<   2014年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2014年 03月 31日

山の高地にも春は来ています

e0022047_23315641.jpg



e0022047_23312904.jpg


昼食は冷凍のチャンポン
冷凍もんではこれはかなり上位へ行く美味しさ
これはカミサンも好きなようだ
チンではなくてお湯で戻すので
生麺そのもの

午後から時間がたっぷりあるので
久しぶりに宝塚方面へ
ここは私の蝶のポイントだが
最近道路拡幅工事のために
土砂を山と積み上げて
里山に埋め立てている

これでは私の好きなベニシジミが出てくるだろうか心配だ
ベニシジミの後はツバメシジミ
それはもう湧くように出てくるので
マクロ近接撮影も苦労無しに出来る
今年は一寸無理かもしれない

里山から森のほうへ深く入り込むと
まだ自然が残っていて
今日も上記写真の蝶に出会った
コラージュの上段左から
ミヤマセセリ、キチョウ、アカタテハ
下段はテングチョウにルリタテハ

滅多に人と出合うことも無い山奥で
なんと写友のhikotanと その友人にばったり
3人で奥深い山の中で蝶談義
するとここまで乗り入れたhikotanの車の屋根に
ルリタテハが留まった

蝶好きの人の車には蝶が寄ってくるのだろうか
飛び立っては何度も留まる
私には珍しくルリタテハの裏側を撮ることが出来た
地味な枯葉模様で表の瑠璃色とは対照的

夕方になると気温も低くなり
西谷の森公園へ寄って帰った


[PR]

by captain_spoc | 2014-03-31 23:56 | 昆虫 | Comments(0)
2014年 03月 30日

万博公園は桜祭りで賑わっています

e0022047_23173316.jpg
e0022047_23184137.jpg
e0022047_23190094.jpg
e0022047_23412057.jpg
写友が長年勤めた仕事を今月でリタイアすると言うことで
Line友達が集まって撮影会を兼ねて慰労会を開こうと
万博の夜桜撮影に出かけた
6時ごろにライトアップが始まって
7分咲きくらいの桜が綺麗に浮き上がって見えた

会場では桜祭りと銘打って
沢山の花見客が押し寄せるはずだったが
朝からの雨と気温が下がったので
意外と来場者は少なかった

トップは日没前の空がまだ薄明るいころ
しかし雲に覆われて太陽は見えなかった
いろいろのライトに照らされて
とても花やかに見えた

2枚目は何かのお稽古か集まりで
着物集団に遭遇して
撮影させてもらった
3枚目は最近多くなったカメラ女子
日本庭園でも長いレンズをつけた
女性3人組にも遭遇した

撮影もそこそこに切り上げて
隣のホテル阪急エキスポパークへと繰り込んだ
4枚目は和洋中バイキングの食べ放題
アルコールも入って
色々喋る喋る

90分一本勝負で時間オーバーで切り上げた
何か理由をつけて集まって飲み交わす
今回は突然の慰労会と言う理由付け
何でもええねん飲めさえすれば・・・
チーズフォンデュとローストビーフの美味しいこと

又食べ過ぎたかもしれないが
色々喋くって明日の活力を養って
ご機嫌で帰途に就いた

[PR]

by captain_spoc | 2014-03-30 23:43 | スナップ | Comments(2)
2014年 03月 29日

オオジュリンは頭の黒いホオジロか?


e0022047_23102873.jpg
川原のあし原でパキパキとはぜる音がする
じっと目を凝らすと野鳥が居る
見たことの無い鳥だ
名前は分からないが
今まで見たことが無いことだけは分かる

