<   2014年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2014年 11月 30日

今シーズン初イルミは大阪駅時空の広場

e0022047_22360912.jpg

今日は写真仲間との忘年会
大阪名物かに道楽でカニ尽くし
あの大きなカニの作り物の足が動くやつ
ところがもう忘年会シーズン
満席で5時からしか空いて無いと・・・

7時には追い出されて
即席撮影会で大阪駅へ
時空(とき)の広場のイルミネーション撮影
今シーズン初イルミとなりました

此処は例年高い天井からの吊り下げ幕と
低い床の上のスノーマン
床に寝っ転がって撮影したが
ちょっと寂しい
そこでこの天井と床の合成イルミです

写真も生もの鮮度が大事
3時間ほど前のショットです


[PR]

by captain_spoc | 2014-11-30 22:45 | スナップ | Comments(2)
2014年 11月 29日

11月28日と言うこの日の出来事

e0022047_21494765.jpg



2014年11月28日は一生のうちに一度しかない日
この日は朝一番で医療生協病院で
胃カメラの予約があるので
朝食抜きで9時に家を出る
自覚症状があるわけでなく予防の意味での検査だ

この内視鏡は何度経験しても慣れるということが無い
ゲーゲーえづきながらも無事終わる
直ぐに担当のドクターに画像を見せられながら
結果を聞いたが特に何も無しとのこと
しいて言えば色の黒い部分があり胃炎が酷いとのこと
(コラージュ左上)

1時間ちょっと時間が出来たので
行きたいと思っていた散髪に回った
此処はウィークデイ価格で安いが
土日は高くなるので
今日を逃せば来週の月曜以降になる
車を飛ばして散髪を素早く済ます

後は1時からのテニスに間に合うように
家へ帰ればいいのだが
今日はカミサンが友達と音楽会に行くと言って
昼前から出かけているはず
ならばかみさんの昼食の世話は要らないので
私の好きなラーメンを昼に食べた
カミサンはラーメンが嫌いなので
一緒に出かけたときは絶対に食べられないもの

博多には以前転勤で住んでいたので
懐かしい博多ラーメンを食べた
(コラージュ右上)
トンコツ出汁の細めんで
現地では紅しょうがは入れ放題だが
関西では申し出ないと持ってこない
ライスもつけてふりかけは放題
澱粉質ばかりだが
絶食の後は消化のいいものを勧められた

1時から体育館のスポンジテニスが2時半まで
今日はさらに2時半から4時まで卓球もした
今日はこの後も予定があるのだ

学生時代の友人と日野皓正のライブを聞きに行くことになっている
6時に大阪で待ち合わせて
グランドビルの32Fのイタリアンで夕食
夜景が綺麗で此処はお勧めスポット
(コラージュ左下)
小一時間で引き上げる
なんとも慌ただしい

7時からのライブは圧巻の迫力
1部2部息をもつかせぬ演奏
しかし彼も年齢を重ね
なんと私と同じ歳らしい
元気で若々しい
若いときの勢いのある演奏から今では
スムーズジャズのようなクールな演奏もこなす
(コラージュ右下)

当日同じテーブルに母親と息子と思しき二人と同席だったが
Never Forget 311の演奏のときに
突然日野さんが「大地来い」と叫んだ
すると席の向かいの息子さんがペットを抱えて壇上へ
そして堂々のセンションを始めた

お母さんに聞くと息子さんは大阪音大の
jazz トランペット奏者の勉強中で
教授がこの日野皓正だそうだ
昔のプレーヤーはボーヤと言って
有名プレーヤーの楽器持ちから始めて修行するのだが
今は大学でjazzを教えてくれるらしい
音大ってクラッシックばかりと思っていた

演奏を終えて席に戻ってきた彼に
賛辞を送ったのは勿論だが
在学中の彼はきっと将来はjazzのペットのプロになるのだろう
facebookをやっていると言うのでお友達になってもらった
将来のプロのファン第1号になりました

そんなこんなで帰りは12時深夜になりました
慌ただしく中身のメッチャ濃い一日でしたが
無事につつがなく終わりましたこと
まことに幸せでございました

話はころっと変わりますが
今年も例年通り年忘れの写真展があります

e0022047_22393302.jpg

私も一点出展していますので
お時間があれば見に来てください
私は初日の9日終日と13日午後と最終日14日の午前中に
在廊しています

尚最終日の14日は展示は午前中で12時までで展示は終わります
その後12時過ぎから私のミニライブがあります
懐かしのオールディーズ・ジャパニーズ・ポップ
と称して昭和40年代くらいの
ヒットポップスを皆様と一緒に歌いたいと思っています
お時間が許せば是非見て聞いて帰ってください
楽しいですよ

