スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 26日

野間の大ケヤキ

e0022047_23133917.jpg

e0022047_2314315.jpg

又時は巡りアオバズクの季節になった
国の天然記念物指定の野間の大ケヤキに
アオバズクが毎年やって来る

思えば去年もこのアオバズクを撮りに来た
雨が降り最悪の天気の中で
うっそうとした木陰にたたずむ
アオバズクを撮影したが
撮れた写真はどれも眠たくて
わが身の腕の拙さをなげいたものだった

しかし今年はクリアなレンズで
手ブレ防止機能つきの本体で
天候も晴れの木陰で
一寸はましな写真が撮れた

それでも暗い、遠い、周りの枝が邪魔をして
撮影ポイントはまさしくピンポイントの一箇所だけだった
上横は葉が邪魔をして
下は前に枝があり
まさに針の穴から覗くような
場所にたたずんでいた
一寸カメラがずれると前の障害物が
邪魔をする状況だった

無事撮影に成功し次は雛が巣立ち
親子のスリーショットが楽しみだ

[PR]

# by captain_spoc | 2008-05-26 23:25 | 野鳥 | Comments(10)
2008年 05月 20日

キアシシギ

e0022047_22314689.jpg

e0022047_2232654.jpg

このシギも渡りの途中の鳥です
北半球と南半球を毎年往復しています
その渡りの途中に日本に立ち寄ります
脚が黄色なのでキアシシギ

*********
今ユラ~ユラ~にはまっています
毎日ラジオから流れてくるこの歌
タイトルも歌手もわかりません
作業をしながら聞き流しているので何時も聞き忘れます

ジャマイカと沖縄が融合したような
ゆったりとしたレゲエのリズムで
メロディーラインは沖縄民謡のような
歌詞はユラ~ユラ~の繰り返し
何か気持ちがホッコリするような
(ホッコリ・・・大阪弁でゆったり、のんびりという意)

朝から頭の中をユラ~ユラ~が
繰り返し繰り返し流れてきます

ネットで検索結果
多和田えみ
「ゆらゆら」♪

絶対え~よ

[PR]

# by captain_spoc | 2008-05-20 22:42 | 野鳥 | Comments(2)
2008年 05月 18日

チュウシャクシギ

e0022047_22151032.jpg

e0022047_22152896.jpg

e0022047_22162655.jpg

北半球、南半球と地球規模で渡りをする旅鳥だ
南の国から北の国へ渡る途中に
4~5月ごろ日本に立ち寄り
北の国から南の国へ渡る途中の
8~10月に又立ち寄る

期間が短い上に干潟、河口、水田など
あまり眼に触れる機会が少ないために
なかなか識別も難しい

一枚目の写真がデジスコでは難しいとされる
飛翔の写真です
デジタル一眼レフでも失敗が多いです
デジスコでは高倍率なので
フレームに入れるだけでも難しいのに
その上にピント合せ作業をしなければならないので
大変だと思います

[PR]

# by captain_spoc | 2008-05-18 22:33 | 野鳥 | Comments(2)
2008年 05月 18日

コチドリ

e0022047_12443726.jpg

鳥の撮影には望遠レンズを装着した
デジタル一眼レフか
望遠鏡(スコープ)にコンパクトデジカメをセットした
デジスコが一般的だろう

それぞれ一長一短がありどちらが良いとはいえないが
大まかに特徴を列記してみると
デジイチは機動性があり
デジスコは超望遠の威力がある

ということはデジイチはチョコマカ動く小さな鳥や
飛びものと称する飛翔の写真には威力を発揮
デジスコは遠距離の鳥や
精細なピントの作品に適する

しかし最近はお互いの欠点を克服するも作品も散見する
即ちデジイチでクローズアップに挑戦する
方法はなるべく被写体に肉薄する
または最近の高機能の画素数を利用して
トリミングで大きく表現する

デジスコでは大型の鳥(カモ、白鳥類)の
飛翔に挑戦している
こちらにコメントを投稿してくれる
feigaoさんのサイトは驚くほどの精細さで
なおかつ白鳥の飛翔の写真もアップしている

私はデジイチカメラですが
今回の写真は近くで撮影できたので
デジスコ並の精細さで撮影できた
これは車に乗ってまま静かに接近して
撮影した

鳥は人間の形状には警戒心を抱くよう
DNAに刷り込まれているようだ
車の中からだと2~3mくらいは近寄れる
コチドリの黄色のアイリングが良く判る

[PR]

# by captain_spoc | 2008-05-18 13:21 | 野鳥 | Comments(9)