とりあえず記録の写真だけを撮って
帰って調べてみることにする
頭の黒いホオジロと言った風情
オオジュリン(大寿林)と言うらしい

あし原の茎をついばんで
中の虫を食べていると書いてある
大きさもホオジロくらいで
次々と群れであし原を飛び回っていた

初認の鳥は名前が分からずに苦労するが
一度見ると次からは察しが着く
次に会うことがあれば
オオジュリンと識別できるだろう

ただ左の♂は夏羽で頭が黒いが
右の♀は他の鳥と見分けが付けにくい
♂♀一緒に居てくれると助かる
・・・がそうは何時も上手くは行かないのが
同定の難しさだ

[PR]

by captain_spoc | 2014-03-29 23:24 | 野鳥 | Comments(4)
2014年 03月 28日

人生で今が一番元気かもしれない

e0022047_22284498.jpg
e0022047_22282099.jpg
尼崎市の大庄体育館で
スポンジテニスの交流会が行われた
中央体育館、大庄体育館、武庫体育館の
尼崎市内の3体育館でスポンジテニスを習っている生徒が
今期レッスンの終了を機に
大庄体育館に集まって交流会が行われた

50歳から80歳くらいのシニアのおじちゃんおばちゃんが
キャアキャア言いながらテニスに興じて
かなりの運動量になりました
特に私は上から勘定したほうが早いくらいの年齢ながら
たぶん一番大きな声を出して一番動きが素早かったように思います

今週は水曜日のバドミントン無料体験から
昨日の卓球と今日のスポンジテニス
ラケット競技近代3種競技(勝手に私が命名)
すべて踏破いたしました

小さいころから虚弱体質の私ではありましたが
最近は風邪を引くことも無く
持病の肝臓の数値も正常値に安定しており
学生やサラリーマンのころよりも
一番元気で健康な毎日を送っているよう自分で実感しております

トップの写真は屋久島の甥っ子から送ってきた「たんかん」
昨年屋久島に撮影旅行に行きましたが
現地でこのたんかんジュースを飲みました
甘くてとても美味しかったのですが
このとき初めてたんかんの名を知りました

最近は品種改良が進み
夏みかんのように皮が厚く剥きにくいのですが
中の袋は食べられるほど薄く
皮が厚い柑橘類のように酸っぱいかと思えば
温州みかんのように甘くて美味しいのです

夫婦で毎夕食後に美味しく頂きました

[PR]

by captain_spoc | 2014-03-28 22:48 | sports life | Comments(10)
2014年 03月 27日

春は色とりどり輝きます

e0022047_22210183.jpg

e0022047_22204115.jpg
e0022047_22201652.jpg
午後から体育館で卓球があったので
相手も決まってなかったが出かけてみた
何時ものメンバーが居て「空いてるか」と声をかけられた
「いえ相手が居ません」と答えると
「丁度良い一人休んでるねん」との事
じゃあとそのグループ4人で練習をした

今日のテーマは下回転の長いサーブを
突っつきでなく強く打ち返すこと
ラリー中に打てるボールは極力強打すること
を念頭に打って打って打ちまくった
まさに攻め達磨である

2時間他人の倍は動き回って汗びっしょりになった
スポーツをするとスカッと爽やか良い気分
家に帰って疲労で夕飯まで家に居ようと思ったが
やっぱり出たきり老人の血が騒ぐ
ご近所の公園にカメラを提げて小一時間
お隣の椿御殿で椿を2枚
通称カエル公園でユキヤナギを一枚

赤黄白の色のオンパレード
やはり春は花やかなカラーが似合う
気温も高くなって桜ももう直ぐ
また花見に出かけてチョイナチョイナ
撮影会か飲み会か
どっちゃでもええから楽しみだ

[PR]

by captain_spoc | 2014-03-27 22:38 | | Comments(6)
2014年 03月 26日

雨の一日は家でテーブルフォトのストロボ研究



e0022047_20402226.jpg
今朝から強い雨が一日中降り続いた
地区の体育館でバドミントンの無料体験があったので
申し込んで出かけてみた
市の職員がコーチとして来て頂いて
基本の打ち方を習った

