スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 07日

干潟・湿地を守る日

トウネン
e0022047_2351342.jpg

e0022047_23515017.jpg

e0022047_23522138.jpg

メダイチドリ
e0022047_23543122.jpg

e0022047_23545086.jpg

ハマシギ
e0022047_23554713.jpg

キョウジョシギ
e0022047_021748.jpg

5月3日矢倉海岸定例探鳥会が有った
この日は又干潟・湿地を守る日でもあった
これは諫早湾干拓堤防が締め切られた日です
その日を忘れることなく
ラムサール条約遵守を推し進める日です

干潟は人間にとって役に立たないとばかりに
埋め立てて農地や工場用地にしてきた
しかし干潟こそ沢山の生物が生息し
野鳥もその生物を餌として集まってくる

干潟や湿地は自然にとって
大切な素晴らしい土地なんです
この地球は人間だけの物ではありません

そんなことで今回の探鳥会は
干潟のシギチ探鳥を主に行われた
初認の鳥を一挙公開いたします・・笑

[PR]

# by captain_spoc | 2008-05-07 23:59 | 野鳥 | Comments(2)
2008年 05月 06日

初認の鳥

イカル
e0022047_17114079.jpg

カシラダカ
e0022047_17121963.jpg

久し振りにカワセミ
e0022047_17131577.jpg

識別には色々失敗談がある
ウミウをアップしたとき鳥見の先生から確認があった
本当にウミウですか?
私は海に鵜がいたので単純にウミウと識別した
カワウは淡水にウミウは海に居る物と思っていた

カシラダカも頭に冠羽らしきものが立っていたので
カシラダカと識別して初認と喜んでいた
後で先生からホオジロの毛が立っているだけだと
指摘された

その都度識別のコツを詳しく教えていただいた
嘴、羽の模様、脚の色その他いろいろな角度から
絞り込んでいく過程を勉強した

最近では一つの特徴だけでは間違う恐れがあることを
身を持って経験した
今回のカシラダカは幸いにもオスの夏羽なので
容易にに識別できた
今回は間違いないだろう

初めて遭遇した鳥は識別経験がないだけに
本当に難しい

[PR]

# by captain_spoc | 2008-05-06 17:28 | 野鳥 | Comments(2)
2008年 05月 05日

マクロ探検隊(その10)

ヤマトシジミ
e0022047_23511210.jpg

このシジミ蝶も
親指の爪くらいの大きさの羽の蝶です

[PR]

# by captain_spoc | 2008-05-05 23:52 | 昆虫 | Comments(4)
2008年 05月 04日

マクロ探検隊(その9)

e0022047_23185117.jpg

このマクロ写真はある部分で
不満足な作品となりました
マクロ写真は被写界深度(ピントの合う範囲)が
とても狭いです

見ていただければ判りますが
小さなハエの右羽根にピントが合っていますが
左羽にはピントが合っていません
その間の誤差5mmくらいです

鉄則としては昆虫の場合頭にピントを合わせます
これが出来ていなければボツです
それに出来れば身体もピントを合わせたいです
昨日のトンボは頭から胴体まで
ピンが合っています

これは一つに撮影角度によります
この写真のハエの頭にピンはきています
だから失敗ではないのですが
写す角度を考えれば
身体の手前の羽にピンを持ってくることが出来ました
出来れば手前の羽にピンを持ってきたかったです

マクロの昆虫写真は相手が動きますので三脚は使えません
マニュアルのフォーカスで自分の身体の前後の移動で
フォーカスを合わせます
息をするその私の小さな動きでピンがずれてしまいます
身体と手前の羽にピンを持って来れなかった
その点が不満足なんです

人間にとってハエはあまり興味のある生き物ではありません
どちらかと言えば嫌われ者です
でもそれは人間が勝手に感じることで
ハエに責任はありません

何回かハエを撮影しましたが
ハエは眼がとても綺麗です
これからもハエは撮影対象として
面白い存在だと思います

[PR]

# by captain_spoc | 2008-05-04 23:30 | 昆虫 | Comments(2)