた虫狙い
コンデジでのマクロ撮影は合焦距離が短い
だから被写体に限りなく近づかなければならない

TG-620のマクロモードには3通りの設定が出来る
即ち通常のマクロモード、スーパーマクロ、スーパーマクロ+ストロボ
今回はスーパーマクロモードにして被写体に5cmくらいまで近づけた
私の気を殺しての撮影に気を許したか
カメラがぶつかるくらい近づけても逃げなかった

このTG-620の使い勝手の良さには満足度大である
マクロモード以外に露出補正、WB、ISO、連写モードまで設定できる
3枚目のショットはドラマチックトーンのマジックシーンモードを使った
このマジックシーンモードには12種類のモードがあり
まあ遊びモードですが面白いのもあります

[PR]

by captain_spoc | 2012-09-22 00:05 | 昆虫 | Comments(4)
2012年 09月 20日

浮遊する多面体

e0022047_22471647.jpg

デジカメを買ったときは鳥を撮りたかった
高校の同級生が若いときから鳥に興味を持ち
猛禽類を捜し歩いて撮影していた
それは半端な探し方ではない
海外にも行き迷彩テントで何日も粘ったり
日本では鷹の渡りになると別荘に篭っての長期の撮影となる

そんな友人の影響で私も鳥に興味を持ち
ダブルズームキットを買って長いズームで鳥を撮影しだした
鳥を撮影すると昆虫にも興味が出てきた
だからネイチャー志向と思っていたが
他の人のいい作品を目の当たりにすると
そんなジャンルも撮ってみたいと言う欲望が湧いてくる

たとえば飛行機、鉄道、花、人物スナップ・・・・
その中の一つのジャンルに街撮り(自分で勝手に命名したので正しいかどうか・・・)
街の一角を切り取って表現する
今回もそんなジャンルの作品

オールラウンドと言えば聞こえはいいが何でも食いつくダボハゼだ
鳥見の仲間はホンマの鳥好きの写真とは一寸趣が違うと言われる
そりゃあそうだろう流してぶらしたり逆光で撮影したり
所謂鳥の特徴を記録したバーダーが撮った写真とは違うようだ
記録写真とアート写真の違いなのだろうか

e0022047_23252195.jpg

街撮りはネイチャーの真逆で
人工の構造物の美を捉えようとするもの
上に最近の街撮りの中から4点ほど選んでみた
こんなジャンルは好きなんですけど生憎私には才能がない
ブロ友の中には惚れ惚れするような街撮りをアップしている
でも我は我・・・わが道を行く

そこんとこがアマチュアの気楽なところ
好きなものを好きなように撮っていく
これもフォトグラファーの楽しみの一つ
今回のトップの写真はは大阪科学館の1階のフロアに
だまし絵風に掛かれたものを階上から撮影した
何となく立体的に見えないだろうか
そこんとこがおもろくて撮影いたしました
好きな作品の一つです
TG-620にて撮影

[PR]

by captain_spoc | 2012-09-20 00:05 | 街撮り | Comments(4)
2012年 09月 19日

小さい秋

e0022047_2214628.jpg

e0022047_222099.jpg

マイポイントの宝塚の西谷へ撮影に行くときに
途中の村の家の軒先にコスモスが咲いていた
キバナコスモスと同時に咲いている
今年初めてのコスモスだ
車で走行中に見つけて車を寄せて撮影した

山本駅の山手さつき台のさきにある長尾山トンネル
ここを抜けるととたんに周りの景色が変わる
市街地から山村へ来たと思われる風情
温度で-5℃は下界と違う
だから秋は半月早くやってくる

あんなに猛暑が続いていたのに
自然界は間違いなくそして忘れることなく秋に近づいている
被写体も夏モードから秋モードへとゆっくりと代わって行く
それも自然の生業である

[PR]

by captain_spoc | 2012-09-19 00:05 | | Comments(4)