大変面白かったので本格的にやりたいのだが
スクールの日が水曜日の卓球と重なるので
一日2種目は体力が続かず諦めた
バドミントンは初めての経験なので
慣れない所為かぐっしょり汗をかいた
かなりのハードなスポーツだ

家に帰り着いたが雨で出かけられず
家でテーブルフォトのストロボの勉強をした
テーブルフォトいうかスタジオフォトと言うか
照明を考えての撮影で
外付けのストロボをいろいろ当てて効果を見てみた

ベランダに雨にぬれたチューリップの花が一輪咲きかけていたので
これにガイドナンバーがとても大きいストロボを
角度を変えて写した
トップはほぼ真上から
2枚目は正面上から
3枚目は奥から逆光気味で下から

被写体が動かないので自由にライティングして
露出はオールマニュアルで
フォーカスもマニュアルで写した
1枚目3枚目は35mm単焦点マクロ
2枚目は常用の300mm望遠マクロ
露出はf22の300~500分の1です

結果やはり正面からの光が一番平面的で平凡
実際テーブルで撮影のときは
このストロボをメインにして
サブの補助光を入れて立体的に撮りたい

昨日から新しいバージョンの管理画面から投稿しています
慣れないので動画のマニュアルは役に立ちました

[PR]

by captain_spoc | 2014-03-26 21:06 | | Comments(2)
2014年 03月 25日

市街地公園は身近に自然に接するところ

e0022047_22102409.jpg
都市空間の中に住んでいても
 自治体は公園を作って 
憩いの場所を提供してくれる 
そこにはささやかながら緑があるので
 昆虫や野鳥が集まってくる

その小さな自然を楽しむために
写真の趣味の人間はカメラを担いで公園へ行く
今日は住んでいる同じ市内の公園へ
ここは野鳥撮影のカメラマンが数名
何時もたむろしているが
あまりお近づきになりたくない人たちだ

彼らは老後の空いた時間つぶしに
カメラを揃えて野鳥撮影しているとしか思えない
とても野鳥が好きだとは考えにくい
鳥の名前を知らない、習性を知らない
パソコンの知識が無い、被写体を物としか考えない
マナーが悪いの無い無い尽くし

このカワセミの撮影の後
そばの河川敷に行くと
川の中州の藪の向こうを
雉が走っていくのを目撃
ダチョウのように足を右左交互に出して
小走りに走るのを見て感動した

しかし雉がこんなに真剣に走るのはあまり見たことが無い
何回も雉は見ているが何時も悠然と
しかし警戒しながら餌をついばんでいる
あわててカメラを構えようとしたら
とんでもない光景が目に入った

三脚に長いレンズをつけたカメラを肩に担いだおっさんが
その中州の中をダチョウ走りで雉を追っかけて走っていた
うっそーありえへん
仲間のおっさんたちがそっちの藪へ入ったで~
とか叫んでいた

追いかけて撮影できるわけないやろ
そんなに驚かせたらストレスかけるやないか
こんな光景見たら哀しくなるわ
珍しい鳥が来ると餌を撒き散らして長く居付かす
カワセミも撒き餌をして撮影する
もうやりたい放題

公園での野鳥撮影はカメラマンの居ないときに
撮影するようにして
複数のカメラマンが居たら避けるようにしています
情け無いです

[PR]

by captain_spoc | 2014-03-25 23:12 | 野鳥
2014年 03月 24日

花鳥風月春を満喫(最終編)

e0022047_2122924.jpg

e0022047_2132052.jpg
e0022047_2125575.jpg

花鳥風月の鳥
日本庭園にはたくさんの野鳥が飛び交っている
うららかな春の日を浴びながら
のんびり過ごすとまさに天国

今日はお祭りイベントがここ万博公園で行われている
家族連れはお祭りの開かれているお祭り広場に集まる
ここ日本庭園は静かな空気が流れている
ベンチに腰掛けていると野鳥が側へ寄ってくる