その後1時からは出展者中心にによる打ち上げが始まりますが
こちらもどなたでも参加できますので
飲みもん、食べもん自分で持込みで
参加可能です



[PR]

by captain_spoc | 2014-11-29 22:52 | 日常 | Comments(6)
2014年 11月 27日

光の回りを気長に待つ(浄瑠璃寺その4)

e0022047_20512008.jpg

e0022047_20553467.jpg

e0022047_20555855.jpg

今までの紅葉のショットは
クローズアップばかりでした
別にもみじの名所の浄瑠璃寺まで出かける必要無いんちゃうん?
そんな声が聞こえそうなので
一応浄瑠璃寺のショットも撮っています

皆さんは近所の石仏を撮影にまだ奥までハイキングに出かけました
私はその間ずっと此処で粘って
太陽が回るのを待っていました
池の中に浮島があるので
そこがスポットライトが当るように期待していました
ものの10分間ほどトップの写真のように
斜光で木の間から差す光が
紅葉を浮き立たせてくれました

これが背景が暗いところで撮影する
露出補正マイナスの写真です
(データ露出補正-1)

2枚目はスマホで撮影いたしました
この3枚に共通するのは
露出補正がマイナスであるということ
影の部分が黒く落ちて画面を締めます

と言うより昼の太陽が
木々の葉の表面で反射して反射光がカメラに入り
写る写真が白っぽくペラペラに写るのです
松やもみじの本当の色が薄くなっています
これには露出補正をマイナスにするしかありません
(PLフィルターも方法です)

参考にトップの露出補正は-1
3枚目は-0.7
2枚目はスマホで写しましたので
プログラムオートになっています
だから画像処理で補正をマイナスにして
紅葉の色を深く表現しました

クローズアップのもみじのショットも
このお寺のようにもみじの名所と言われるところで
沢山もみじがあるところでないと望みのショットは撮れません
これだけ沢山もみじがあってもポイントは限られます
結局浄瑠璃寺その1のショットを撮ったところ
お寺に入って直ぐ最初に見つけたポイントで
長時間粘って撮影いたしました

もみじの形が赤子の手のように綺麗であること
被写体とボケの位置関係が適当であること
光の当たり具合色の綺麗さ
水の反射などの条件を考えると
沢山もみじがあるところでも
限られてきます

今回で浄瑠璃寺のアップは最終です




[PR]

by captain_spoc | 2014-11-27 21:24 | | Comments(4)
2014年 11月 26日

やっぱりホワ~ンとした方がええ(浄瑠璃寺その3)

e0022047_23101849.jpg

e0022047_23103299.jpg


e0022047_23104653.jpg


e0022047_23105996.jpg

e0022047_23111716.jpg


昨日は被写体が日陰で背景に日が当っている
そんな逆光の条件でもみじを狙うと
普通に写せばシルエットになりますが
そこを露出補正で+にすれば
背景は露出オーバーでパステル調の色になる
そんなテストをアップいたしました

本日は被写体に日が当っていて
背景に木陰の暗いところを選ぶと
背景が黒く落ちて背景処理がうまくいく
3枚目はそんな風に狙いましたが
(露出補正-07)
あまりにもリアルすぎて表現が硬い
そこでホワ~ンとしたガウスをかけてみた

花や紅葉ははっきりくっきりよりも
柔らかい表現が似合う
パステル調然りガウス然り
そこで背景が黒いものも
すべてガウスのガーゼで包んでみました

5枚目は玉ボケ狙いのショット
水面や木陰の隙間などが
望遠で玉ボケになる
これももみじを撮るときには
狙ってみるのも良いだろう








[PR]

by captain_spoc | 2014-11-26 23:23 | | Comments(2)
2014年 11月 25日

背景が明るい乙女チックトーン(浄瑠璃寺その2)

e0022047_23034328.jpg

e0022047_23052671.jpg

e0022047_23063835.jpg


今回の撮影会には
E-5には70-300mmを装着
E-M1には12-40mmを装着
で準備していたのに
現地に行ってE-M1の電池を忘れてきたことに気がついた
前の日準備のために充電して
そのまま充電器の中で留守番してもらったのです
E-M1は結局使いませんでした
折角張り切って実戦で使おうとしていたのに
なんちゅうコッチャ抹茶に紅茶

終日望遠ズームで撮影しました
それで逆に色々なテストが出来ました
今日は背景に明るい場所を選んだら
所謂私が命名した乙女チックトーンになるはず
淡いパステル調を狙いました

