人気ブログランキング |

スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 10日

放射能は見えないだけに怖い

放射能は見えないだけに怖い_e0022047_23441214.jpg
7月に定期健診を受けました
その結果が出ました
健康そのものです

丁度今日は長崎の原爆の日
あれから69年経ったのだ
私もその日長崎で原子爆弾を被爆したヒバクシャ
3歳の誕生日が来た直ぐあとでした
爆心地から3.2kmの長崎市八幡町

家の中に居たので直接の熱線と爆風は避けられた
しかし死の灰や黒い雨にさらされながら
今まで生き延びてまいりました

今福島の原発事故では
20km圏内は避難といっていますが
私は3.2kmの距離にいたというのに
奇跡的に良く生き延びてこられたとありがたく思います

ヒバクシャには国から1回の健診が無料で受けられます
特に各部位の癌の早期発見に注意してくれます
胃や腸の内視鏡検査も無料で受けられます
発症率が一般の人より高いのは事実です
幸いなことに何処にもそんな兆候は今のところまだありません

ただ担当のドクターから
検査結果右側の赤い部分にある
白血球と血小板の数値が低いと言われました
病的ではありませんがこれから先
変化を見ていき注意しましょうと言われた

もう被爆して70年もなるのに
そんな心配がついて回る
放射能は長年人体を痛めつけ
子孫まで影響を及ぼす

丁度長崎の市長が表明した非人道的核兵器廃絶に
同じようにヒバクシャも声を上げています
これは政党やイデオロギーは関係ありません
是非核兵器のない世界を実現したいものですが
ヒバクシャがこの世から絶えてしまうまでには
実現不可能な様相です

ヒバクシャの平均年齢が
79歳と聞きました
もう20年もすれば日本からヒバクシャは
居なくなるでしょう
もう残された時間がありません





by captain_spoc | 2014-08-10 00:16 | 日常


<< 雨の量が半端無い台風でした      雑誌のコンテストに入選しても僅... >>