野鳥撮影で野鳥を追いかければ野鳥は逃げる
じっと待っていると野鳥が寄ってくる
猫や犬好きには猫や犬たちがすり寄ると言う
私を野鳥好きと彼らは分かるのだろうか
人馴れした公園の野鳥とはいえ異様に近くまで来る
シジュウカラやヤマガラが通り過ぎていく

カワセミも池の水面近くをあっちこっちと忙しい
このカワセミも私の前の岩に止まってくれた
ヤマガラは咥えた餌を私に見せびらかすよう
そして不思議そうに私を眺める
ばっちり目と目が合った

心と心が通じ合ったような嬉しさがある
美しい花を愛でて
野鳥と会話ができた楽しい一日でした

[PR]

by captain_spoc | 2014-03-24 21:28 | 野鳥 | Comments(10)
2014年 03月 23日

花鳥風月春を満喫(その2)

e0022047_21464010.jpg

e0022047_2147175.jpg

今年もひっそりと咲いていました
去年万博日本庭園で見つけたカタクリの花
誰かは知らないが踏みつけられないように
周りに小枝を刺して注意喚起していました
今年3株に増えていましたが
すでに一輪花がちぎれて散っていました

私が腹這いのように低い姿勢で撮影していたら
後から来たご夫婦が「おっカタクリや」と
シャメを取り出して一緒に写し出しました
「なんか得した気分や」と納得で奥へいかれました

直ぐ目の前にはキブシという藤の花のような風情
背景に紅梅白梅をぼかしで入れました
加えてガウスのぼかしのレイヤーを重ねて
ソフトフォーカスに加工いたしました
露出補正は+にして
白っぽくハイキーに仕上げました

花を写すときはハイキーのほうが綺麗に見えるようです
それにしてもなんかセンス無いなあ
自分でもいやんなります
逃げも隠れもしない被写体にじっくり取り組む写真は
センスが必要ですがそれが皆無であります

確かに撮影を始めたころに比べると
それなりの経験をつみましたが
花は難しいとつくづく思います
 
[PR]

by captain_spoc | 2014-03-23 22:13 | | Comments(8)
2014年 03月 22日

花鳥風月春を満喫(その1)

クリスマスローズ
e0022047_23214457.jpg


サンシュユ
e0022047_23222957.jpg


落花狼藉
e0022047_2323391.jpg


暑さ寒さも彼岸まで
と昔から言われるが
彼岸を過ぎても肌寒い日が続いています
しかし陽射しの色は春の色
誘われるように春を探しに出かけました

手軽に行けると言うことで
万博記念公園の日本庭園にのんびり時間を費やしてきました
鳥は鳴き花は咲く・・まさに春爛漫
日本庭園の中と言う定点観測で
鳥や花を見つけましたのでシリーズで・・・

今日はローキーシリーズとでも言いますか
逆光の背景黒落としの場面ばかりです
トップのクリスマスローズの色に
撮影しながら心が震えました
なんという心に浸み込む色なのか
こんな感動は若いころには感じられない気持ちです

2枚目はサンシュユ
背景の玉ボケは前方の木の葉に光が当たり
玉ボケになりました
3枚目は時期を過ぎた椿が落ちているところ
これも逆光で狙いました

この手の写真で肝心なのは
花を写すのですが背景を選ぶと言うことです
いくら綺麗な花でも背景が良くないと
良い写真にはなりません
花を写すためには背景も写りますので
花と同じくらい背景も重要です

これらの写真は花に逆光で光が当たり
背景に影になっている場所を選びます
すると花より背景が暗いとマイナス補正で写すと
背景が黒く落ちてすっきりした背景になります

マクロか望遠を使用すると
背景はぼけ易く玉ボケが期待できます
花を選ぶときは花の美しさと
背景の明るさなどを考えて撮影してください

[PR]

by captain_spoc | 2014-03-22 23:40 | | Comments(2)