後日背景が暗いところもアップしますが
被写体の明るさに露出をあわすと
背景は露出オーバーで淡いパステルカラーになります
望遠のボケとあいまって背景のカラーが
柔らかい雰囲気を醸し出してくれます

参考のために
上から露出補正は
+0.7
+1.0
+0.7
で撮影いたしました










[PR]

by captain_spoc | 2014-11-25 23:20 | | Comments(2)
2014年 11月 24日

紅葉真っ盛りの京都浄瑠璃寺に撮影会(浄瑠璃寺その1)

e0022047_22061995.jpg

e0022047_22063499.jpg

ブログ仲間の撮影会で
今回は京都府の浄瑠璃寺に行きました
近鉄奈良駅に10時に集合して
木津川の浄瑠璃時までバスで行きました

16人の団体でバスに乗ること20分
浄瑠璃寺にはもう既に沢山の拝観者
もみじは綺麗に色づいており
心行くまで撮影に没頭いたしました

撮影に夢中になっていると
つい息をするのを忘れていて
かなり疲れました

今回は時間的余裕がありましたので
色々な撮影スタイルで撮影いたしました
今回は前ボケ編
手前のもみじの隙間から
遠方の紅葉を写しました

トップは被写体の紅葉が陽に当っている場合
2枚目は陽に当っていない場合の違いについて
検証いたしました
この場合なるべく長いレンズで
絞り開放で撮影いたします

手前のカメラ前にある紅葉の穴を見つけて
そこから遠方の被写体の紅葉を写すと
こんなスタイルになります
その他紅葉を撮影するための
色々なシーンをご紹介いたします



[PR]

by captain_spoc | 2014-11-24 22:21 | | Comments(2)
2014年 11月 23日

街中でも紅葉が進んでいます

e0022047_23574889.jpg

e0022047_23580413.jpg

e0022047_23584945.jpg

住宅街の街路樹に植えられたモミジバフウ
外来種だけあって強烈な赤だ
夕方の色温度の低い
赤い夕日に燃えるように照らされている

夕方に時間が空いたので
急遽撮影に出向いた
日没までの短い時間だったが
急いで写した
沢山の人がシャメで写していた

地元の写友を引っ張り出して
日没までの30分ほどで撮影完了
お互いにブログネタがでけた




[PR]

by captain_spoc | 2014-11-23 00:10 | スナップ | Comments(4)
2014年 11月 21日

過去の名場面を振り返ると・・・(7)

e0022047_21562031.jpg

天空の城竹田城です
ここの雲海を撮るための攻防は
語っておかなければならないでしょう
ご覧のようにこの絶景の中
誰一人として人間は写っていません

データを見ても3年前のことです
カメラマンも数人くらいのものでした
まだ知れ渡る前から何回も撮影に来ました
それから全国的に人気が出て
現地も押すな押すなの大盛況

挙句の果てにこの天守閣の城壁から人間が転落したり
あまりの観光客の重さに耐えかねて
石垣が崩落しそうになったりと
ニュースにたびたび登場して
結局この城壁に転落防止の
ロープを張ったそうです

それ以来撮影に行っていません
時期的には丁度寒くなりかけの今頃が
雲海の発生のチャンスが多いそうです
雲海こそ天候に左右されるもので
何時発生するかわかりません

今では有名になってバスの観光ツアーがありますが
当然昼ごろついても雲海は見ることが出来ません
どうも日本人はこの集団心理に動かされて
評判がよければ我も我もと出かけてみる

遠景から望遠で狙ってみても
城址に蟻んこのように点々と観光客が写る
ポツリポツリとなら許せるが
もう興味は失せた
熱が冷めた頃に又たずねてみようかな・・・

[PR]

by captain_spoc | 2014-11-21 22:25 | スナップ | Comments(4)
2014年 11月 18日

過去の名場面を振り返ると・・・(6)

e0022047_22473554.jpg


北海道の美瑛です
2006年の弾丸撮影旅行でした
レンタカーで走り回りました
前の日が小樽運河の夕景を撮影いたしました
幸運にも綺麗な夕焼けを写すことが出来ました

ところが翌日は曇り空
やはり青空が欲しかった
白い空では全く駄目
天候相手ではどうにもならない
まあ記録写真としかならない

運がなかったとしか言いようがない



[PR]

by captain_spoc | 2014-11-18 22:54 | スナップ | Comments(4)
2014年 11月 17日

桜は春と秋2度楽しませてくれる

e0022047_22544270.jpg

桜の紅葉です
春は満開の桜並木でした
秋は紅葉と赤い落ち葉で綺麗です
春と秋の2度楽しませてくれる
桜は日本人の心です



[PR]

by captain_spoc | 2014-11-17 22:57 | スナップ | Comments(4)